計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

170

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

DIAdem(でぃあでむ)

株式会社共和電業の計測器用ソフトウェアの名称。同社の計測器(ひずみ測定のハードウェア)と併用して、データ検索・読み込みから解析・レポート作成までをサポートし、対話式に作業ができる。

Tier1(てぃあわん)

メーカに直接納入する1次サプライヤのこと。Tier1に納品するメーカをTier2と呼ぶ。多くの部品を使う業界のサプライチェーンを示す用語だが、自動車産業で使われることが多い。

T&M(てぃーあんどえむ)

Test & Measurement の略。欧米で計測器を表現するときに使われる。国内計測器メーカはあまり使わない。 欧米では計測器のことをTester(テスター)やTest & Measurementといっている。1990年代に海外の大手計測器メーカが計測器事業部門をTMO(Test&Measurement Organization)と呼称していた。日本の代表的な計測器メーカであった横河電機も計測器部門をT&M事業部といっていた時代がある(現在はT&Mという表現はしていない)。この横河電機の例以外には、当時の国内計測器メーカはT&Mという用語は使っていない。 大手海外計測器メーカのTMOや横河電機のT&Mに触発されて、”「計測」ではなく「T&M」の表現が最先端だ"と解釈したあるレンタル会社上層部は、自社の計測器部門をT&Mと名称変更した。T&M部門の実務者は国内の各計測器メーカと名刺交換すると、かならず「T&Mとは何ですか? P&Gと近いですか?コンシューマ製品を扱い始めたのですか?」と聞かれて大変閉口した、というくらい、当時の国内計測器メーカには馴染みのない表現であった。30年前に大手海外計測器メーカが使い、それと近い関係にあった国内大手計測器メーカがその後で使ったが、この2社以外にこの言い方は国内では普及しなかった。現在では国内計測器メーカが使っている例が少なからずあるが、日本の計測器業界で通用する一般的な用語かは怪しい。ただし、現在でも海外メーカでは普通に使われている単語であるため、まちがいなく計測関連の用語である。

D/Aコンバータ(でぃーえーこんばーた)

(Digital-Analog converter) D-A変換器ともいわれ、有限の2値(あるいは多値)のディジタル信号を連続的なアナログ信号に変換する電子回路をいう。

DAC(でぃーえーしー)

「DAコンバータ」の略記。デジタル(Digital)をアナログ(Analog)に変換する(Converter)部品のこと。「ADC(アナログデジタルコンバータ)」や「ADコンバータ」と記載されることも多い。「ダック」と読むとDAQ(データアクイジション、データ集録機器)になってしまう。地球温鈍化対策の一環として、2021年にはDAC(Direct Air Capture):二酸化炭素CO2を大気から直接回収すること、を「ダック」と呼称している。計測の用語としてはDACはダックではなく、そう読んだらDAQ(データ集録機器)のことで、間違ってもカーボンゼロの用語ではない。

DSO(でぃーえすおー)

(Digital Storage Oscilloscope)現在のデジタルオシロスコープ(デジタルオシロ)の主流の方式。高速のサンプリングレートを持つADコンバータで、1回で信号波形を取りこむ、リアルタイム・サンプリングのオシロのこと。もう1つの種類として等価時間サンプリングの手法で、繰り返しデータ収集をして蓄積(ストレージ)するサンプリングオシロスコープがある。DSOの定義はオシロメーカによって若干異なるので、正確な解説は難しい。オシロの形名にDSOやMSO(ミックスド・シグナル・オシロ)とつけるメーカが増えた。テクトロニクスの冊子「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)には次のように解説されている。DSO(デジタル・ストレージ・オシロスコープ):A/Dコンバータを使ったデジタル・サンプリングで信号を取込むデジタル・オシロスコープ。アクイジション、ユーザ・インタフェース、ラスタ表示などをシリアル処理アーキテクチャで実行する。

DSP(でぃーえすぴー)

(digital signal processor)デジタル信号処理に特化したMPU(マイクロプロセッサ)。デジタル信号処理とは、アナログをデジタルに変換して、デジタルで演算などの処理を行い、アナログに戻すことを指す。汎用のMPUでも同じ処理をすることはできるが、限られた時間内に高速にデジタル信号処理をすることに特化したMPUがDSPである。現在、デジタルで処理をしている電子機器は大変多いので、たとえばデジタルオシロスコープにも搭載されることが多くなった。メーカとしてはTI(ティーアイ、テキサスインスツルメンツ)やアナログ・デバイセズが有名である。当サイトの「基礎と概要」シリーズの記事には、DSPによる画像処理でオシロスコープの波形表示が違う例が説明されている。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-DigitalOscilloscope-01/

Tx(てぃーえっくす)

Transmission dataの略。有線・無線通信で送信データの略記。 送信機をtransmitterと呼び、送信はTで略される。 小文字のxはデータの意味。

DFT(でぃーえふてぃー)

(Discrete Fourier Transform)日本語では「離散フーリエ変換」だが、DFTという表記も頻繁に使われている。

DMM(でぃーえむえむ)

Digital Multi Meter の略。(=デジタルマルチメータ)

DOA(でぃーおーえー)

(Dead On Arrival)到着時死亡。医療用語で「緊急病院に到着時にはすでに死亡していた」こと。計測器も「到着時動作不良・故障」のことをDOAと呼んでいる(特に海外メーカ)。メーカの出荷検査で漏れたのか、輸送時の振動や取扱いで不具合が生じたのか、理由はわからないことが多い。届いた計測器をユーザが使おうとしたが、電源が入らず起動しない、起動したがOSが立ち上がらない、など正常な動作が確認できず、受け入れ検査不良と判定されることがある。計測器は精密機器であるため、一定の比率で納入時不良が発生する。メーカの品質管理部門では納入時不良(DOA)の管理をしている。

DO計(でぃーおーけい)

液体中の酸素の量を測定する機器。(=溶存酸素計)

D級パワーアンプ方式(でぃーきゅうぱわーあんぷほうしき)

交流電源でのスイッチング方式で、原理的には半導体のONとOFFの状態を高速で行い電圧調整する。半導体のリニア領域で抵抗値分圧し電圧調整する方式(リニア方式)に比べエネルギー損失が少なく効率が高いが、リニア方式に比べ応答速度やノイズの点では多少劣る。(株式会社高砂製作所の「交流電源」用語解説より)

D-subコネクタ(でぃーさぶこねくた)

コンピュータと周辺機器をつなぐケーブルに多く使われている、小型の多ピンコネクタ。ピンの外側を金属が囲み、嵌合すると金属で覆われシールドされる。たとえば、HDMIなどが普及する前の古いモニタ(ディスプレイ)のコネクタは15ピン、セントロニクスやRS-232Cのプリンタは25ピン。Wikipedia(ウィキペディア)の記述から要点を抜粋すると、「D-subminiature(ディー・サブミニチュア、通称: D-sub)コネクタは、2~3列に並んだピンコンタクト(ソケットコンタクト)がアルファベットのDの字に似た形状の金属シールドに囲まれていることが語源。 アメリカのキャノン社が1952年に開発した。」。D-subコネクタが作られた当時は大型コンピュータの黎明期で、十分にsubminiature(超小型)だったと推察するが、今やパソコンや携帯機器など小型の電子機器の普及でモニタのコネクタはより小型のHDMIなどが主流になっている。現在はAmphenol(アンフェノール、略称:AMP)社の角型コネクタが代表的。そのため、「アンフェノールのコネクタ」、「AMPの15ピン」などと呼ぶ人もみかける。

TC(てぃーしー)

(Thermo Couple)直訳すると「温度の対」だが、日本語では「熱電対」と呼ばれている。温度センサの代表である。通常は「熱電対」と表すが、略記としてTCは良く表記される。構造は、2種類の金属を使い閉回路をつくる(2本の金属の線を2か所でつないでループにする)。つないだ箇所(接点)どうしに温度差があると電流が流れる(熱起電力が発生する)。電圧を測定すると温度を知ることができるため、温度センサとして利用される。TCを熱電対、RTDを測温抵抗体という日本語にしたのにはセンスが感じられる(単純に直訳しないで意味が伝わる熟語になっている)。

DC(でぃーしー)

Direct Current の略 (=直流)。テクトロニクスの冊子「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)では以下の解説がある。「DC:一定の電圧と電流を持つ信号。オシロスコープの用語としては、信号カップリングの種類を表すときなどに使用する。」

DCアンプ(でぃーしーあんぷ)

低い周波数の信号を増幅する増幅器。(=直流増幅器)

DCA(でぃーしーえー)

(Digital Communication Analyzer)キーサイト・テクノロジー社のデジタル・コミュニケーション・アナライザの略記。広帯域オシロスコープメインフレーム。製品としては、86100D Infiniium DCA-X広帯域幅オシロスコープメインフレーム(形名は86100A/B/C/Dあり、最後のDタイプも製造中止)や83480A ディジタル・コミュニケーション・アナライザ。実態はサンプリングオシロ。2スロットあり、モジュールを挿入。当時の同社の形名8千や8万代(8xxxや8xxxx)はオシロではなく、ネットワークアナライザ(NA)やスペクトラムアナライザのようなRF/高周波製品と、光製品。代表的な形名では81xx、86xxxは光製品。85xxx、87xxはNA。DCAとは「高速のデジタル通信で使われる光(または電気)通信の波形の解析器」というネーミング。まず高速通信のアイパターン測定に使われた。TDRモジュールを装着するとTDR測定器になった(NAとは違う原理で部品の特性測定ができる)。たくさんの特定通信規格に対応したモジュールがあった(大変高額な専用品)。別名:光オシロ。モジュールのコネクタは電気だけでなく、光コネクタも多い(高速通信は光になる)。同等品はたとえばテクトロニクスのDSA8300型など。2000年代に6GHzの帯域をもつサンプリングタイプでない広帯域オシロをキーサイト・テクノロジーは発売した。それ以降帯域を伸ばす開発競争が続き、20GHz位まで開発された(2019にキーサイトは110GHzモデルを発表。約1億円/台)。このようにリアルタイム・オシロの帯域が向上したため、サンプリングオシロでアイパターンを見る必要がなくなり、DCAの需要は減り、生産中止となった。2000年頃のキーサイト・テクノロジーのショートフォーム・カタログにはオシロのページにサンプリングオシロとして、また光測定器のページに光波形解析器として、2か所に掲載されていた。

DC-ACインバータ(でぃーしーえーしーいんばーた)

直流(DC)電流を交流(AC)電流に変換する機器。パワーエレクトロニクス機器の普及によって、単にインバータと呼ばれることも多い。一般にACをDCに変換することをコンバート(convert)、反対にDCをACに変えることをインバート(in-convertの略)という。直流電源で稼動する機器(PCなど)に使われるACアダプタはコンバータ。エアコンには半導体素子によってDCからACを作る機構(インバータ)が多く採用されている。(参照:AC-DCコンバータ)

DCS(でぃーしーえす)

(Distributed Control System)日本語では「分散制御システム」。工場の生産現場に導入されているシステム。簡単にいうと工場やプラントなどの工業用コンピュータシステム。メーカによっては「ディジタル計装制御システム」と表現している。代表的なメーカである横河電機では「統合生産制御システム」と称している。同社HPによれば「横河電機は世界初の分散型制御システム(DCS)であるCENTUM(せんたむ)を1975年に発売開始した」とある。CENTUMだけでなく、同社にはコントローラ、計装システムとしてYEWMAC(ゆーまっく。「YEW」という略称が時代を感じさせる)、ASTMAC(あすとまっく)、STARDOM(すたーだむ)などの通称の製品群がある。1970年代には同社以外の工業計器メーカや、三菱電機や東芝などの総合電機メーカもDCSを製品化している。