計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

4

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

JTAG(じぇいたぐ)

ICEの1種で、オンチップデバッグツールの代表機種。1990年代にICEの主流となった。JTAG以前のICEを概してフルICE、フルエミュレータと呼んでいる。RISCマイコンの多くがCPU内部にデバッグ機能を搭載している事から、この内蔵デバッグ回路を利用したICEとしてJTAGエミュレータは生まれた。JTAGがICEの主流になり、それまでのスタンドアロン型のモデル(JTAGに対比してフルICEと呼ばれる)はほとんど生産中止になった。

JPt100(じぇいぴーてぃーひゃく)

RTD(測温抵抗体)の代表であるPt100で、1989年のJIS改訂前のものを、改訂後(現在)のPt100と区別してJPt100と呼んでいる。

JECA FAIR(じぇかふぇあ)

電気設備の総合展示会として毎年5月末に開催してきた電設工業展のこと。総合展示会なので、電気設備機器だけでなく、日置電機、フルークから双興電機、グッドマン、ラインアイまで、電気設備を保守するための現場測定器のメーカがほとんど出展する。いつからかJECA FAIRというしゃれた名称になった。「JECA」は、Japan Electrical Construction Associationの略記。フェアの主催者は一般社団法人日本電設工業協会。展示会名にはサブタイトルで「電設工業展」がまだ残る。主催者側は「ジェカフェア」を普及させたいという意図があると思われるが、ほとんどの人は「じぇいいーしーえい・フェア」と言いにくそうな発音をしていると推察する。「電設工業展」では老齢化する業界従事者に対応しきれないということかもしれないが、「ジェカフェア」といってもほとんどだれもピンとこないので、「電設工業展」と言い直している(知る限りの計測業界関係者から推察)。サブタイトルに「電設工業展」と併記していることが状況を正確に表している。東京ビックサイトで開催する大きな展示会であるが、2017年頃から展示会場内での撮影が禁止となったため、ほとんど展示内容が報道されることがなくなってしまった。2018年に当サイトが行った取材記事は大変貴重なものとなった(展示会場内での撮影ができないため、出展社から提供いただいた製品画像を掲載している)。

JASPAR(じゃすぱー)

(Japan Automotive Software Platform and Architecture)2004年にCANの代替規格としてFlexRayのコストダウンを観点にした規格の策定を主な目的として、自動車メーカやサプライヤーが参加して設立された組織。

  • 1