計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

149

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

アイソレーショントランス(あいそれーしょんとらんす)

入力と出力が分離しており電気的に絶縁状態にある変圧器。 (=絶縁トランス)

アクティブフィルタ(あくてぃぶふぃるた)

スイッチング電源機器では、入力電流波形を改善し力率を良くするためのチョッパ回路を、アクティブフィルタと呼ぶことが多い。一般には、トランジスタやICなどの能動素子を使用し、特定の周波数のみを通過させることを目的とした回路網や装置のこと。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

安定化電源(あんていかでんげん)

商用電源を、必要な安定した電圧・電流に変換する装置。交流安定化電源と直流安定化電源に大別される。電源には出力を安定化させる機構を持っていないものもあるが、計測器としての電源は任意に設定した値で安定に出力することが必須なため、安定化電源と呼ばれる。計測器(計測用電源)の場合は略して「電源」と表記されることが多い。

移動体通信用電源(いどうたいつうしんようでんげん)

携帯電話の生産ラインで検査用に使われた計測用電源の総称。1995年にNTTドコモから4種類の形状の携帯電話が発売され(MOVER)、端末のレンタル制から買い取り制への移行、3G(デジタル方式の無線)の導入、と日本の電機メーカ各社はこぞって携帯電話の端末に参入した。NEC、富士通からソニー、パナソニック、デンソー、日本無線など、最盛期には10社以上があった。携帯電話の生産ラインにはGP-IB機能の無い菊水電子工業やケンウッド(現テクシオ・テクノロジー)の15~18V/3~5AのDC電源とは別に、GP-IB機能がある電源が使われた。キーサイト・テクノロジーの663xxシリーズやケースレーの2303-PJなどである。従来日本の計測用電源メーカのDC電源はGP-IB対応の物がほとんどなく、電源専業ではない海外の計測器メーカがGP-IB機能のある電源をラインアップしていた。それら、携帯電話製造ラインで使われるGP-IB機能のあるDC電源を「移動体通信用電源」と呼称した。これらモデルの品名にはそのような名称は全くないが、アプリケーションとして自動計測をする製造ラインでの使用があり、当時、製造ラインで大量にそのような電源を使うのは携帯電話が突出していたので、このような呼び方がされたと推測される。 携帯電話の生産ラインの計測器は各メーカがレンタルをフル活用したため、計測器レンタル会社は通信(無線)の計測器だけでなく、移動体通信用電源を大量に在庫して運用した。2010年代に日本には携帯電話を設計・製造するメーカはほぼ無くなったので、計測器レンタル会社の移動体通信用電源の在庫もほぼ無くなった。

INTERMEASURE(いんたーめじゃー)

「計量計測展」、「インターメジャー」と呼称され、隔年秋に開催される、計量法に関係する展示会。日本メーカだけでなく世界の計量メーカが出展しいている。総合検査機器展(JIMA)、センサエキスポジャパン(SENSOR EXPO JAPAN)との併設で開催。センサエキスポジャパンは毎年開催で、INTERMEASUREと測定計測展(Measuring Technology Expo)が交互に開催される。 国内の計量法に関連するイベントでは、日本NCSLI技術フォーラムが、毎年秋に開催されている。こちらは日本の計量関連企業の総会といえる。

AC電源(えーしーでんげん)

交流(AC)の電圧・電流を発生する測定器。(=交流電源)

APL2(えーぴーえるつー)

Mywayプラス社のバッテリ評価用の回生直流電源の通称。同社は電子負荷の機能を内蔵した直流電源である回生電源の老舗メーカ。このモデルの他にpCUBEがある。カテゴリは直流電源か電子負荷か迷うところだが、特殊な直流電源という分類が妥当である(同社がAPL2を発売した際はまだ回生電源がほとんどなく、直流電子負荷に分類されることもあった)。PV(太陽光発電システム)や電気自動車(xEV)の普及によって、回生電源は直流電源の1ジャンルとして確立した。参考用語:電力回生型双方向電源

AVR(えーぶいあーる)

(Automatic Voltage Regulator) 直訳すると「自動電圧調整器」。2つの意味がある。 1.交流発電機の電圧を一定に保つ装置。重電機器(電力関連機器)の1つで、発電所に設備され、負荷(工場や家庭が使う電気量)が変動しても発電所の出力電圧が下がらないようにしている。電力のネットワークである電力系統の交流電圧を安定に保つために不可欠な装置。 2.電源のことをAVRと呼んでいることがある。たとえば電源と安定化電源の違いは「電源内部の出力側にAVRが備わっているのが安定化電源」と説明される。電源にはAVR付きとそうでないものがある。AVRは発電機だけでなく電源(広義に電力を出力するもの)の出力を安定にする装置(機構)のことである。計測用電源は出力の精度が良いが、そうではなくて「だいたい何V出力」という電源は実は世の中にはたくさんある。そのため、電源ではなく「安定化電源」ということばがある。 計測用電源の交流電源は商用電源(ACコンセント)を入力として、安定した交流出力を出すので、高砂製作所や計測技術研究所などの計測器メーカは自社の交流電源のことをAVRと呼称している。

LLC共振(えるえるしーきょうしん)

2つのL(インダクタンス、コイル)と1つのC(キャパシタんす、静電容量)という3つのリアクタンスを使った共振回路。LLC共振コンバータは電源に使われる。STマイクロエレクトロニクスなどのデバイスメーカやスイッチング電源メーカがLLC共振を使った製品をつくっている。

OCP(おーしーぴー)

(Over Current Protection)過電流保護回路。出力が何らかの原因で短絡した時などに負荷を想定以上の電流から保護するための機能。使用する負荷の必要容量よりもはるかに電流容量の大きい電源を使用する際などに重宝する。定電流設定(CC)機能がある電源では、定電流設定(CC)値の誤設定時の最終保護としても使用できる。常にOCP>CCの関係になるように設定する。別名カレントリミッタともいう。過電流保護が動作した場合はほとんどの電源が出力を停止する。その場合、電源再投入で復帰する。(株式会社高砂製作所の用語集より)

オートマチックVCリミッター(おーとまちっくぶいしーりみったー)

電源メーカの老舗、高砂製作所の電源の機能。同社の用語集には次の解説がある。当社は定電圧動作と定電流動作を電子的に負荷抵抗の値によって自動的に、しかもシャープに切り換わる、定電圧/定電流直流電源をいち早く開発した。定電圧電源として使用する場合は、0~最大定格出力電流まで任意に可変できる電流リミッターとして動作し、定電流電源として使用する場合は、0~最大定格出力電圧まで任意に可変できる電圧リミッターとして動作する。定電圧/定電流オートマチック・クロスオーバー方式ともいう。

OVP(おーぶいぴー)

(Over Voltage Protection)過電圧保護回路。出力電圧が何らかの原因で負荷の耐圧を超えないように保護する機能。使用する負荷の必要電圧よりもはるかに高い電圧を出力可能な電源を使う場合に有効。CV(定電圧設定)機能のある電源では、CV値の誤設定時の最終保護としても使用できる。常にOVP>CVの関係になるように設定する。過電圧保護が動作した場合は、ほとんどの電源が出力を停止する。その場合、電源再投入で復帰する。(株式会社高砂製作所の用語集より)

回生電流(かいせいでんりゅう)

回生機能付き直流電源や回生機能付き電子負荷などで、電子負荷として電力を吸収してACラインに回生しているときの電流や状態(シンク電流/シンク状態)。(株式会社高砂製作所の用語集より)

活線挿抜(かっせんそうばつ)

(Hot Swap)装置の電源を入れたまま、その装置を脱着することのできる方式。通信機器やサーバ・ルータの電源などで電源装置を2重化(冗長構成)して、もし故障した場合は、運用中(通電中)のまま故障した電源装置を交換できる方式のこと。(株式会社高砂製作所の用語集より)

過渡回復時間(かとかいふくじかん)

(transition recovery time)電源装置の負荷電流の急変に対する出力電圧の瞬間的な影響度を表わすもの。定電圧電源において急激な負荷電流変動時に、設定した定電圧状態に回復する時間。出力急変に対し定常状態に回復する時間の指標。「過渡回復」と略したり、「過渡応答時間」ともいう。応答速度が速いといくつかの利点がある。(株式会社高砂製作所の用語集より)

逆Lの字保護(ぎゃくえるのじほご)

計測用電源が過電流状態になった時の復帰のタイプには「フの字保護」と「逆Lの字保護(自動垂下方式)」の2種類がある。逆Lの字保護タイプは、過電流状態になると出力電圧が低下して僅かな電流が流れ続け、障害復旧すると元の状態に戻る。(株式会社高砂製作所の用語集より)

供試体(きょうしたい)

性能を調べるために実験や試験などに提供する物。たとえば自動車のバッテリーとつながるモータ、インバータ、減速機などを供試体として、回生直流電源をつないで試験を行う。

ケンウッドティー・エム・アイ(けんうっどてぃーえむあい)

ケンウッド(KENWOOD、旧トリオTRIO)の計測器を設計・製造・販売していた部門が分社化(1996年~2006年に存在)。横河電機の計測器事業部門が横河計測になったようなもの(岩崎通信機の計測器部門も2000年頃は岩通計測という子会社だった)。アンリツが「アンリツ電子」、松下通信工業(パナソニック)が「首都圏パナソニックFA」などのように、計測器メーカが1980~1990年代に営業部門を販売子会社にしていたのとは違い、ケンウッドの計測器事業部が分社したもの。文教市場向けのオシロスコープと直流電源でシェアが高かった。ケンウッドの計測器は会社名が何度も変わっているので、以下に沿革を述べる。1946年、有限会社春日無線電機商会が設立される。1954年、測定器に参入。1960年、トリオ株式会社に社名変更(TRIOといえば老舗のオーディオブランドだった)。1965年にオシロスコープを販売開始、1973年に直流安定化電源を開発。1986年 、株式会社ケンウッドに社名変更。1996年に計測器部門は株式会社ケンウッドティー・エム・アイとなる(親会社のケンウッドは2011年に日本ビクターと合併し株式会社JVCケンウッドとして存続している)。2002年にニッケグループがケンウッドTMIの株式を取得しニッケグループ傘下となる。ニッケとはウールで有名な日本毛織のこと。2006年、株式会社テクシオと社名変更。2009年、株式会社ニッケテクノシステム/テクシオ事業部となる。2012年、Good will Instrument Co.,Ltd.(台湾の計測器メーカ)がニッケテクノシステムからテクシオの計測事業を譲受し、株式会社テクシオ・テクノロジーを設立(ブランド名はTEXIO)。2014年、テクシオ・テクノロジーは株式会社インステック・ジャパン(Good Willの日本法人)と合併し、GWInstekブランドを継承。 現在のテクシオ・テクノロジーには開発部門は無く、技術者は保守・サービス部門にしかいない。Good WillではなくTEXIOブランドの製品群もあるが、開発はすべて台湾で行っている。純国産企業で計測器の老舗であるケンウッドは、中華資本に買収され、台湾計測器メーカの日本での販売店となった。家電メーカのシャープが中華系企業になったように、計測器市場でも中華系の資本参加が起きたという事例といえる。テクシオ・テクノロジー(というかGood Will)は安価なオシロスコープから始まり、RFのスペクトラムアナライザや、安全試験の耐圧試験器、LCRメータなど様々なカテゴリーの新製品を発売している。同様に中華系のRIGOL(リゴル)がオシロスコープを中心にラインアップを広げているのとは違う戦略がうかがえる。 ケンウッドは1987年に昭和リース株式会社と昭和ハイテクレント株式会社を設立している。略記:SHR(Syowa High tech Rent)。計測器レンタル会社としてはオリエント測器レンタル(現オリックス・レンテック)、テクノレント(三井物産のリース事業部門)、マイテック(リコーの子会社)、日本エレクトロレント(USのレンタル会社エレクトロレントの日本進出、というキャッチフレーズで1986年頃に営業開始)、東京リース(日本勧業銀行、現みずほ銀行のリース会社)のレンタル事業本部、日立キャピタル株式会社(現日立リース)のレンタル営業本部などに続く7社目がSHR。昭和リースは協和銀行(現りそな銀行)系のリース会社なので、銀行系のリース会社と計測器メーカでつくった計測器レンタル会社である。同じく1987年に横河電機と芙蓉総合リース(富士銀行、現みずほのリース会社)が出資して、8番目の計測器レンタル会社、横河レンタ・リース株式会社(略記YRL:Yokogawa Rental & Lease)が設立される。SHRとYRLはその設立母体(親会社の構成)が似ている。ケンウッドティー・エム・アイの技術部門からSHRに出向者があったり、岩崎通信機の営業部門からSHRに複数名の転職者があったりしたが、2007年にSHRは昭和リースに吸収され、事業としての計測器レンタルからは撤退している。

高調波電流(こうちょうはでんりゅう)

一般に「高調波」というと、ある周波数の信号の、整数倍の周波数の信号のことを指す。電力供給システムでは商用周波数の整数倍の周波数成分を持つ正弦波を高調波と呼び、電源の品質に関する説明で良く使われる。計測用電源の代表的メーカである菊水電子工業の製品総合カタログ(電源・電子負荷に関する用語)には「高調波電流とは、商用電源ラインの負荷に流れる電流で、基本波以外の周波数成分のこと」と説明されている。一般に基本波の整数倍という意味がある「高調波」は、無線通信から音響まで、電気の各分野で使われる幅広い概念であるが、「高調波電流というと、特に電源の分野を指す」という説明である。

効率(こうりつ)

電源機器の入力電力に対する、出力電力の比を百分率で表したもの。但し、交流入力/直流出力の直流電源の場合は、交流入力電力と力率の積に対する出力電力の比を百分率で表したものとなる。(株式会社高砂製作所の用語集より)