計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

1

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

通称(つうしょう)

通称(または愛称)はメーカが商品につけるニックネームのこと。メーカ内の開発コードがまるで形名のように語られることもある。ほとんどの計測器には通称はない。まず一般的な例で示そう。東芝の映像商品(TV、DVDレコーダ)はREGZA(レグザ)、シャープの液晶テレビはAQUOS(アクオス)、以前SONYが作っていたノートPCはVAIO(ヴァイオ)。これらは品名(DVDレコーダ、液晶テレビ)でも、注文時に指定する形名でもないが大変良く呼ばれている名前で、これが通称。計測器にも通称があり、代表例は横河計測。形名710110のミックスドシグナルオシロスコープにはDLM2024の通称がある(横河のデジタルオシロの通称DLでミックスドシグナルのネーミング。通称の02は周波数帯域200MHz、末尾の4は4chを表す)。この通称が厄介である。通称が製品カタログに大きく明記され、メーカ営業も顧客も通称で呼び合う。ただし、いざ発注時には710110に、メモリを62.5Mポイントに拡張する「M2」、プリンタを内蔵する「B5」などのオプション形名を長々と指定する。YHP(横河ヒューレット・パッカード)の技術者が「流通しているDL1500やWT100という形名では仕様が決定しない。まったく別体系の文字列(こちらが本当の形名)でオプションを確認しないと機種指定できない。形名が2つあり煩雑だ」と嘆いていた。吸収した安藤電気はAQ2105などの形名で、オシロもDLM3000からはこの通称が形名となり、新製品は通称はなくなった。この例は大変レアケースだが、デジタルパワーメータをWT、デジタルオシロをDL、電圧電流発生器&モニタをGSなど、横河は(形名とよく似た)通称を長らく流布してきた。HP(ヒューレット・パッカード)の計測器は開発時にコードネームがあり、形名決定・新製品発表まではそれで呼ばれ、発売後でも営業は機械的な形名より社内では好んでその名を使ったというが、最近のキーサイト・テクノロジーのRF製品群は通称を全面に押し出している。通称の命名法則もあり、たとえば形名N5166Bは安価な信号発生器だが、このクラスの機種をCXG(CクラスのSGの意味)と呼称している。

  • 1