計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

66

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

Rx(あーるえっくす)

有線・無線通信で受信データのこと。Received dataの略記(小文字のxはデータの意味)。受信機(レシーバ)のことをRxと記述している例もある。

RF(あーるえふ)

(Radio Frequency)別名:無線周波数。和訳すると「ラジオ周波数」。無線通信に使われる周波数のこと。「高周波」と表現されることもある。正確に何Hzの周波数範囲を指すかは文献によってさまざまで、定義は難しい。無線通信が始まったとき、無線機(ラジオ)で通信できるキャリア(搬送波)の周波数範囲をRFと呼称したと推測され、MHz~GHzの周波数を指している。計測器でRFの測定器というと、スペクトラムアナライザを筆頭に信号発生器(SG)や高周波パワーメータ(低周波の「デジタルパワーメータ」ではなくRFパワーメータ)などの高周波の(無線の)基本測定器が相当する。ネットワークアナライザを含める場合もある。同じRFの周波数帯の測定器でも、携帯電話などの特定の通信方式に対応した測定器(ワンボックステスタ、無線機テスタ、シグナリングテスタなど)は(基本測定器ではなく)専用器なので当サイトでは「無線/移動体測定器」という別カテゴリーに分類している。

RFパワーアンプ(あーるえふぱわーあんぷ)

RF帯で使用される電力増幅器。RFとはRadio Frequencyの略で、無線通信などに使われる周波数のこと。「高周波」と表現されることもある。

RFパワーセンサ(あーるえふぱわーせんさ)

(RF power sensor)高周波電力計(RFパワーメータ)のセンサ。高周波電力の値を測定するために各種のセンサがあり、用途によって使い分けられている。

RFパワーメータ(あーるえふぱわーめーた)

高周波信号の電力を測定する機器。別名:高周波パワーメータ、高周波電力計。

アイソレータ(あいそれーた)

高周波電力を1方向にだけ通す電子部品。サーキュレータに終端抵抗を接続したもの。

アッテネータ(あってねーた)

(Attenuator) 歪みを発生させることなく、電圧信号を減衰させる機器。和訳は「減衰器」だが、もはや「アッテネータ」は日本語として頻繁に使われている。スペクトラムアナライザ(スペアナ)の用語としては、スペアナがひずみの生じにくい最適な入力レベルで信号観測するために、スペアナ内部の入力ミキサ回路前にある減衰器のことをいう。

アッテネータパッド(あってねーたぱっど)

(Attenuator pad) インピーダンス不整合を改善する目的で使用される減衰量が固定の高周波アッテネータを「アッテネータパッド」と呼ぶ。6dB, 10dB等のアッテネータが使用されることが多い。

アンプ(あんぷ)

小さい電圧信号を大きく(増幅)する機器。和訳は「増幅器」だが、「アンプ」はもはや日本語で広い分野で頻繁に使われている。計測器としては高電圧対応の電力増幅器(パワーアンプ)や高周波対応のプリアンプなどがある。増幅する目的に応じて、それぞれ電圧アンプ・電流アンプ・電力アンプと呼ばれることもある。電力増幅器(パワーアンプ)はバイポーラ電源や交流電源などの電源の1種としてカテゴリーされている。プリアンプはRF測定器の代表であるスペクトラムアナライザの周辺機器の1つである。

位相変調(いそうへんちょう)

(Phase Modulation) 変調方式の一つ。搬送波に対して変調信号の変化に合わせて位相(θ)の大きさを変化させる。位相変調(Phase Modulation) の頭文字をとって "PM"と略表記される。また位相を”φ”と表記することがあり、位相変調を”φM”と表記することもある。

インピーダンス整合(いんぴーだんすせいごう)

(Impedance matching) 回路要素(回路素子あるいは測定機器)から伝送線路(例えば同軸ケーブル)へ、あるいは伝送線路から回路要素へ、あるいは特性インピーダンスが異なる伝送線路へ電気信号を伝達する場合、それぞれの特性インピーダンスが異なるとエネルギーの一部が反射して、電気信号を効率良く伝達できない。そのため境界部に整合回路を挿入してそれぞれの特性インピーダンスを合わせることをインピーダンス整合という。特に高周波回路においてはあらゆる伝送線路やコネクタについて特性インピーダンスを指定して電気信号の反射による効率低下を防ぐようにしている。

ATT(えーてぃーてぃー)

Attenuator の略。この表記(略記)で読み方は「アッテネータ」の場合も多い。(=減衰器)

SWR(えすだぶりゅあーる)

(Standing Wave Ratio)用語の電圧定在波比を参照されたい。

カップラ(かっぷら)

信号と信号を結合させる機器。(=方向性結合器)

可変アッテネータ(かへんあってねーた)

減衰量を可変出来る減衰器。(=可変抵抗減衰器)

可変抵抗減衰器(かへんていこうげんすいき)

減衰量を可変出来る減衰器。(=可変アッテネータ)

高周波アッテネータ(こうしゅうはあってねーた)

(RF Attenuator) 高周波信号レベルを適切なレベルまで減衰させるコンポーネントあるいは電子機器。高周波(Radio Frequency)、アッテネータ(Attenuator)から "RF ATT"と略表記されることもある。 この信号レベルを減衰させる量を「減衰量」と呼び、通常デシベル(dB)という単位を用いて表す。例えば 10 dBのアッテネータは、信号レベルを10分の1に減衰させる。アッテネータは、通常通過する信号の周波数に影響されない無誘導抵抗体で構成されていて、抵抗減衰器とも呼ばれる。

高周波電圧計(こうしゅうはでんあつけい)

高周波の電圧を測定する機器。(=電子電圧計)

高周波電力計(こうしゅうはでんりょくけい)

高周波信号の電力を測定する機器。別名:高周波パワーメータ、RFパワーメータ。計測器で電力を測定する機種群には3つある。1.デジタルパワーメータは商用周波数(50/60Hz)から100kHz程度の低周波の電力をデジタル表示する。代表機種である横河計測のWT5000は0.1Hz~1MHzに対応。センサ直結型とクランプ入力型の2種類があり、従来は前者は横河計測、後者は日置電機がラインアップが多かった。2.高周波(RF)に対応した高周波電力計。スタンドアロン型でデジタル表示のモデルが主流。アンリツやキーサイト・テクノロジーがモデルが多い。センサが複数あり、用途によって使い分けられる。技術はほぼ確立しているため大きな機種更新はない。3.指針型のアナログ表示のモデルを「電力計」と呼ぶ。ただし1のデジタルパワーメータを単に「電力計」と記載している資料もあるので注意。

高周波パワーメータ(こうしゅうはぱわーめーた)

高周波信号の電力を測定する機器。別名:RFパワーメータ、高周波電力計。通信計測器メーカのアンリツやローデ・シュワルツ、キーサイト・テクノロジーなどがラインアップしている。パワーメータには低周波の機種群もあり、これはアプリケーションが違う全く別のカテゴリーだが、アンリツやキーサイト・テクノロジーは高周波パワーメータしかつくっていないが品名は「パワーメータ」で、わざわざ「高周波パワーメータ」とはいっていない。アンリツは無線通信測定器のほぼ専業メーカなので高周波のパワーメータであることは推測できるが、低周波から高周波までほぼ全製品をラインアップするキーサイト・テクノロジーが低周波のパワーメータはつくっていないことを知っていないと、キーサイトの「パワーメータ」が高周波パワーメータであることを瞬時に理解することは難しい。低周波のパワーメータもメーカによって表記が異なる。横河計測の品名は「デジタルパワーメータ」、日置電機は「パワーメータ」。品名からは高周波パワーメータかどうかはまったく判別ができない。光通信に使われるパワーメータは通常「光パワーメータ」や「OPM(Optical Power Meter)」と記載されるので間違うことはない。