計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

29

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

ニーモニック(にーもにっく)

(mnemonic)マイクロコンピュータ(マイコン、CPU)を動かすソフトウェアに関連する用語。マイクロプロセッサ(MPU)の動作を1行程ごとに表現したものを命令という。ニーモニックはアセンブリ言語で書かれた命令のこと。たとえばアセンブリ言語で「add a、b」は「aにbを加えて、aに格納する」動作を意味する。構文の構成は、「【Mnemonic】【Destination】、【Source】」で、Mnemonicは命令、Destinationは計算した値を格納するアドレス、SourceはDestinationに加える値を示す。ニーモニックはadd、move、store、LD(loadの略記)などのような英語(やその略記)で、直感的にわかりやすい表現になっている。マイクロコンピュータの構造と動作原理は以下の記事に詳しい。参考記事:車載マイクロコンピュータの基礎~車載システムを支える頭脳

臭いセンサ(においせんさ)

臭いを検出するセンサ。臭いを数値化するので、臭い測定器などに使われる。ガスの臭いを検出して危険を知らせるということで、家庭用ガス検知器のトップメーカ、新コスモス電機には、臭いセンサや測定器がある。測定器は可搬型が多く、通販でも購入できる。センサの方式には各種あり、現在も研究開発が進められている。

ニキシー管(にきしーかん)

(nixie tube)>1970年頃に主流だった表示器。電卓や計測器などに使われた。外観は真空管だが、内部にネオンガスなどが封入されている。電極が数字の形になっていて、電圧をかけるとオレンジ色に数字が光って表示される。0から9までの電極を前後に並べているので、よく見ると数字によって奥行きがあることがわかる。初期のデジタルマルチメータ(DMM)に採用されていたことが記事:デジタルマルチメータの基礎と概要 (第1回) 「DMMの歴史と変遷」に紹介されている。

NICT(にくと)

(National Institute of Information and Communications Technology) 「国立研究開発法人 情報通信研究機構」。情報通信分野を専門とする日本で唯一の公的研究機関。

ニコルス線図(にこるすぜんず)

(Nichols Diagram)周波数応答関数(伝達関数)を表示する図の1種で、縦軸をゲイン、横軸を位相で示す。他に実数部と虚数部で示したナイキスト全図がある。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より)

二酸化炭素測定器(にさんかたんそそくていき)

大気中に含まれる二酸化炭素(CO2)の濃度を測定する機器。 (=CO2計)

二酸化炭素濃度計(にさんかたんそのうどけい)

大気中に含まれる二酸化炭素(CO2)の濃度を測定する機器。 (=CO2計)

二酸化炭素分析計(にさんかたんそぶんせきけい)

試料ガスに含まれる二酸化炭素(CO2)の濃度を測定・分析する機器。

2出力電源(にしゅつりょくでんげん)

1台で出力数2chの多出力直流電源。

NIST(にすと)

(National Institute of Standards and Technology)アメリカの国立標準技術研究所。計測器の校正に関する機関として良く登場する。

二相鋼(にそうこう)

二相ステンレス鋼は、高クロム(Cr)に適量のニッケル(Ni)を添加してオーステナイトとフェライトの二相組織とした高強度・高耐食ステンレス鋼である。(フィッシャー・インストルメンツの膜厚測定、素材分析、材料試験、表面特性解析に関する用語集より)

2端子法(にたんしほう)

(two-terminal method) 一般にテスターなどで抵抗を測定する場合は2本の線でDUTに接続する。これを2端子法(または2端子測定法、2端子接続、2線接続)と呼ぶ。抵抗測定器の代表であるデジタルマルチメータ(DMM)も通常は2端子法で測定する。抵抗値が10Ω(オーム)以下の小さな値になると、接触抵抗や測定ケーブルの影響を受けて正確な測定ができなくなり、4端子法を使う(高いインピーダンスでは5端子法)。

日射計(にっしゃけい)

日射を測定する機器。気象関連計測器の代表モデルで、近年太陽光発電が普及したため、据え置き型のモデルが多く市場に販売された。

日照量積算計(にっしょうりょうせきさんけい)

日照量を測定し、積算値を算出する機器。電力計に対する積算電力計のように、日射計に対して使われる。

日本薬局方(にっぽんやっきょくほう)

(Japan Pharmacopoeia)略記:JP。日本の医薬品に関する品質規格書。国・地域ごとに規定されている。日本では厚生労働省のHPに掲載されている。

2P-3P変換アダプタ(にぴんさんぴんへんかんあだぷた)

2Pの電源プラグ(一般家庭用コンセントの形状)を3Pの電源プラグに変換するもの。(=3P-2P変換アダプタ)

日本電気計測器工業会(にほんでんきけいそくきこうぎょうかい)

電気計測器業界を代表する社団法人。国内の計測器メーカを中心に約80社の会員が所属している(2022年1月現在)。指示計器や電力量計、放射線計のメーカ(大崎電機工業、渋川桑野電機、東光東芝メータシステムズ、富士電機、三菱電機、ABBなど)も会員で、これらの製品群の委員会が設置されている。日本に法人がある海外計測器メーカ(キーサイト・テクノロジー、テクトロニクス、フルーク、ローデ・シュワルツなど)や計測器レンタル会社も会員になっている。計測と制御の専門展示会である「計測展」を1955年から毎年開催してきたが、現在は同じく一般社団法人である日本電気制御機器工業会、日本電機工業会と共催でII FES(アイアイフェス)を開催している。日本電気計測器工業会は、通称JEMIMA(Japan Electric Measuring Instruments Manufacturers' Association、ジェミマ)と呼称されることが多い。計測展/IIFESの取材記事と取材先は以下。SCF 2017 /計測展 2017 TOKYO 計測器メーカ特集(Part1): 日置電機、アルファ・エレクトロニクス、アンリツ SCF 2017 /計測展 2017 TOKYO 計測器メーカ特集(Part2):横河計測、菊水電子工業、CC-Link 協会 SCF 2017 /計測展 2017 TOKYO 大学特集(Part1):東京工業大学、長岡技術科学大学、電気通信大学、慶応義塾大学 SCF 2017 /計測展 2017 TOKYO 大学特集(Part2): 新潟大学、神戸大学、三重大学、神奈川工科大学 IIFES(アイアイフェス)2019:新コスモス電機、八洲貿易、GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ(Baker Hughes) IIFES(アイアイフェス)2022:山里産業、JFEアドバンテック、東亜ディーケーケー

入出力ケーブル(にゅうしゅつりょくけーぶる)

(Input/Output Cable)変換器から取り外しのできない結線されたケーブル。参考「付属ケーブル:変換器から取り外しのできる、標準として付属している入出力用のケーブル。(株式会社東京測器研究所の「びずみ測定用の変換器の用語」より)

入出力抵抗(にゅうしゅつりょくていこう)

(Input/Output Resistance)無負荷で入力および出力端子を解放した状態で測定した入力および出力端子間の抵抗(Ω)。(株式会社東京測器研究所の「びずみ測定用の変換器の用語」より)

ニューラルネットワーク(にゅーらるねっとわーく)

問題解決能力を持った人工ニューロン(neuron:神経細胞)のモデルのこと。