計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

8

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

ナイキスト線図(ないきすとせんず)

(Nyquist Diagram)周波数応答関数(伝達関数)の実数部を横軸に、虚数部を縦軸にとり、周波数に関して描かれたものをナイキスト線図といい、主に制御系の安定性の判別に利用する。他にゲインと位相で示したものにニコルス線図がある。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より)

内部発生歪み(ないぶはっせいひずみ)

スペクトラムアナライザ等の受信機において、周波数変換するためにミキサが使われる。このミキサに加えられる局部発振器の信号レベルが高過ぎると、この信号の2次高調波および3次高調波が発生することがある。これらの高調波を「内部発生歪み」といい、測定誤差の原因となる。

ナセル(なせる)

風車の駆動部分の名称。風力発電の装置で、風で回転する羽の後方にあり、風力発電装置の重要な部位。風力発電はeuで導入が進んでいるが、日本では遅れていた。ただし2020年には促進する方針が政府から発表されている。発電所の建設、保守には計測器が必須である。風力発電の新設は計測器の需要増に(規模は不明だが)貢献すると期待される。

7セグメントLED(ななせぐめんとえるいーでぃー)

(seven segment LED)アラビア数字の0~9を表示するために、7個のLEDを8の字の位置に配置した表示装置のこと。表示装置なので7セグメント・ディスプレイとも呼ばれる。マイクロコンピュータ(MPU/CPU)の普及で電卓が作られるようになると、数字を何桁も表するために、初期は真空管に白熱フィラメントを数個配置して発光させ、数字を表した。LEDを使うことによって、表示部が小型の部品になり、プリント基板に実装されて、現在のような小型のデジタル表示機器になった。数字だけではなくアルファベットも7つの表示箇所を上手に使って表現している。7セグメントLEDに数字を表示させるためのドライバICもあり、数字を表示させるためのソフトウェアやハードウェアは使い勝手が良くなっている。

ns(なのせっく)

(nano second) 時間の単位「ナノ秒」の表記。n(ナノ)は10のマイナス9乗の接頭辞。0.000000001 秒に相当。秒は「セック」と呼称することが多い。オシロスコープや信号発生器などの計測器で設定や表示に良く出てくる。

(なみ)

時間の経過と共に繰返されるパターン。一般的な波には、正弦波、方形波、矩形波、のこぎり波、三角波、ステップ波、パルス波、周期波、非周期波、同期波、非同期波などがある。(テクトロニクス「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)より)

NAND(なんど)

FLASHメモリの一種。FLASHメモリはNAND型とNOR型に分けられるが、NAND型はNOR型と比較して回路規模が小さいこともあるため、安価に大容量化を行うことができる。また、データの書込みや消去の際の速度も高速であるという特徴もある。USBメモリやFlashSSDなどに使用され、以前は フロッピーディスクを使用していたものからNAND型のFLASHメモリに変更することによって、サイズダウンを行うことも可能となった。 (東亜エレクトロニクス株式会社 フラッシュサポートグループカンパニーの「書込みやプログラマに関する用語集」より) 参考用語:フラッシュメモリ、USB、SSD

NAND型フラッシュメモリ(なんどがたふらっしゅめもり)

半導体メモリの代表的な1つ。SSD(Solid State Drive)に多く採用されている。もう1つの代表であるDRAMと比較されて語られることが多い。フラッシュメモリは不揮発性メモリの代表で、NAND型とNOR型がある。NANDはデジタル回路の論理演算で「Not AND(ANDでない)」のこと。

  • 1