計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

10

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

mova(むーば)

1995年4月からNTTドコモが販売開始したPDC端末(携帯電話機)の名称。発売時は4機種あり、おのおの特徴的な形状をしていた。その後のガラケーの主流になる折り畳み式はNECが製造した。ほかに富士通や三菱電機、松下通信工業(後のパナソニック モバイルコミュニケーションズ)がつくった。 当時はアナログの無線方式の2Gの時代で、世界中の無線通信の方式が統一されていなかった。movaは現在のスマホにつながる小型の無線端末(携帯電話機)の走りである。

無効電力(むこうでんりょく)

負荷で有効に利用できない電力のことで、電気エネルギーの消費はない。無効電力=(電力の実効値)×(電流の実効値)×(無効率:sinφ)。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

無線機テスタ(むせんきてすた)

無線通信測定器の1種(1カテゴリー名)。アンリツMS555が有名なので、無線機テスタというとアンリツの品名ともいえる(同社が無線測定器の代表メーカであることを伺わせる)。アナログ無線通信時代(2000年頃まで)に、無線機の総合試験機として重宝された。SG(信号発生器)にPM(RFパワーメータ、高周波パワーメータ)やSA(スペクトラムアナライザ、スペアナ)機能などを付加し、送信と受信の両方を1台で測定できる。後のデジタル無線通信時代の携帯電話評価用のワンボックステスタの源流。 国産では日本無線(JRC)の計測器部門もラインアップがあった。安藤電気はラジオコミュニケーションアナライザの品名で無線機テスタ製品があった。海外のマルコーニ(旧AEROFLEX、現在はVIAVIの傘下)製品は菊水電子工業が現在でも取り扱っている。ローデ&シュワルツはアドバンテストの外販営業部門が販売していた(この部署が独立して現在の日本法人となった)。 アンリツの形名がMSであることから、同社はスペアナの1種と位置付けていたと推定されるが、その後のデジタル通信時代にはMT8801ラジオコミュニケーションアナライザがある(ワンボックステスタのテスタからTをとったと推定。また品名も無線機テスタではない)。また同時期に スペアナをベースにしたMS8608デジタル移動無線送信機テスタという製品もある。これは「送信機テスタ」というスペアナの1種で、ワンボックステスタ(T)と送信機テスタ(S)の2系統の製品でユーザニーズに応えていた。 2000年代中期には無線機テスタの種類は次の4つといわれた。1.RFコンフォーマンステストシステム、2.シグナリングテスタ+プロトコルテストシステム、3.デジタル無線機テスタ、4.サービステスタ。この分類は(現在からみれば)大変広義の解釈である。無線機テスタとはアナログ方式の無線機の総合試験機で、デジタル時代になるとワンボックステスタとよばれ上記3と4がデジタル無線の無線機テスタといえる(4は保守用途に特化した小型のモデル)。シグナリングテスタ(呼接続試験機)は現在では別カテゴリーとして確立している。2000年代は携帯電話のデジタル方式が始まった黎明期で、その当時の解説といえる。 計測器情報:品名に無線機テスタが付く製品の例

無線給電(むせんきゅうでん)

(wireless power supply、Wireless Power Transmission) 電力は通常、ケーブルで供給されるが、無線によってそれを行う技術のこと。小型の携帯電気機器(スマートフォンなど)ですでに実用化されている。自動車の電動化(EV車)に伴い、各種の研究(方式や使用する周波数)が行われている。たとえば共振方式ではコイルに高周波で大電力を流すことが模索されている。 別名:非接触給電、ワイヤレス給電。Wireless Power Transmissionを略してWPTと記載している文献もある。 2030年代には世界市場の規模は1兆5000億円といわれる。信号の伝送は無線化が進んだが、電力の伝送だけはケーブルによる有線通信である。そのため、メディアではパワーエレクトロニクス最後のフロンティアなどとも書かれて取り上げられている。2021年度に総務省は無線給電に使用可能な周波数帯域の拡大のために、電波法の改正を検討している。 参考記事(会員専用): 【イベントレポート】EMCユーザ会議2018 (ローデ・シュワルツ・ジャパン主催) Part2・協賛メーカ・・株式会社テクノサイエンスジャパンの「自動車の非接触給電向け、磁界イミュニティー試験システム」 【展示会レポート】TECHNO-FRONTIER2018 (会場:幕張メッセ) Part2 電源システム展 ・・三菱電機エンジニアリング株式会社の「非接触給電の開発・試験に適した高周波電源」 【展示会レポート】イノベーション・ジャパン2018~大学見本市(会場:東京ビックサイト)Part1 ・・岡山理科大学の超低周波無線給電の研究~自動車の車体内に給電コイルを内蔵可能。

無線式ロガー(むせんしきろがー)

計測器のカテゴリー(機種群)として「無線ロガー」はまだ確立しているとはいえないが、最近の流行りで各社がラインアップしてきたので、解説する。従来、離れた場所の物理量(温度など)を子機で測定し、データを無線で親機に送り、データ収集やデータ監視、ロギングをするという計測システムはあった。温度計とロガーは親和性が良く、温度計とデータロガーが合体した、温度ロガーも従来からあった。計測器としての温度ロガーを新しい形態に進歩させたのは株式会社ティアンドデイ社の「おんどとり」である。小型・安価な製品で、工場の各場所に設置して温度を記録し、定期的に設置場所を回ってデータを収集した(小型・安価なことが従来製品との違い)。1999年には無線モデルを発売し、各所に設置した計測器を確認に行く必要は無くなった。温度測定器やデータロガーをつくっていた計測器メーカ(チノー、日置電機など)は、現在、ほとんどおんどとりと同等の製品をラインアップしている。温度測定用の「無線ロガー」として1つのカテゴリーを形成しつつあるといえる。株式会社アドバンテストは2015年にAirLoggerの商標で、おんどとりとは別のコンセプトの無線ロガーを発売した。子機はボタン電池を内蔵したセンサで、小型なので回転体などに装着できる。親機は、外観がほとんどUSBメモリで、PCのUSBポートに装着し、PC上のソフトウェアで制御を行う。2017年には温度だけでなくひずみセンサを揃えた2モデル目を発売し、自動車市場などに販売数を伸ばしている。これも無線式ロガーの最新の一例といえる。 参考記事:「~ 面倒な配線作業のストレスをアドバンテストが解消 ! 測定現場の作業効率向上に ~ コードが消えた ! 無線データロガー AirLogger™ WM2000 シリーズ」

無線LAN(むせんらん)

無線通信でデータの送受信をするLAN (=ワイヤレスLAN)。Ethernet規格の一部である「IEEE 802.11b」規格のことを指す場合が多い。

無線LANアナライザ(むせんらんあならいざ)

無線LANプロトコルアナライザの略称。LANアナライザはLAN用のプロトコルアナライザ。有線だったLANが「IEEE 802.11」という規格で無線になった。「無線LAN」や「ワイヤレスLAN」と呼ばれる。この規格に準拠した無線LAN機器メーカの団体が「Wi-Fi(ワイファイ)」という規格をつくった。そのため無線LANとWi-Fiは現在は同じことである。無線LANプロトコルアナライザはIEEE 802.11用のプロトコルアナライザといえる。Wi-Fiアナライザと呼んでいるメーカもある。「プロトコル」が略されて「無線LAN(またはWi-FI)アナライザ」という場合、スペクトラムアナライザなどのRFの測定器を指していることがあるので注意が必要。何の項目を測定するかの確認が大事である。

無線LANプロトコルアナライザ(むせんらんぷろとこるあならいざ)

無線LANでデジタル通信を行っている機器間に設置し、プロトコル(機器間で定められた通信方式)の検査や通信障害の解析を行う測定器。略称:無線LANアナライザ。

無停電電源(むていでんでんげん)

蓄電池を内蔵していて、停電時でもしばらくの間電気を供給できる電源。別名:UPS(Uninterruptible Power Supply)。メーカとしてはAPC(American Power Conversion)が有名。PC用のUPSではオムロンも名前があがる。計測用電源の高砂製作所にはUPS機能がある交流電源があった(ポータブル電源 PP-2001A、現在は生産終了)。

無電解ニッケルメッキ(むでんかいにっけるめっき)

(electroless nickel plating 、chemical nickel plating )電気を使用しないでメッキする処理のこと。メッキの膜厚が均一につくため、「複雑な形状」「寸法精度を有するもの」に適している。 鋼上での耐食性は、電気ニッケルメッキ皮膜より良好で、無電解メッキ特有の皮膜厚さの均一性被覆能力が優れていること等があげられる。また、数%のリンを含有しているため、有機物、塩類、有機溶剤及び苛性アルカリ、希薄鉱酸に対しても優れた耐食性を示す。(フィッシャー・インストルメンツの膜厚測定、素材分析、材料試験、表面特性解析に関する用語集より)

  • 1