計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

130

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

アイソレーショントランス(あいそれーしょんとらんす)

入力と出力が分離しており電気的に絶縁状態にある変圧器。 (=絶縁トランス)

アクティブフィルタ(あくてぃぶふぃるた)

スイッチング電源機器では、入力電流波形を改善し力率を良くするためのチョッパ回路を、アクティブフィルタと呼ぶことが多い。一般には、トランジスタやICなどの能動素子を使用し、特定の周波数のみを通過させることを目的とした回路網や装置のこと。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

安定化電源(あんていかでんげん)

商用電源を、必要な安定した電圧・電流に変換する装置。(=電源)交流安定化電源と直流安定化電源に大別される。

AC電源(えーしーでんげん)

交流(AC)の電圧・電流を発生する測定器。(=交流電源)

AVR(えーぶいあーる)

(Automatic Voltage Regulator) 直訳すると「自動電圧調整器」。交流発電機の電圧を一定に保つ装置。重電機器(電力関連機器)の1つで、発電所に設備され、負荷変動によっても発電所の出力電圧が安定するようにしている。交流電源のことをAVRと呼ぶことがある。

OCP(おーしーぴー)

(Over Current Protection)過電流保護回路。出力が何らかの原因で短絡した時などに負荷を想定以上の電流から保護するための機能。使用する負荷の必要容量よりもはるかに電流容量の大きい電源を使用する際などに重宝する。定電流設定(CC)機能がある電源では、定電流設定(CC)値の誤設定時の最終保護としても使用できる。常にOCP>CCの関係になるように設定する。別名カレントリミッタともいう。過電流保護が動作した場合はほとんどの電源が出力を停止する。その場合、電源再投入で復帰する。(株式会社高砂製作所の用語集より)

オートマチックVCリミッター(おーとまちっくぶいしーりみったー)

電源メーカの老舗、高砂製作所の電源の機能。同社の用語集には次の解説がある。当社は定電圧動作と定電流動作を電子的に負荷抵抗の値によって自動的に、しかもシャープに切り換わる、定電圧/定電流直流電源をいち早く開発した。定電圧電源として使用する場合は、0~最大定格出力電流まで任意に可変できる電流リミッターとして動作し、定電流電源として使用する場合は、0~最大定格出力電圧まで任意に可変できる電圧リミッターとして動作する。定電圧/定電流オートマチック・クロスオーバー方式ともいう。

OVP(おーぶいぴー)

(Over Voltage Protection)過電圧保護回路。出力電圧が何らかの原因で負荷の耐圧を超えないように保護する機能。使用する負荷の必要電圧よりもはるかに高い電圧を出力可能な電源を使う場合に有効。CV(定電圧設定)機能のある電源では、CV値の誤設定時の最終保護としても使用できる。常にOVP>CVの関係になるように設定する。過電圧保護が動作した場合は、ほとんどの電源が出力を停止する。その場合、電源再投入で復帰する。(株式会社高砂製作所の用語集より)

回生電流(かいせいでんりゅう)

回生機能付き直流電源や回生機能付き電子負荷などで、電子負荷として電力を吸収してACラインに回生しているときの電流や状態(シンク電流/シンク状態)。(株式会社高砂製作所の用語集より)

カスケード接続(かすけーどせつぞく)

(Cascading connection、Cascade connection)LANなどでケーブルを接続するやり方の1つ。ハブ(接続を中継する装置)を介して数珠つなぎに接続する方法。

活線挿抜(かっせんそうばつ)

(Hot Swap)装置の電源を入れたまま、その装置を脱着することのできる方式。通信機器やサーバ・ルータの電源などで電源装置を2重化(冗長構成)して、もし故障した場合は、運用中(通電中)のまま故障した電源装置を交換できる方式のこと。(株式会社高砂製作所の用語集より)

過渡回復時間(かとかいふくじかん)

(transition recovery time)電源装置の負荷電流の急変に対する出力電圧の瞬間的な影響度を表わすもの。定電圧電源において急激な負荷電流変動時に、設定した定電圧状態に回復する時間。出力急変に対し定常状態に回復する時間の指標。「過渡回復」と略したり、「過渡応答時間」ともいう。応答速度が速いといくつかの利点がある。(株式会社高砂製作所の用語集より)

逆Lの字保護(ぎゃくえるのじほご)

計測用電源が過電流状態になった時の復帰のタイプには「フの字保護」と「逆Lの字保護(自動垂下方式)」の2種類がある。逆Lの字保護タイプは、過電流状態になると出力電圧が低下して僅かな電流が流れ続け、障害復旧すると元の状態に戻る。(株式会社高砂製作所の用語集より)

高速電力増幅器(こうそくでんりょくぞうふくき)

高速信号を扱う電力増幅器。

高速バイポーラ電源(こうそくばいぽーらでんげん)

エヌエフ回路設計ブロックの電力増幅器の品名。

高調波電流(こうちょうはでんりゅう)

一般に「高調波」というと、ある周波数の信号の、整数倍の周波数の信号のことを指す。電力供給システムでは商用周波数の整数倍の周波数成分を持つ正弦波を高調波と呼び、電源の品質に関する説明で良く使われる。計測用電源の代表的メーカである菊水電子工業の製品総合カタログ(電源・電子負荷に関する用語)には「高調波電流とは、商用電源ラインの負荷に流れる電流で、基本波以外の周波数成分のこと」と説明されている。一般に基本波の整数倍という意味がある「高調波」は、無線通信から音響まで、電気の各分野で使われる幅広い概念であるが、「高調波電流というと、特に電源の分野を指す」という説明である。

効率(こうりつ)

電源機器の入力電力に対する、出力電力の比を百分率で表したもの。但し、交流入力/直流出力の直流電源の場合は、交流入力電力と力率の積に対する出力電力の比を百分率で表したものとなる。(株式会社高砂製作所の用語集より)

交流安定化電源(こうりゅうあんていかでんげん)

交流の電圧・電流を発生する測定器。(=交流電源)

交流電源(こうりゅうでんげん)

交流の電圧・電流を発生する測定器。(=AC電源)

コンデンサインプット型整流負荷(こんでんさいんぷっとがたせいりゅうき)

交流を直流に変換する回路で、整流の後でコンデンサを挿入した回路。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)