計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

5

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

ツイストペア(ついすとぺあ)

(twisted pair cable)2本で対になっているケーブルをよりあわせたケーブル。日本語では撚り対線(よりついせん)だが、「ツイストペアと呼称されることが多い。よりあわせていない2本線よりもノイズの影響を受けにくいため、昔から電話線などに使われてきた。LANケーブルにも使われている。外側を金属で覆いシールドしたものをSTP(Shielded Twisted Pair)、シールドの無いものをUTP(Unshielded Twisted Pair)という呼び方で区別する。伝送速度が速いとノイズ対策のためにSTPを使用する傾向がある。

通称(つうしょう)

通称(または愛称)はメーカが商品につけるニックネームのこと。メーカ内の開発コードがまるで形名のように語られることもある。ほとんどの計測器には通称はない。まず一般的な例で示そう。東芝の映像商品(TV、DVDレコーダ)はREGZA(レグザ)、シャープの液晶テレビはAQUOS(アクオス)、以前SONYが作っていたノートPCはVAIO(ヴァイオ)。これらは品名(DVDレコーダ、液晶テレビ)でも、注文時に指定する形名でもないが大変良く呼ばれている名前で、これが通称。計測器にも通称があり、代表例は横河計測。形名710110のミックスドシグナルオシロスコープにはDLM2024の通称がある(横河のデジタルオシロの通称DLでミックスドシグナルのネーミング。通称の02は周波数帯域200MHz、末尾の4は4chを表す)。この通称が厄介である。通称が製品カタログに大きく明記され、メーカ営業も顧客も通称で呼び合う。ただし、いざ発注時には710110に、メモリを62.5Mポイントに拡張する「M2」、プリンタを内蔵する「B5」などのオプション形名を長々と指定する。YHP(横河ヒューレット・パッカード)の技術者が「流通しているDL1500やWT100という形名では仕様が決定しない。まったく別体系の文字列(こちらが本当の形名)でオプションを確認しないと機種指定できない。形名が2つあり煩雑だ」と嘆いていた。吸収した安藤電気はAQ2105などの形名で、オシロもDLM3000からはこの通称が形名となり、新製品は通称はなくなった。この例は大変レアケースだが、デジタルパワーメータをWT、デジタルオシロをDL、電圧電流発生器&モニタをGSなど、横河は(形名とよく似た)通称を長らく流布してきた。HP(ヒューレット・パッカード)の計測器は開発時にコードネームがあり、形名決定・新製品発表まではそれで呼ばれ、発売後でも営業は機械的な形名より社内では好んでその名を使ったというが、最近のキーサイト・テクノロジーのRF製品群は通称を全面に押し出している。通称の命名法則もあり、たとえば形名N5166Bは安価な信号発生器だが、このクラスの機種をCXG(CクラスのSGの意味)と呼称している。

通信計測器(つうしんけいそくき)

有線(光通信など)と無線(ワイヤレス)がある。新しい通信方式が開発されるとそれを評価する測定器が現れる。その時代の通信方式に対応するため、計測器の寿命が短い専用器が多い(2年位で次モデルがでてくる場合もある)。基本測定器は有線では光測定器の光パワーメータ(OPM)、光源、光スペクトラムアナライザなど、無線ではRFのパワーメータ、信号発生器、スペクトラムアナライザである。有線の通信測定器は、1. プロトコルアナライザ:RS-232Cなどの低速のオンラインモニタ(ラインモニタなど)と、バスアナライザ、超高速のギガビットLAN(※)などのモデルがある。無線LANのプロトコルアナライザもある。2.ネットワーク測定器:ここでいうネットワークとは通信回線網のことで、交換、伝送、IPなどの伝送品質を評価したり、端末や通信装置の代わりになってエミュレーションしたりする測定器。SDH/SONETアナライザ、BERT(ビット誤り率試験器)や疑似呼(コールシミュレータ)、IP負荷試験器など。3.光測定器:光通信やDVDなどの測定器。光パワーメータ(OPM)、光源、光スペクトラムアナライザ、OTDRなど。4.ケーブルテス:OSI参照モデルの物理層(レイヤ1)の測定器。LANのケーブルテスタやTDR(障害位置試験器)など。5.アナログの伝送線路の測定器:レベルメータ、選択レベル計など。以前はアンリツや安藤電気がつくっていたがほぼ撤退し、今は大井電気がラインアップしていて、ユーザは工事会社が多い。 上記2の機種群は高速になると電気でなく光通信になるので、光測定器の機能を持つが、それらは光通信の基本測定器ではなく通信方式に対応した専用測定器なので、2に分類される。3の光測定器はOPMや光スペクトラムアナライザなどの光の基本測定器と、OTDRや光ロステスタなどの光ファイバ用の専用測定器がある。 デジタル伝送品質の評価の1つであるアイパターンの測定は、主にサンプリングオシロスコープで行われてきた。インタフェースは電気と光の両方がある。アプリケーションは通信であるが、製品はオシロスコープ(&光測定器)である。代表例がキーサイト・テクノロジーのDCA(デジタルコミュニケーションアナライザ)だったが、広帯域オシロスコープ(高速オシロスコープ)が普及した現在では、生産中止になっている。 無線の通信測定器は、別名RF測定器や高周波測定器と呼ばれる。1.基本測定器:標準信号発生器(SG)、スペクトラムアナライザ(スペアナ)、高周波パワーメータ。2.通信方式に対応した専用測定器:移動体通信用のワンボックステスタや無産機テスタ、送信機テスタなどの変調解析機能があるスペアナ、シグナリングテスタなど。「無線LANのアナライザ」というと、RF(無線)の項目を評価するモデルはこの項目に分類されるが、プロトコル解析のモデルは(扱っているのが無線であるが)有線の測定器であるプロトコルアナライザに分類される。 ネットワークアナライザ(ここでいうネットワークとは高周波部品の回路網のこと)は有線の測定器だが、高周波の測定器なので、RF(無線の測定器)と並べて説明されることが多い。高周波デバイスなどを評価する専用器である。参考用語:光通信測定器 (※)ギガビットLANのプロトコルアナライザの取材記事: 東陽テクニカ自社開発の大容量パケットキャプチャ/解析システム「Synesis」100GbE回線対応モデル

True RMS(つるーあーるえむえす)

「真の実効値」の略記。RMS(Root Mean Square)は実効値。デジタルマルチメータ(DMM)などで電圧測定する際に、交流信号の実効値を掲載する方式には2つある。「平均値整流方式(MEAN)」は信号を正弦波として計算する。計測器に特に記載がない場合は、この方式。「真の実効値方式(True RMS)」は高速でデジタルサンプリングされたデータから理論的な数値計算をする。信号が綺麗な正弦波でないときや、ノイズが載っているときは後者の方式が適している。インバータなどの普及によってTrue RMS方式の計測器が増えたが、平均値整流方式のモデルよりも高額になる傾向がある。また、モデルによって性能が違うためどれだけ正確に測定できるかは注意がいる。参考記事:デジタルマルチメータの基礎と概要 (第3回) 「DMM測定機能と確度仕様」

Truevolt(つるーぼると)

キーサイト・テクノロジーのベンチトップのデジタルマルチメータ(DMM)の最近のシリーズ名。34460A以降のモデルが相当する。34460A、36641A、34468A、34470AがTruvoltシリーズ。上記の4モデルは汎用タイプ(5.5桁と6.5桁)で、上に8.5桁の高精度DMM3458Aがあり、下には5.5桁の安価モデル34450A(OLEDディスプレイ)などがある。またその他に34420Aナノボルト/マイクロ・オーム・メータがある。(2022年5月現在のラインアップ)参考記事:「デジタルマルチメータの基礎と概要 Part2 (第1回)の2ページ目」キーサイト・テクノロジーのラインアップの主要な仕様比較が表になっている。

  • 1