計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

45

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

Rx(あーるえっくす)

Received dataの略。有線・無線通信で受信データの略記。小文字のxはデータの意味。

RF(あーるえふ)

Radio Frequency の略 (=無線周波数)。

アンテナ(あんてな)

無線信号を送受信する機器。

アンプ(あんぷ)

小さい電圧信号を大きく(増幅)する機器。(=増幅器)高電圧対応の電力増幅器や高周波対応のプリアンプなどがある。増幅する目的に応じて、それぞれ電圧アンプ・電流アンプ・電力アンプと呼ばれることもある。

位相変調(いそうへんちょう)

(Phase Modulation) 変調方式の一つ。搬送波に対して変調信号の変化に合わせて位相(θ)の大きさを変化させる。位相変調(Phase Modulation) の頭文字をとって "PM"と略表記される。また位相を”φ”と表記することがあり、位相変調を”φM”と表記することもある。

エリアテスタ(えりあてすた)

携帯電話の基地局設置後、基地局から発射された電波を受信し、その電波伝搬特性を評価する測定器。

LPWA(えるぴーだぶりゅえー)

(Low Power Wide Area)低消費電力、低コスト、長距離通信が可能(10 km~)、小データサイズ、低スループットという特徴がある。その中で大きく分けるとセルラー系のLTE-M、NB-IoTという規格と、携帯電話事業者でなくても誰でも使えるLoRa(ローラ)という規格の2種類がある。2018年から携帯電話事業者がサービスを開始した。

OFDM(おーえふでぃーえむ)

(Orthogonal Frequency Division Multiplexing) 直交周波数分割多重。無線通信で使われるデジタル変調の技術の1つ。Wi-Fi、無線LANなど、近年導入が進んでいるはやりの無線通信方式で使われている。デジタル変調の解析ができるスペクトラムアナライザ(シグナルアナライザ)で測定を行う。

コンスタレーション(こんすたれいしょん)

(constellation)直訳は「星座」。デジタル変調の評価をIQ座標の点で表示する手法。表示が星座のように見えることに由来する。

サイトマスタ(さいとますた)

基地局の建設・保守時に、アンテナ給電線のVSWR・リターンロスの測定や電気長の測定、障害位置 の探索を行うフィールド用ケーブル・アンテナ・アナライザ。主にアンリツ製品を指すことが多い。

CDMA(しーでぃーえむえー)

Code Division Multiple Access の略。「符号分割多重接続」の意味で、携帯電話などの無線通信に使われる方式の一つ。

GPS(じーぴーえす)

Global Positioning System の略。人工衛星を利用して自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステム。

GPS受信機(じーぴーえすじゅしんき)

GPS衛星の信号を受信する機器。

GPS信号発生器(じーぴーえすしんごうはっせいき)

GPS信号を発生する測定器。GPSはGlobal Positioning Systemの略(直訳:全地球測位システム)。測定器としては株式会社計測技術研究所・目黒電波測器事業部(旧株式会社目黒電波測器、2016年に計測技研に合併)のGNSS(※)疑似信号発生器などがあり、GPS製品の検査に活用されている。※GNSS:(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)。GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)などの衛星測位システムの総称。

シグナリングテスタ(しぐなりんぐてすた)

携帯電話の音声通話・コンテンツダウンロード・TV電話等の端末のアプリケーション機能試験を行う測定器。擬似基地局や基地局シミュレータとも言われる。主にアンリツ製品を指す。

シグナルジェネレータ(しぐなるじぇねれーた)

主に無線通信機器の試験用信号を発生する測定器。(=標準信号発生器、RF信号発生器)

ZigBee(じぐびー)

家電向けの短距離無線通信規格の一つ。Bluetoothと同種の技術で、Bluetoothよりも低速で伝送距離も短いが、代わりに省電力で低コストという利点がある。

振幅変調(しんぷくへんちょう)

(Amplitude Modulation) 一般に,搬送波の信号は下式のようにあらわせる。ここでA: 振幅,ω: 角速度(=2πf ,f: 周波数),θ: 位相 である。この搬送波に対して、変調信号の変化に合わせて振幅(A)の大きさを変化させるのが振幅変調である。振幅変調(Amplitude Modulation)の頭文字をとって "AM"と略表記される。

3GPP(すりーじーぴーぴー)

3rd Generation Partnership Project の略。第3世代(3G)移動体通信システムの標準化プロジェクト。また、同プロジェクトによる移動体通信システムの標準規格。

送信機テスタ(そうしんきてすた)

携帯電話の基地局・端末の開発・製造をはじめ、基地局の建設・保守までの送信特性を測定する機器。主にアンリツ製品を指す。