計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

29

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

平均化処理(へいきんかしょり)

(Averaging)1.種類。1)加算平均(Summation averaging)またはノーマライズ加算平均(Normalize summation averaging)2)指数平均(Exponential averaging):回数の設定ではなく最新データの重みづけの数値を設定。この数はアナログのRCフィルタの時定数に相当。3)ピークホールド(Peak hold):パワースペクトルのピークホールドを行う。ピークホールドスタートからポーズまでの各周波数ライン毎の最大値をホールド(記憶)する。連動してマックスオーバーオール機能がある。これはオーバーオールのピークホールド機能で、オーバーオールが最大値であった時の瞬時のパワースペクトルを記憶する。ピークホールドモードには平均化回数設定はないため平均化モードにおいてスタートとポーズ(ストップ)の操作が必要。すでに平均化回数が設定されていてもピークホールドには関係ない。ピークホールド実行時はCRTの実行回数が増える。これはFFT演算の回数を示している。(注意:ピークホールドモードはチャンネル間演算等ができないので、次の関数の平均結果の表示はできない。クロススペクトル、周波数応答関数、コヒーレンス関数、コヒーレントアウトプットパワー、インパルス応答)4)減算平均(Subtraction averaging):加算平均後のパワースペクトルからパワースペクトルを減算する機能。5)スイープ平均(Sweep averaging):サイン信号を使用して周波数をスイープし、その信号に応じてFFT演算を行う。1回の取り込みごとにマスタチャンネル側で最大のスペクトル(1ライン)を検出し、その1ラインについてのみ計算し、そのラインのみ更新する。外部スイープ信号のスイープ速度が演算処理時間より速い場合、求められないスペクトルラインが生じる(歯ぬけ)。2.平均化処理できる領域と種類。1)時間領域平均:加算平均、指数化平均。(時間領域の平均化はトリガ機能を使用する必要がある。)2)周波数領域平均:加算平均、指数化平均、ピークホールド、減算平均、スイープ平均。3)振幅領域:加算平均。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より)

平均雑音レベル(へいきんざつおんれべる)

(average noise level)スペクトラムアナライザの熱雑音により内部で発生する雑音レベルの平均値。(参照:表示平均雑音レベル)

平均値(へいきんち)

交流の半周期間の瞬時値の平均の値。テスタ(可搬型のDMMなど)の指示は一般に平均値。正弦波の場合、平均値=最大値×2/π=最大値×0.637。実効値が100Vの場合、平均値=最大値×2/π=141×0.637=90(V)。一般のテスタでは平均値を指示するが、この値が正弦波の実効値になるように修正されている。これを平均値検波実効値指示型と呼ぶ。よって正弦波以外の波形の場合は誤差になる。これに対して、実効値が直接測定できるタイプを「真の実効値タイプ」と呼び区別している。(共立電気計器株式会社の用語集より)

米国薬局方(べいこくやっきょくほう)

( United States Pharmacopoeia)略記:USP。米国の医薬品に関する品質規格書。試験法や純度の基準などが記されている。

並列運転(へいれつうんてん)

計測用電源などで、1つの負荷に2台以上の電源機器の出力電流の和が取り出せるように電源出力を接続して運転すること。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

pH計(ぺーはーけい)

液体の水素イオンの濃度を測定する機器。

ベクトルシグナルアナライザ(べくとるしぐなるあならいざ)

(Vector Signal Analyzer)キーサイト・テクノロジーの89600シリーズの名称。略記:VSA。デジタル無線などで使われるベクトル変調信号の解析を主眼にした測定器。PCに接続して使用する。各種の解析ソフトウェアがオプションで用意されている。スペクトラムアナライザが変調解析機能を搭載したシグナルアナライザになる以前は、デジタル無線に使われる変調方式の解析に使われた。現在は製造中止。略してシグナルアナライザ(変調解析ができる測定器)とも言われたが、現在はシグナルアナライザというと最近のスペクトラムアナライザの名称である。

ベクトル信号解析(べくとるしんごうかいせき)

テクトロニクスの冊子「リアルタイム・スペクトラム解析のすべて(2009年9月発行)」では「ベクトル信号解析:RF信号の変調の特性を評価する測定技法。ベ クトル解析は振幅と位相の両方に対して行われる。」とある。同社がリアルタイムスペクトラムアナライザ製品を発売する以前に、RF測定器の雄、キーサイト・テクノロジーにはベクトルシグナルアナライザ(Vector Signal Analyzer、VSA)というオンリーワン製品があり、ベクトル信号解析の標準器だった。2000年代以降、世界的に携帯電話のデジタル化(3G)が普及し、デジタル変調方式の進化に伴いスペクトラムアナライザのシグナルアナライザ化などが進み、VSAはその役目を終えた。ベクトル信号解析は現在はスペクトラムアナライザで行われている。

ベクトル信号発生器(べくとるしんごうはっせいき)

IQジェネレータ、IQ変調信号発生器とも呼ばれる、携帯電話で現在主流のデジタル無線で使われる、デジタル変調方式に対応した信号発生器のこと。直交座標でベクトル表示をするときの2成分をI(あい)、Q(きゅー)と呼ぶ(I:同相成分、Q:直交位相成分)。

ベクトルスコープ(べくとるすこーぷ)

テレビ信号において、有線または無線の伝送系から受ける副搬送波の振幅ひずみと位相ひずみを測定する機器。

ベクトル電圧計(べくとるでんあつけい)

RF帯の電圧と位相を測定する機器。(=ベクトルボルトメータ)

ベクトルネットワークアナライザ(べくとるねっとわーくあならいざ)

振幅・位相特性を測定する一般的なネットワークアナライザ。

ベクトルボルトメータ(べくとるぼるとめーた)

RF帯の電圧と位相を測定する機器。(=ベクトル電圧計)

PECKER(ぺっかー)

株式会社アバールデータのROMプログラマ(ROMライタ)の通称(品名)。同社は1979年4月1日に「開発支援装置Pecker(デバイスプログラマー)シリーズ」として販売開始した。国産ROMライタのはしりである(アドバンテストや安藤電気の発売より早い)。当時は海外のデータI/O製品が主力で、東陽テクニカが取り扱っていた。PECKERは2001年11月にシリーズ全製品の製造・販売を終了し、製品メンテナンスも2007年8月末を持って終了している。マイクロプロセッサや開発支援装置(ICE)の普及にあわせて登場し、1980年~2000年にかけて、計測器メーカ以外が作ったROMライタとして開発技術者に広く愛用された。型名はPKW-xxx。表記はPeckerもある。現在のアバールデータは画像製品や高速アナログボードなどを主力製品としている。測定計測展/Measuring Technology Expo 2017で同社展示を取材した展示会レポートを参照されたい。https://www.techeyesonline.com/seminar/detail/yls00019/

ヘリウムリークディテクタ(へりうむりーくでぃてくた)

ヘリウムガスを用いて漏れ(リーク)を測定する機器。

Verify(べりふぁい)

ROMライタの機能で、バッファメモリのデータとデバイスに書込まれているデータの照合。(東亜エレクトロニクス株式会社 フラッシュサポートグループカンパニーの「書込みやプログラマに関する用語集」より)

ヘルスケア(へるすけあ)

(health care)和訳すると「健康管理」。医師や薬が関係するので、それらを含む、医療・医用分野の機器やサービスを広く「ヘルスケア」事業といわれる。IPS細胞や遺伝子解明などの医療の進化と、日本人の長寿命化によって、医療分野は有望な成長市場となっている。そのため、医療・医用機器分野の事業部門を「ヘルスケア」と称している企業が多い。ヘルスケア分野で使われる機器としては、たとえば病院などで使われる医療機器の絶縁試験をする測定器があるが、科学分析機器の代表である液クロ、ガスクロ(混合物を分離・検出して定量・定性分析を行うクロマトグラフィー装置)は医療・製薬・食品などの研究開発には必須の分析装置である。一般財団法人日本ヘルスケア協会のHPには以下の記述がある。ヘルスケアの定義(簡略版)「ヘルスケアとは、自らの『生きる力』を引き上げ、病気や心身の不調からの『自由』を実現するために、各産業が横断的にその実現に向け支援し、新しい価値を創造すること、またはそのための諸活動をいう」

ペルチェ素子(ぺるちぇそし)

電流によって温度を制御できる熱電素子の1種。

変圧器(へんあつき)

電圧を変換する機器。または交流電気の電圧を変える装置のこと。

偏位法(へんいほう)

測定量を原因として、その直接の結果として生じる指示から測定量を知る方法。たとえば測定量の電流によって電磁力を生じ指針を振らせる可動コイル形直流計などの一般のアナログ計器、及びデジタル計器も偏位法を使っている。(共立電気計器株式会社の用語集より)