計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

37

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

掃引(そういん)

(sweep)測定値を画面にグラフ表示する計測器で、波形を描画していくこと。周波数をある範囲で下から上に可変していくこと(用語「掃引信号発生器」を参照)。テクトロニクスの冊子「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)では「掃引:オシロスコープの電子ビームが、CRTディスプレイ上を水平方向に左から右へ移動すること」と解説されている。参考用語:掃引速度、掃引時間、シンセサイズドスイーパ、SWP、掃引ジェネレータ

掃引ジェネレータ(そういんじぇねれーた)

指定された時間周期にわたって、正弦波などの信号の周波数を変化させることのできるファンクション・ジェネレータ(テクトロニクスの冊子「信号発生器のすべて」の用語解説より)。一般的には「掃引信号発生器」という表現の方が多く、ファンクションジェネレータ(FG。主に低周波の信号発生器を指す)ではなく標準信号発生器(SG。主にRFなどの高周波の信号発生器)の仲間である。

掃引時間(そういんじかん)

オシロスコープやスペクトラムアナライザなどの波形表示をする計測器で、表示画面を1回表示しきる時間(表示画面のすべてを移動する時間)。掃引速度とも呼ぶ。計測器の表示では「SWP」と表記されることが多い。

掃引信号発生器(そういんしんごうはっせいき)

掃引信号を発生する測定器。低い周波数から高い周波数まで、安定的に周波数を可変して信号を出力できる。普通の信号発生器は設定した1つの周波数を出力するが、周波数の出職範囲を設定して、その間の周波数を一定のスピードで可変して出力した信号を掃引信号という。スペクトラムアナライザと併用して高周波デバイスなどの周波数特性を測定する。 通称:スイーパ。メーカによっては「シンセサイズドスイーパ」や「掃引ジェネレータ」という呼び方もされている。

掃引正弦波(そういんせいげんは)

正弦波の一種で、一定時間かけて周波数が増加または減少する。(テクトロニクスの冊子「信号発生器のすべて」の用語解説より)

掃引速度(そういんそくど)

測定値を画面にグラフ表示する計測器で、横軸の描画速度のこと。オシロスコープでは時間軸、スペクトラムアナライザでは周波数、光スペクトラムアナライザでは波長。

騒音計(そうおんけい)

音の大きさを測定する特定計量器。普通騒音計と精密騒音計がある。

相関関数(そうかんかんすう)

(Correlation Function)2つの相関関数(自己相関関数と相互相関関数)がある。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より)

相互相関関数(そうごそうかんかんすう)

(Cross-Correlation Function)相互相関関数は2つの信号のうち一方の波形を時間τだけ遅延させたときのずらし量τの関数として定義され、2信号間の類似度や時間遅れの測定に利用される。もし、2信号が完全に異なっているならば、τに関わらず相互相関関数は0に近づく。2つの信号がある系の入力と出力に対応するものであるときに、その系の持つ時間遅れの推定や、外部雑音に埋もれた信号の存在の検出および信号の伝播径路の決定などに用いられる。相互相関関数はクロススペクトルの逆フーリエ変換により求めている。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より。詳しい数式は小野測器HPを参照)

相互変調歪み(そうごへんちょうひずみ)

(Inter-modulation distortion) 周波数の多重化に伴い、デバイスや通信システムに近接した基本波を通すことが多くなってきた。この場合デバイスや通信システムにおける非直線性により、近接する基本波同士あるいは基本波の高調波と基本波の間で高調波歪みが発生し、これを相互変調歪みという。特に、2つの近接した基本波を通した場合に一方の基本波と他方の基本波の2次高調波との間で発生する高調波歪みを「3次相互変調歪み」といい、基本波の近傍に現れるためにフィルタで除去できず、デバイスや通信システムを評価する重要なパラメータとなる。「歪」は「ひずみ」と表記されることもあるが、この用語では「歪み」と記載されることが多い。

走査(そうさ)

非接触温度計のサーモグラフィカメラ(熱画像計測器)の用語としては、「熱画像を構成するために、放射温度計の瞬時視野の位置を水平及び垂直方向に順次移動させる操作(日本アビオニクス株式会社の「赤外線や工業計測器に関する用語」より)」。

走査線数(そうさせんすう)

非接触温度計のサーモグラフィカメラ(熱画像計測器)の用語としては、「一画面を構成する走査線の数(日本アビオニクス株式会社の「赤外線や工業計測器に関する用語」より)」。

送信機(そうしんき)

(transmitter)信号を送信する機器のこと。部品から装置まで多様。アンテナは送信機と受信機の両方に使われる。別名:トランスミッタ

送信機テスタ(そうしんきてすた)

携帯電話の基地局・端末の開発・製造をはじめ、基地局の建設・保守までの送信特性を測定する機器。主にアンリツ製品を指す。

増幅(ぞうふく)

信号を1つのポイントから他のポイントへ送信する際に、信号の振幅を増大すること。(テクトロニクス「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)より)

増幅器(ぞうふくき)

小さい電圧信号を大きく(増幅)する機器。 「アンプ」と表現されることも多い。高電圧対応の電力増幅器や高周波対応のプリアンプなどがある。

ソースコード(そーすこーど)

(source code)マイクロコンピュータ(マイコン、CPU)を動かすソフトウェアに関連する用語。技術者(プログラマ)が作成したプログラムのこと。C,、C++、 BASIC,、Javaなどの高級言語(人間が理解できて、記述できる言語)で作成される。ソースコードはコンパイラやアセンブラなどによりマイクロコンピュータが実行する機械語に翻訳(変換)される。

ソース電流(そーすでんりゅう)

(Source Current)電源装置が通常ACラインから電力を消費し直流に変換し、電力を負荷側に供給している状態の出力電流をソース電流という。反対に負荷側から吸い込んでいる状態だとシンク電流という。(株式会社高砂製作所の用語集より)

ソースファイル(そーすふぁいる)

(source file)マイクロコンピュータ(マイコン、CPU)を動かすソフトウェアに関連する用語。株式会社 Sohwa & Sophia Technologiesの用語集には次の解説がある。「ソースコードで書かれたプログラムをファイル化したもの。このソースファイルをコンパイル(機械語に翻訳)し生成されたものが、オブジェクトファイルである。これに、必要な外部モジュールやライブラリとリンクすることによってCPUが実行可能な機械語のデータファイルが作られる。」参考記事:車載マイクロコンピュータの基礎~車載システムを支える頭脳

ソースマッチング(そーすまっちんぐ)

(Source matching) 信号源(ソース)と伝送線路とのインピーダンス整合をとること。