計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

13

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

NOR型メモリ(のあがためもり)

電源を切っても保存データが消えない、フラッシュメモリの1種(もう1つにNAND型がある)。小容量で、旧世代の携帯電話(いわゆるガラケー)に採用されていたが、2000年代後半から大容量のNANDO型がフラッシュメモリの主流になった。現在はゲームや自動車に採用されている。NORはデジタル回路の論理演算で「Not OR(論理和(OR)の結果を否定(Not))で、二つの入力が0のときのみ出力が1となり、いずれか一方あるいは両方が1のときは0となる。

ノイズ(のいず)

電気回路内の不要な電圧または電流。(テクトロニクス「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)より)

ノイズカットトランス(のいずかっととらんす)

ノイズカット機能が付いている変圧器。

ノイズ試験器(のいずしけんき)

電気製品にノイズを与えて耐性を試験する機器。(=ノイズシミュレータ、障害試験器)

ノイズシミュレータ(のいずしみゅれーた)

電気製品にノイズを与えて耐性を試験する機器。(=ノイズシミュレータ、障害試験器)

ノイズソース(のいずそーす)

ノイズフィギュアメータと一緒に使用する発生器。

ノイズフィギュアメータ(のいずふぃぎゅあめーた)

信号に含まれるノイズの大きさを測定する機器。(=雑音指数測定器)

能動プローブ(のうどうぷろーぶ)

入力容量が小さいため高い周波数を測定出来る電圧プローブ。 (=FETプローブ、アクティブプローブ)オシロスコープ本体によっては電源が必要となったり、使用出来るオシロスコープ本体が限られたりする。

濃度計(のうどけい)

センサ部分に液体を垂らして濃度を測定する。原理は屈折率式などいくつかある。インラインの濃度計は工作機械の切削油の濃度監視に使われる。

ノーマリゼーション(のーまりぜーしょん)

測定アプリケーションにおいて、測定するサンプルの素地材を使用してゼロ点補正処理をすること。(フィッシャー・インストルメンツの膜厚測定、素材分析、材料試験、表面特性解析に関する用語集より)

ノギス(のぎす)

部品等の長さを精密に測定する機器。

のこぎり波(のこぎりは)

(Saw tooth wave)三角波の1種。電子回路で良く使われる信号波形の1つ。時間とともに直線的に値(電圧や電流など)が増加し、一定時間後にピーク(山頂)を作り、今度は直線的に減少すると、信号波形は三角形に見える。この様な波形が周期的に繰り返される信号を三角波という。増加と減少の傾きが同じでなく、増加の傾きに対して減少が急峻(またはその逆)な三角波は、まるで大工道具の「のこぎりの歯」のようなのでこの名前がある。数学的には「非正弦波的な基本的波形の1種」である。

NOx計(のっくすけい)

試料ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)の濃度を測定・分析する機器。 (=窒素酸化物測定器)

  • 1