計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

22

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

アクイジション(あくいじしょん)

(Acquisition)Acquisitionを和訳すると「取得、獲得」。計測器ではメモリレコーダやデータロガーなどで「データ・アクイジション(計測器へのデータの取り込み)」やオシロスコープの「アクイジション・モード」というように使われる用語である。データ集録を示す「DAQ(ダック)」は「Data AcQuisition」の略記である。テクトロニクスの冊子「リアルタイム・スペクトラム解析のすべて(2009年9月発行)」ではスペクトラムアナライザの用語として「アクイジション:時間的に連続した整数個のサンプルあるいは信号の取込み」と解説されている。

アクイジション時間(あくいじしょんじかん)

アクイジション(Acquisition)はデータ集録機器(データロガーなど)やオシロスコープで使われる用語だが、テクトロニクスの冊子「リアルタイム・スペクトラム解析のすべて(2009年9月発行)」ではスペクトラムアナライザの用語として「アクイジション時間:1つのアクイジションで表される時間の長さ」と解説されている。

X-Yレコーダ(えっくすわいれこーだ)

X軸とY軸の2つに電圧信号を入力し、その相互関係の波形を記録するレコーダ。現在はほとんど生産されていない。

オシログラフィック・レコーダ(おしろぐらふぃっくれこーだ)

横河電機(現横河計測)のOR1400やORM1300などの品名。メモリーレコーダ(やデジタルオシロスコープ)のように、レコーダ(やオシロ)が半導体メモリを備えたデジタル機器が主流になっていく時代に、計測用レコーダの老舗である同社がデジタル式のレコーダとして世に問うた製品群だった。現在の横河計測にはこの品名の製品は無いが、DL750からDL850、DL950へと続くスコープコーダ(同社のオシロの通称である「DL」を冠したレコーダ。同社オシロの形名はDL5000やDLM3000のように数字4桁だが、レコーダであるスコープコーダは数字3桁)にそのDNAは継続している。日置電機のメモリーハイコーダや、三栄測器(旧NECアビオニクス、現エー・アンド・デイの工業計測機器部門)のオムニエースのように、横河計測のメモリレコーダの1種である。OR1400は2001年4月1日に販売終了し、後継機種はDL850/EやDL350(2021年3月現在)。ORM1200/1300の製品カタログの表紙には「高速ユニバーサルレコーダ」と記載されている。カタログには「ORMシリーズは高速ユニバーサルレコーダの最新の進歩である。複数の絶縁アナログチャネルを装備し、ロジックチャネルもオプションで追加できる」旨が記載されていた。

オムニエース(おむにえーす)

エー・アンド・デイ(旧NECアビオニクス / 三栄測器)のメモリレコーダの通称。

カレントモニタ(かれんともにた)

クランプセンサと組み合わせてレコーダやオシロスコープに接続し、電流波形を記録・観測する機器。

記録計(きろくけい)

電圧信号の変化を紙やメモリに記録する測定器。(=レコーダ)

サーマルアイレコーダ(さーまるあいれこーだ)

グラフテックのメモリレコーダの品名。

自記記録計(じききろくけい)

付属の専用センサーで温湿度を測定し、記録する機器。自記温度計とも呼ばれる。

スコープコーダ(すこーぷこーだ)

横河計測のメモリレコーダ(現在のレコーダの主流の、メモリに蓄積して表示するデジタル式のレコーダ)の品名。愛称(現在は形名)は同メーカのオシロスコープ(オシロ)と同じDL。実体はレコーダだが、オシロと同じ愛称をつけたのにはメーカ内部の深い事情が推察される。横河には2系統のレコーダがある。1つは工業計器のセンサとして主に温度を記録するもの。横河電機はIA(インダストリー・オートメーション)/FA(ファクトリー・オートメーション)の会社なので、プラントや工場の温度を記録する目的のレコーダをソリューション部門がラインアップしている。特長はペーパーレスで、通信でデータを送る。本体や表示画面は無く、入力信号の種類別のモジュールを電源モジュールなどにスタック(横に重ねて付けて伸ばしていく)ようなタイプもある。工場内のデータ集録を第一の主眼にしている。同業者の代表メーカはチノーなど。2つめは計測器の主流であるレコーダ。日置電機のメモリーハイコーダや、エー・アンド・デイ(旧NEC三栄)のオムニエースのような、レコーダの王道の機種群。ここに位置するのがスコープコーダで、横河電機の計測器事業部だった現横河計測がつくった。横河のレコーダというと工業計器の記録計が連想されるので、そうではなく計測器事業部が作った(計測器としての)レコーダである、と計測器事業部の看板商品のDLの名前を付けたと推定される。そのため、レコーダなのに、オシロです、という体をしていた。あるレンタル会社はDLという名前に配慮して、オシロのページにスコープコーダを掲載していた。現在のメーカHPではオシロ(波形測定器)ではなくデータロガー/データ収集(DAQ)の項目に「高速データロガー」の注釈で掲載されている。スコープコーダの前身といえる機種にオシログラフィックレコーダ(OR1400など)というオシロのような品名のレコーダがあった。このように横河の計測器部門にはレコーダとオシロの混血のような品名が見受けられる。

DATデータレコーダ(だっとでーたれこーだ)

DATテープにデータを記録するデータレコーダ。記録メディアとしてのDATテープの生産中止にともない、現在はほとんど生産されていない。

打点レコーダ(だてんれこーだ)

リボンカセットで紙に記録するタイプのレコーダ。一般のレコーダとしては現在はほとんど生産されていない。

データレコーダ(でーたれこーだ)

テープ等の大容量・長時間記録ができるメディアにデータを記録するタイプのレコーダ。記録計(レコーダ)の主流はアナログからデジタルに変わり、デジタルオシロ同様、サンプリングしたデジタルデータで記録される。ただし、従来の測定データ(バックエンド)は長らくアナログデータとして保存・保管されてきた。何か不具合や問題が発生すると、保存してあるアナログデータをデータレコーダに入力し再生させる(データレコーダと普通のレコーダの違いは再生機能)。あたかも今、その現象(振動や騒音やひずみ)が発生している状態を再現し、問題解析や分析を行う。保険の意味も含めて、既存メディアで保管されているアナログデータを再生できる測定器としてデータレコーダは需要を保ってきたが、メディアとしてのテープが生産中止になるとすべてのデータレコーダは生産中止になった。近年SSDなど(HDDより信頼性が高い大容量記録媒体)の安価な普及に伴い、廃止から10年近いブランクをおいて国内計測器メーカ1社がデータレコーダの新製品を発売した。輸送機器などの評価に多チャンネルのひずみ・振動測定用として使われているが、多チャンネルデータロガー(ひずみ測定に特化した専用モデル)もこの分野には普及している。昔からの再生機能があるデータレコーダは鉄道、飛行機などの運輸や、宇宙・防衛の市場でまだ使われている。ひずみデータロガーに置き換えたユーザも多いが、前述の1社が再発したように、データレコーダはまだ国内に根強い人気(需要)があると推定される。

デジタルデータレコーダ(でじたるでーたれこーだ)

MO等にデータを記録するデータレコーダ。現在はほとんど生産されていない。

電磁オシログラフ(でんじおしろぐらふ)

高速の信号を記録するレコーダ。主に温度・歪・変位などの測定で使用する。現在はほとんど生産していない。略称:電磁オシロ。「オシロ」という名前が付いているが、機種分類はオシロではなくレコーダ・記録装置に入る。ブラウン管を用いたオシロスコープ(いわゆるアナログオシロ)が発明される以前から使われていた波形測定器。電磁オシログラフは多チャンネルにできるため、電力・機械の分野で1980年代くらいまで広く使われたが、サーマルアレーヘッドを使って高速に感熱紙に波形を記録するタイプのレコーダに取って代わられた。さらに現在は半導体メモリに記録や保存を行うメモリレコーダがレコーダの主流となっている。アナログオシロがメモリーにストレージ(蓄積)するデジタル式(DSO)に代わったように、レコーダもデジタル式(=メモリレコーダ)が主流となった。記憶媒体は紙が少なくなり(ペーパーレス)、ネットワークを介して測定データを収集するモデルもあるが、重電業界(電力や鉄道など)ではいまだに紙で残すことが多い。そのためA4サイズの紙に印字できる大型のモデルがメモリレコーダの主力タイプの1つである。

VHSデータレコーダ(ぶいえっちえすでーたれこーだ)

VHSカセットテープにデータを記録するデータレコーダ。現在はほとんど生産されていない。

ペンレコーダ(ぺんれこーだ)

ペンで紙に記録するタイプのレコーダ。設置型の温度記録計(ロール紙にペンで温度を記録する)にこの形式が残るだけで、レコーダの主流はデジタルメモリを装備した、デジタルデータで記録するメモリレコーダになっている。

メモリオシログラフ(めもりおしろぐらふ)

データをメモリに記録し、感熱紙に印字するタイプのレコーダ。現在のレコーダの主流。「メモリレコーダ」とも呼ばれ、こちらの表現が一般的。「オシログラフ」という名称は横河電機(現横河計測)が好んで使用していた(オシログラフィック・レコーダの項目を参照)。印字機能が無い(ペーパーレス)製品が増えている。たとえば日置電機のメモリーハイコーダなど。ただし鉄道分野に強いオムニエース(現エー・アンド・デイ、旧三栄測器/NECアビオニクス)は印字機能を特長にし続けている。電圧の時間変化を測定し、波形表示する機能はデジタルオシロスコープ(オシロ)と同じ。入力数はオシロより多く(8~32ch)、絶縁されている。サンプリング時間はオシロより遅い(100MS/s以下)が、オシロより長時間の記録ができる。測定器の原理はデジタルオシロと同じだが、使用用途・アプリケーションは全く異なる。

メモリハイコーダ(めもりはいこーだ)

日置電機のメモリレコーダの品名。

メモリレコーダ(めもりれこーだ)

データをメモリに記録し、感熱紙に印字するタイプのレコーダ。 現在の計測用レコーダの主流の機種群の総称。「メモリオシログラフ」という呼び方をするメーカもある。オシロスコープのように、計測器がアナログからデジタルに進化し、技術革新によって半導体メモリが安価になったことで、レコーダ(記録計)もデジタルオシロスコープのように、メモリを備えたデジタル式になった。従来、レコーダはその名の通り「紙に印字して残す(記録する)」ものだが、デジタルオシロスコープ同様にペーパーレス(印字機能が無い)モデルが多くなっている。メモリレコーダのNo1機種であるメモリハイコーダ(日置電機)や、スコープコーダ(横河計測)などは印字機能が無い。オムニエース(エー・アンド・デイ)は印字機能があることが最大の特長といえる。