計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

108

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

アキシャルプローブ(あきしゃるぷろーぶ)

ガウスメータと一緒に使用する軸型のセンサー。(=同軸型プローブ)

アンテナ(あんてな)

無線信号を送受信する機器。アンテナは通信機器であり計測器ではないが、電波関連測定器の一部、またはオプションとして必須のため、計測器の1カテゴリーに分類されている。スペクトラムアナライザ(スペアナ)の中に分類されたり、電界強度測定器やEMC(Electro Magnetic Compatibility、電磁両立性または電磁適合性)測定器に分類されたりと、どのカテゴリーに入れるかは様々である。当サイトは障害・EMI測定器のカテゴリーにほとんどを入れているが、スペアナにも(スペアナのオプションとしての)アンテナが少数、入っている。使い方としては、RF測定器の信号発生器の出力端子やスペアナの入力端子に接続される。

アンテナファクタ(あんてなふぁくた)

(Antenna Factor)アンテナが置かれている位置における電界強度に対して、スペクトラムアナライザの入力端子に生じる出力電圧との比のこと。アンテナ係数とも呼ばれる。測定用アンテナは周波数範囲が決まっていて、校正によってアンテナファクタが定義されている。

アンプ(あんぷ)

小さい電圧信号を大きく(増幅)する機器。和訳は「増幅器」だが、「アンプ」はもはや日本語で広い分野で頻繁に使われている。計測器としては高電圧対応の電力増幅器(パワーアンプ)や高周波対応のプリアンプなどがある。増幅する目的に応じて、それぞれ電圧アンプ・電流アンプ・電力アンプと呼ばれることもある。電力増幅器(パワーアンプ)はバイポーラ電源や交流電源などの電源の1種としてカテゴリーされている。プリアンプはRF測定器の代表であるスペクトラムアナライザの周辺機器の1つである。

EMI(いーえむあい)

(Electro Magnetic Interference)直訳すると「電磁妨害」。EMCの中の1つで、電子機器が外部に不要な電磁ノイズを放出していること。EMI試験のことをエミッション(emisson)という。代表的な測定器にEMIレシーバがある。

EMIアンテナ(いーえむあいあんてな)

EMI測定で使用するアンテナ。EMI(Electro Magnetic Interference)とはエミッション試験のことで、電子機器が外にどれだけの電磁波を放出しているか(電波ノイズの発生源になっていないか)を測定するもの。電波を測定するスペクトラムアナライザ、EMIレシーバの入力端子にアンテナで受信した電波が入力される。

EMIクランプ(いーえむあいくらんぷ)

EMI測定にて、試供体に妨害信号を注入したり、妨害信号を検出したりするクランプセンサー。

EMI試験器(いーえむあいしけんき)

機器から発生する電磁的エネルギーがどの程度の妨害(エミッション)を与えるかを試験する機器。EMIはElectro Magnetic Interference の略で、電磁妨害放射のこと。

EMIプローブ(いーえむあいぷろーぶ)

スペクトラムアナライザや妨害波測定器と一緒に使用する、磁界を検出するセンサー。(=近磁界プローブ)

EMIレシーバ(いーえむあいれしーば)

EMI測定(エミッション試験)で使われる、電波測定用のスペクトラムアナライザ。計測器メーカはドイツのローデ&シュワルツが業界標準で、EMIレシーバはローデ&シュワルツの製品名ともいえる。

EMS(いーえむえす)

2つの意味がある。1.Electro Magnetic Susceptibility の略。電磁感受性(電磁妨害耐量)のこと。日本語では「電磁気妨害感受」だが、EMSといういいかたが通っている。別名:イミュニティ(Immunity) 。外からの電磁気に対する耐性のこと。EMC分野の用語。2.Electronics Manufacturing Serviceの略。電子機器の受託生産を行う企業を指す。パソコンやスマートフォン、半導体チップなどの製造で良く使われる。半導体受託生産では台湾のTSMCが世界No1シェア(推定50%)といわれる。半導体の設計や開発は行わず、生産に特化するメーカーのことを「ファウンドリ」と呼ぶ。逆に生産を外部委託して開発・設計に特化するメーカを「ファブレス」という。

EMS試験器(いーえむえすしけんき)

他の機器から発生される電磁的エネルギーにどの程度の耐性(イミュニティ)があるかを試験する機器。

EMC(いーえむしー)

(Electro Magnetic Compatibility)日本語では「電磁両立性」または「電磁適合性」といわれている。EMCの試験にはEMI(エミッション)とEMS(イミュニティ)がある。

EMC試験器(いーえむしーしけんき)

機器の電磁的両立性を試験する機器。EMI試験器とEMS試験器に分けられる。EMI試験器はスペクトラムアナライザやEMIレシーバなどの電波測定器とLISN(擬似電源回路網)などで電子機器が不要な電磁ノイズを放出している度合いを調べる(別名:エミッションという)。EMS試験器はRFパワーアンプやダブルリジッドガイドアンテナなどで、電子機器に電磁波を与えて耐性を調べる(別名:イミュニティという)。つまり、電磁ノイズの発生源と、電磁ノイズに対する耐性を調べる試験器。EMIとEMSでは使用される測定器やメーカが異なるが、アンテナなどの共通の機器もある。

EUT(いーゆーてぃー)

(Equipment Under Test) 試験の対象となる機器のこと。直訳すると被試験機器、供試機器。EMC分野で使用される用語。同様の表現として、回路素子や材料の評価で使われるDUT(Device Under Test)は広く「被測定対象物」を指す用語として大変良く使われている。

位相計(いそうけい)

電圧・電流間の位相を測定する機器。保護継電器の試験・評価で使用されることが多い。

位相・周波数計(いそうしゅうはすうけい)

電圧・電流間の位相と周波数を測定する機器。保護継電器の試験・評価で使用されることが多い。

イミュニティ(いみゅにてぃ)

(Immunity) 使用している機器や装置が、外部からの妨害波(静電気放電、雷、無線局、各種機器、システムからの雑音など)によって、性能が劣化することなく耐えることができる能力のこと。 本来の意味は「免疫性」。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

イミュニティ試験(いみゅにてぃしけん)

その装置が、他の装置が発する電磁波妨害や電源環境の異常な状態に対し各種基準に適合するかの試験。(株式会社高砂製作所の「交流電源」用語解説より)

インパルスノイズシミュレータ(いんぱるすのいずしみゅれーた)

電気製品にインパルスノイズを与えて耐性を試験する機器。