計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

光電融合

読み方:

こうでんゆうごう

カテゴリー:

#半導体測定器 #ネットワークアナライザ #光測定器

(photoelectric fusion)
光回路と電気回路を融合させた技術や、光と電気が融合した複合デバイスの総称。
電気でなく光で処理を行う光半導体(光集積回路)の実用化を進めているNTTは、2019年に次世代ネットワーク構想、オール・フォトニクス・ネットワークのIOWN(アイオン)を発表した。NTT研究所の光電融合部門は2023年8月にNTTエレクトロニクスと統合され、NTTとは別会社のNTTイノベーティブデバイス株式会社となった。「研究所で基礎技術を培ってきた光電融合を事業として実用化するため」と発表されている。

IOWNグローバルフォーラムには世界中の先端企業が参画している。インテルなど欧米の半導体メーカは、シリコンフォトニクスといって光半導体の開発に注力している。光を使うことで、電気を使う部位が減ると省エネ、小型化が実現する。光半導体のような半導体チップだけでなく、プリント基板に光を通す技術開発も必要になるので、大手半導体メーカを筆頭に研究開発が進んでいる。シリコン光導波路の開発には材料の研究開発も必要で、日本の優秀な材料メーカには期待が寄せられている。すでにインテルに材料を納品する企業はあるが、国産メーカが採用されているかは不明である。

キーサイト・テクノロジーは、光部品の評価に注力して光測定器をラインアップしてきた。光電融合の関連製品としては、光ファイバ調芯ステージ(計測器の測定用の治具)を含めた、光測定ソリューションを提案している。シリコンフォトニクスによる光導波路偏波依存性損失(PDL:polarization dependent loss)などを偏波アナライザなどを組み合わせて評価するシステムをラインアップしている(以下の参考記事が詳しい)。

参考用語
参考記事
計測器情報
ブローシャを見て500ポイントゲット