計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

17

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

Rx(あーるえっくす)

Received dataの略。有線・無線通信で受信データの略記。小文字のxはデータの意味。

IP(あいぴー)

(Internet Protocol)インターネットで使われているネットワーク層プロトコル。 米国の国防総省のネットワークプロジェクトで開発されたプロトコル。軍事技術が民間に広まった例の1つ。

IP負荷試験装置(あいぴーふかしけんそうち)

ネットワーク機器に負荷を与えて、パフォーマンスを評価する測定器。 略して、負荷試験器と呼ばれる。インターネットなどネットワークの様々な機器の性能を評価する測定器。機器にたくさんの端末からアクセスが集中したときに、正常な動作(所定の性能を発揮)できるかを試験できる。ネットワーク機器に負荷をかけるというネーミング。通信規格ごとに仕様があるが、IP対応の機器を指していることが多い。インターネットが普及した2000年代に活躍したが、現在はほぼ生産終了している。海外のスパイレント(東陽テクニカが取り扱い)が、スマートビットの通称で有名。IXIA(イクシア)も対抗機種で市場で争った。現在、スパイレントはその情報通信の基礎技術をもとにセキュリティの会社となっている。基幹通信網で蓄積した負荷試験機の技術をほかの通信規格に置き換えて、ネットワークの品質を評価する測定器を販売している(たとえば今後自動車のネットワーク化で採用される通信規格など)。IXIAはネットワークパケットブローカなどの通信機器にラインアップを移し、現在はキーサイト・テクノロジーの社内カンパニーである。

キャプチャ(きゃぷちゃ)

(capture)記録、保存することをIT分野ではこのように表現する。直訳は「捕獲」、「占領」。

スマートビット(すまーとびっと)

スパイレントのIP負荷試験装置の品名。正確には、Spirent Communications社(略称:スパイレント、東陽テクニカが総代理店)のIP負荷試験機の通称(品名)。SMB600などの製品が2000年代のインターネットやIP網の普及時に使用された。負荷試験機というと通信測定器の中のIP関連測定器を指すことが多い(電圧をかけて耐性を調べる過負荷試験とは違う)。

スループット(するーぷうと)

(Throughput) 機器が単位時間あたりに処理できるデータ量を指す(処理能力の指標)。コンピュータ、IT、ネットワーク、通信などの分野で使われる用語。たとえば通信回線のデータ転送能力や、コンピュータの処理能力など。計測器では有線通信測定器やネットワーク関連測定器で使われる。

Tx(てぃーえっくす)

Transmission dataの略。有線・無線通信で送信データの略記。 送信機をtransmitterと呼び、送信はTで略される。 小文字のxはデータの意味。

データクオリティアナライザ(でーたくおりてぃあならいざ)

アンリツのIP負荷試験装置の品名。

トラフィック(とらふぃっく)

(Traffic)ネットワークを流れる情報、または情報量を指すネットワーク・通信の用語。直訳すると「交通」。

トランシーバ(とらんしーば)

1. 有線・無線通信で送信機や送信部品のこと。2. 無線で通信する機器のこと。以前は片側通信の機器が多く、自分が話すときはボタンを押し、相手が話すときはボタンを離す、という操作をして会話した。携帯電話が普及する以前は離れた2つの場所で会話できる無線通信機器として活躍した。たとえば、工事現場や、遠足の引率で先頭と最後尾など。1980年頃はまだ携帯電話は無く、2台に分乗して高速道路を走るとき、どこのサービスエリアで待ち合わせるかを、トランシーバがあると便利だった。現在も工事現場などで使われるが、携帯電話の小型化、普及により、工事現場での使用例は減っている。

非メタン炭化水素測定器(ひめたんたんかすいそそくていき)

大気中の非メタン炭化水素を測定する機器。

VoIP(ぶいおーあいぴー)

Voice over Internet Protocol の略。インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを使って音声データを送受信する技術のこと。

VQT(ぶいきゅーてぃー)

Voice Qolity Tester の略。 (=ボイスクオリティテスタ)

負荷試験器(ふかしけんき)

ネットワーク機器に負荷を与えて、パフォーマンスを評価する測定器。 通常はIP負荷試験装置を指している。ネットワークの機器が、ほかの多くの機器とつながるインターネットの世界で、機器に多くのアクセスが集中したときに規定の性能が発揮できるかを試験する。そのことを負荷をかける、と表現している。インターネットの普及とともに活躍したが、現在はほぼ生産終了している。「過負荷試験」と表現している場合もある。

ボイスクオリティテスタ(ぼいすくおりてぃてすた)

VoIP上の音声の品質評価をする測定器。

ルータテスタ(るーたてすた)

ネットワーク機器(ルータ等)のパフォーマンス評価をする負荷試験器。

ワイヤード(わいやーど)

(wired)有線通信のこと。無線通信はwireless(ワイヤレス)。無線測定器の雄、アンリツで良く使われている用語。「無線はワイヤレスだから、有線はワイヤードだ」というのは無線・有線の両方に精通した同社ならではの表現といえる。つまりはっきり言うと「アンリツの社内用語(方言)」である。同社以外では「有線」や「光通信」という表現が一般的である。

  • 1