計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

9

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

カウンタ(かうんた)

周波数を電気信号に変換し、さらに測定値をデジタル表示する機器。ユニバーサルカウンタ・周波数カウンタ・マイクロ波周波数カウンタなどがある。

ジッタ測定器(じったそくていき)

ジッタ(パルス信号の時間方向のゆらぎ)を測定する機器。CD・DVDなどオーディオ・映像機器の評価に使うジッタメータが代表例。アイパターン測定はジッタ測定ともいえる。伝送品質の評価をするエラーレート測定もジッタ測定の1種といえる。オシロスコープ(ジッタ解析ソフトが必要)やタイムインターバルアナライザは広義にはジッタ測定器である。ジッタメータとタイムインターバルアナライザは同じ要素技術を元にしている(菊水電子工業にはタイムインターバルジッタメータ、という品名のモデルがあった)。このようにジッタ測定器の意味は広い。

ジッタメータ(じっためーた)

レコードプレーヤの回転ムラを検査するためのワウフラッタメータが原点で、その後、テープレコーダや光ディスクドライブの生産で時間の揺らぎ(ジッタ)を測る専用測定器(検査機器)となった。現在ではほかの方法で検査されるためジッタメータはあまり使われなくなってきている。横河電機(現横河計測)には光ディスクドライブ用ジッタメータのTA120Fというモデルがあった。計測器の分類としては、時間測定器の内のエレクトリック・カウンタ(略してカウンタ)の1種だが、用途は上記のようにオーディオ・映像機器である。ジッタメータはジッタ測定器の1種ともいえるが、「ジッタ測定器」というとより意味が広くなり、カテゴリー「カウンタ」の範疇には収まらない。たとえば「アイパターン測定の機能があるオシロスコープ」はジッタ測定器といえる。

周波数カウンタ(しゅうはすうかうんた)

(frequency counter)周波数を電気信号に変換し、さらに測定値をデジタル表示する機器。計測器の分類としては、時間測定器の内のエレクトリック・カウンタ(略してカウンタ)の1種。Hewlett Packard(HP、ヒューレット・パッカード、現キーサイト・テクノロジー)が1952年に最初の周波数カウンタHP 524A(10MHz)を発売してから、多くの周波数カウンタが作られるようになった。日本ではタケダ理研工業(現アドバンテスト)が1957年に国産初のTR-124Bを発売している。現在は国産では岩崎通信機がラインアップがある。横河電機やアドバンテストは生産中止になり、現存(後継)会社の横河計測やエー・ディー・シーはカウンタをつくっていない。周波数・時間の正確な測定器であるが、近年は需要が低く撤退したメーカが多い。参考記事:「ユニバーサルカウンタの基礎と概要」

周波数測定器(しゅうはすうそくていき)

周波数を測定する機器の総称。オシロスコープやカウンタなどがある。

タイムインターバルアナライザ(たいむいんたーぱるあならいざ)

(time interval analyzer)周波数の時間的な変化を観測する機器。ディスプレイには横軸:時間、縦軸:周波数の波形が表示され、信号源のジッタ観測や、PLL(Phase Locked Loop)の応答時間の観測などに使用される。計測器の分類としては、時間測定器の内のエレクトリック・カウンタ(略してカウンタ)の1種。連続する波形の時間情報の測定と記録を行い、統計処理をした結果やトレンドを本体画面に表示することができるため、通信、レーダ、光ディスク、レーザプリンタの開発に使われていたが、現在では高性能なユニバーサルカウンタの一部の機能となっている。1990年代から2000年代にDVDが進化した時代に、カウンタをラインアップしていた横河電機はタイムインターバルアナライザTAシリーズ(TA220、TA520、TA720など)を販売していた。菊水電子工業にはDVDに加えCDジッタ 測定もできるタイムインターバルジッタメータKJM6765Sがあった。

標準器(ひょうじゅんき)

計測器で標準器というと、標準抵抗器と呼ばれる基準抵抗となる測定器や、周波数標準器などがある。電圧・電流・電力の標準器としては、フルークに6100A電力標準器や732B直流電圧標準器という、品名に「標準器」がある機種があったが、現在は電圧電流発生器(いわゆるSMU)が主流である。エヌエフ回路設計ブロックのRX4763三相標準電圧発生器はメータやトランスデューサなどの校正・点検用途に使われる、特定用途向けの標準器といえる。計測器の校正に使う精度の高い計測器を「標準器」や「校正用標準器」と呼んでいるので、品名に「標準」が無い場合もある。たとえば「8.5桁高精度/高確度デジタルマルチメータ」は校正用途では標準器として使用される。通常のデジタルマルチメータ(DMM)は4~6桁なので、8桁表示できる精度の良い製品を標準器(校正用の標準器)として使用する。

マイクロ波周波数カウンタ(まいくろはしゅうはすうかうんた)

(microwave frequency counter)マイクロ波帯の周波数(数十MHz~数十GHz程度)を測定するカウンタ。無線通信分野で使用される。計測器の分類としては、時間測定器の内のエレクトリック・カウンタ(略してカウンタ)の1種。RFの帯域に特化した製品として「マイクロ波周波数カウンタ」という1ジャンルの品名があり、アンリツ、キーサイト・テクノロジーなどがラインアップしている。最近のユニバーサルカウンタには高い周波数まで測定できる入力があり、マイクロ波周波数カウンタの機能が包含されている機種もある。カウンタの詳細は当サイトの解説記事「基礎と概要」シリーズの「ユニバーサルカウンタの基礎と概要」を参照。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-UniversalCounter-01/

ユニバーサルカウンタ(ゆにばーさるかうんた)

(universal counter)周波数や周期などの測定、2チャンネル入力で時間差の測定や周波数比の測定など、多くの時間パラメータが測定できるカウンタ。計測器の分類としては、時間測定器の内のエレクトリック・カウンタ(略してカウンタ)の1種。1952年にHP(現キーサイト・テクノロジー)が最初の周波数カウンタを発売したが、その後に機能を拡張して周波数だけではなく、周期、タイムインターバル、パルス幅など時間に関するさまざまな測定が1台で行えるようにしなったため、ユニバーサル(普遍的な、幅広い)カウンタと呼ばれるようになった。現在のカウンタの主流の機種群である。現在のカウンタはほとんどが多機能で、いわゆるユニバーサルカウンタである。カウンタの詳細は当サイトの解説記事「基礎と概要」シリーズの「ユニバーサルカウンタの基礎と概要」を参照。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-UniversalCounter-01/

  • 1