計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

11

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

VR(ぶいあーる)

(Virtual Reality) 日本語では「仮想現実」、「人工現実感」と訳される。「バーチャルリアリティー」という表現もみかける。

VSIM(ぶいえすあいえむ)

SMUの機能の1つ。電圧を印加して電流を測定する。

VSWR(ぶいえすだぶりゅあーる)

「Voltage Standing Wave Ratio」 の略表記。(=電圧定在波比)

VHSデータレコーダ(ぶいえっちえすでーたれこーだ)

VHSカセットテープにデータを記録するデータレコーダ。現在はほとんど生産されていない。

VoIP(ぶいおーあいぴー)

Voice over Internet Protocol の略。インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを使って音声データを送受信する技術のこと。

VOCモニタ(ぶいおーしーもにた)

揮発性有機化合物(VOC)を測定する機器。(VOC=Volatile Organic Compound の略)

VQT(ぶいきゅーてぃー)

Voice Qolity Tester の略。 (=ボイスクオリティテスタ)

VISAライブラリ(ぶいさらいぶらり)

VISA(Virtual Instrument. Software Architecture)は、米国VXI plug&play Systems Allianceが管理する計測制御用通信ライブラリ仕様のこと。GPIBだけでなく、RS232やUSB、TCP/IP、VXIbusなどに接続された計測器を通信媒体に関係なく同様のプログラミング手法で制御できる仕組み。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

VCOテスタ(ぶいしーおてすた)

VCOという部品を評価する測定器。(VCO=Voltage Controlled Osillator の略)

VVVF(ぶいぶいぶいえふ)

(Variable Voltage Variable Frequency) 直訳すると「可変電圧可変周波数」。交流モータ用の電源で、電圧と周波数を自由に変化できる機能がある。モータ用のインバータ(直流を交流に変える装置)ともいえるので、VVVFインバータとも呼ばれる。特に電車の制御に導入されている。電圧と周波数を変えることでモータの回転数(加速や減速)を制御する。そのため、一般にVVVFというと鉄道の装置といえるが、実体はインバータ、電源の1種である。パワーエレクトロニクスの進歩によって現在の鉄道車両(電車)に普及したインバータの1方式ということもできる。

VVVF電源(ぶいぶいぶいえふでんげん)

主にモータ用インバータ電源に用いられる用語で、可変電圧・可変周波数の電源(Variable Voltage Variable Frequency power supply)のこと。「VVVFインバータ」ともいう。厳密にはCVCFの対義語ではない。VVVFはモータ類の回転負荷に合わせて周波数や電圧を最適状態に可変するのが主目的の電源だが、CVCF電源では、特定の電圧・周波数設定時においても電圧、周波数が連続可変(スイープ)中でも負荷変動等に対して影響されず安定して供給することを主眼に置いた電源である。(株式会社高砂製作所の「交流電源」用語解説より)

  • 1