計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

16

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

熱画像(ねつがぞう)

非接触温度計のサーモグラフィカメラ(熱画像計測器)で、「被写体の表面温度分布を表わす映像、および出力された写真または図(日本アビオニクス株式会社の「赤外線や工業計測器に関する用語」より)」。

熱画像計測装置(ねつがぞうけいそくそうち)

非接触温度計のサーモグラフィのこと。温度の制御・計測を得意とする株式会社チノーは、非接触温度測定器で温度分布を画像表示するものを、この名称で呼んで、放射温度計とは区別している。放射温度計:1点測定の非接触温度計、熱画像計測装置:面で温度を計測して画像で記録する温度計測器、という定義。両者とも校正、トレーサビリティを保証していて、単なるカメラではなく計測器であるというのが、同社の主張である。産業用途のサーモグラフィで国内シェア30%と推定される同社は、2020年にコロナウイルスが蔓延する中で、高精度な体表面温度の監視装置を発売した。世の中に精度保証されていないサーマルカメラが多い中で、同社の新製品については記事「トレーサブルな体表面温度測定~チノーThermoview赤外線サーモグラフィカメラ」を参照されたい。

熱雑音(ねつざつおん)

(Thermal noise) 抵抗体内の電子の不規則な熱振動によって生じる雑音をいう。抵抗体内で発生する雑音電圧Vn[V]は、下式で与えられる。ここで、 k: ボルツマン定数 1.38x10-23 [J/K], T: 抵抗体の絶対温度[K] , B: 受信機の帯域幅[Hz], R: 抵抗値[Ω] である。

熱線吸収ガラス(ねっせんきゅうしゅうがらす)

非接触温度計(サーモグラフィ、放射温度計)に使われている。可視光を透過させ、赤外光を透過させない性質を持ったガラス。関連用語:コールドミラー 。(日本アビオニクス株式会社の「赤外線や工業計測器に関する用語」より)

熱電対(ねつでんつい)

温度を検出するセンサーのこと。構成材料(金属)の種類によって数十種類ある。英語のThermo Coupleを略して「TC」と表記されることも多い。測温抵抗体(RTD)とともに温度センサの代表である。

熱電対温度計(ねつでんついおんどけい)

熱電対センサーを使用した温度計。

熱電対変換器(ねつでんついへんかんき)

熱電対の信号を電圧に変換する機器。別名:信号変換器。

熱伝導率計(ねつでんどうりつけい)

熱伝導率とは熱の伝わりやすさのことで、材料によって異なり固有の値がある。熱伝導率計は、国内メーカでは京都電子工業やリガクなどの科学分析機器、理化学機器メーカがつくっている。英弘精機は日射計などの気象関連機器メーカだが、物性・分析機器事業部では海外製の熱伝導率計を輸入販売している。

ネットワークアドバイザ(ねっとわーくあどばいざ)

HP(現キーサイト・テクノロジー)のJ68xxシリーズのプロトコルアナライザの名称。ラップトップパソコンのような形状をして、可搬型だった。1990年頃に販売していたが、現在は生産中止。当時のHPの形名は数字4桁(または5桁)がほとんどで、頭にアルファベット大文字を1文字つける形名は大変特殊だった。ATMアナライザなどの有線通信用の専用測定器には頭にEがついたモデルがあり、これはメインフレームとモジュールで構成する機種群が多かったが、同社のプロトコルアナライザはこのJ68xxを筆頭に、1990年代には独特の形名が多かった。

ネットワークアナライザ(ねっとわーくあならいざ)

電子部品の伝送特性を測定する機器。略称:ネットアナ。ネットワークといっても、LANやクラウドのような通信網のことではなく、回路網のことをネットワークと呼んでいる。高周波の回路網に使用される各種の部品や回路システムの特性を評価する総合試験なのでアナライザの名称がある。カテゴリーは回路素子測定器(LCRメータ、インピーダンスアナライザなど)やFRA(Frequency Response Analyzer、周波数特性分析器)に近い機種群である。(計測器だけでなく)一般には「ネットワーク」というと通信やコンピュータが連想される。実際にプロトコルアナライザ(通信回線のアナライザ)で「ネットワークアナライザ」という品名の製品が、フルーク(現フルークネットワークス社)に以前あり(現在は廃止品)、大変誤解と混乱を招く名称だった。現在、通信の測定器で「ネットワーク関連測定器」というような表現をしている製品群があり、各種の通信規格を評価するが、このネットワークとネットアナは計測器の初心者には混同されやすい。

ネットワークパケットブローカー(ねっとわーくぱけっとぶろーかー)

企業が持つセキュリティ製品やネットワーク解析装置にパケットを最適化して送信する機器、ソリューション。

熱流計(ねつりゅうけい)

熱流の流速と量を測定する機器。

NEMA規格(ねまきかく)

アメリカ電機工業会(National Electrical Manufacturers Association)、通称「NEMA」(ネマ)が標準化した規格。商用電源のコンセントに接続する電源ケーブルのプラグなどを規定している。NEMAの規格番号は、プラグ形状、定格電圧、定格電流などを示す。たとえばL5-15PはL:プラグ形状が引掛型(無記載は平刃型)、定格:5V/15A、P:Plug(オス、ケーブルの先端にあり、突起があり、差し込む側のコネクタ。RだとReceptacleで、メス、コンセント側の穴の開いたコネクタ)。NEMA規格準拠のプラグ、コンセントや電源タップなどの配線器具をサンワサプライなどが製造販売している。「NEMA規格準拠のプラグ」を略してNEMAプラグと俗称することもある。

NEMAプラグ(ねまぷらぐ)

「NEMA規格準拠のプラグ」を略して呼称したもの。計測器の電源入力は3Pが多いので、当然電源ケーブルも(コンセントに差し込む側は)3Pである。ただし日本の商用電源コンセントは2Pなので、3Pを2Pに変換するアダプタが標準添付されている。1980年頃、HP(現キーサイト・テクノロジー)の付属品リストには、この3P-2P変換アダプタを「NEMAプラグ」と記載していた。そこで、HP製品に親しんでいる人達は3P-2P変換アダプタのことをNEMAプラグと呼んでいた。つまり、NEMAプラグとは3P-2P変換アダプタの別称という解説もできる。

粘度計(ねんどけい)

粘度を測定する機器。電子材料の開発・品質管理には液体の粘度を使っている。 (=ビスコテスタ)

燃料電池(ねんりょうでんち)

(fuel cell)一般的に言われている燃料電池は水素を用いる方式。水を電気分解すると水素と酸素が発生するが、燃料電池はその反応と逆の方法で電気を取り出す。電気を取り出す化学反応:水素+酸素→電気エネルギ+水。この化学反応では電気エネルギと水しか発生しないのでクリーンなエネルギである。水素を供給し続けることが必要なので、「電池」というよりは「発電機」といえる。燃料電池で使われる電解質の違いでいくつかの方式が実用化されている。車載用途としては固体高分子型が最適と考えられている。燃料電池による電動車をFCEVと略記している。エネファーム(ene・farm)の名称(燃料電池実用化推進協議会が名称を統一)で呼ばれている給湯機器も燃料電池が使われている。参考用語:FC参考記事:電動化システムの主要技術と規制動向~進展するxEVの現状と今後。FCEVを含む電動車(xEV)について概説。

  • 1