計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

34

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

ホイートストンブリッジ(ほいーとすとんぶりっじ)

(wheatstone bridge)ブリッジ回路(ブリッジ法)の代表例。既知の抵抗3つ(1つは可変抵抗)と未知抵抗の4つをブリッジ状に接続して、中間点の電位差を検流計(精密な電流計)で測定して、可変抵抗によって平衡状態を作り、未知抵抗の値を正確に測定する。応力を検知するセンサであるひずみゲージの信号(抵抗値)変化は大変小さいので、ホイートストンブリッジ回路(ブリッジボックス)を使い電圧に変えて、測定器(アンプ)に入力している。19世紀の英国の物理学者、チャールズ・ホイートストンが語源。

ボイスクオリティテスタ(ぼいすくおりてぃてすた)

VoIP上の音声の品質評価をする測定器。

ボイスレコーダ(ぼいすれこーだ)

音声を記録する機器。いわゆるICレコーダのこと。録音という記録をする機器だが計測器ではない。計測器メーカではなく家電メーカが主につくっている。デジタルカメラやビデオなどの家電製品の範疇といえる。計測器レンタル会社は通常は品揃えしていない。

方形波(ほうけいは)

(square wave)時間とともに大きさが変化する交流で、2つの値、たとえばゼロと5V(ボルト)や、-5V(マイナス5ボルト)と+5Vなど、しかない波形。波の形が四角の方形になっていることから方形波や矩形波(くけいは)と呼ばれる。数学的な定義はそうだが、実際には大きさを変えるには有限の時間が必要で、瞬時に変化したように見えても、時間軸を拡大すればなだらかな曲線によって値は変化している。そのため、方形波が下から上の値の幅の、10%から90%にに変化する時間を立ち上がり時間という。実際に方形波をつくろうとすると、オーバーシュートのような現象も起こる。立ち上がり時間が設計仕様を満足していないと、機器の安定動作が保証されないことがある。立ち上がり時間やオーバーシュートを検査するのに、アイパターンの確認がある。単発の方形波で、そのシステムが扱っている時間変化(周波数)に比べて、上の値の時間が短い(信号が短時間に変化する)ものをパルス波と呼ぶ。方形波のデューティ比が小さいとパルス列になる。交流波形の種類で正弦波(サイン波)でない波形(非正弦波)の代表として方形波(矩形波)や三角波がある。「方形波:一般的な波形の形状の1つで、繰返す方形のパルスで構成される(テクトロニクス「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)より)。」参考用語:パルス

方向性結合器(ほうこうせいけつごうき)

信号と信号を結合させる機器。RFで使用される機器。 (=カップラ)

放射温度計(ほうしゃおんどけい)

物体から放射される赤外線の強度を検出して、物体の温度を測定する温度計。「赤外線放射温度計」を略して「放射温度計」とよんでいる。赤外線の放射熱を利用する以外に方法は無いので、あえて赤外線といわず「放射温度計」と言うことが多い。放射温度計は非接触式温度計の代名詞。この原理で面の温度分布を熱画像として表示するものを「サーモグラフィ」や「熱画像計測装置」と呼ぶ。メーカによっては放射温度計とサーモグラフィを別製品として表記していたり、サーモフラフィを放射温度計に包含していたり、統一はない。また(計測器メーカではない)監視カメラメーカや家電メーカ、ベンチャー企業が「サーマルカメラ」の呼称で、検温/体温測定装置を数多く販売している(2000年からの新型コロナウイルス感染拡大で大変多く普及した)。

放射収支計(ほうしゃしゅうしけい)

地表面に入射する日射、水蒸気、炭酸ガスと、雲から放出される赤外線の成分の収支量を測定する機器。メーカは日射計などの気象関連測定器で有名な英弘精機や、計測・計量・分析・理化学機器の北浜製作所など。

放射能測定器(ほうしゃのうそくていき)

放射能を測定する機器の総称だが、放射線の量や濃度を測定する「放射線測定器」や「線量計」、「ガイガーカウンター」を指すことが多い。放射線測定器はガス検知器同様に、可搬型で人に危険を知らせる目的で使われる。

放射率(ほうしゃりつ)

非接触温度計(サーモグラフィ、放射温度計)の用語。物体表面の放射効率を表す値で、一般に反射の強い物体ほど放射エネルギーは少なくなる。赤外線と温度との関係はプランクの法則で関係ずけられるが、これは黒体放射の時であり、一般の物体の赤外線の放射はその物体の種類とその表面状態によって異なる。また波長と温度とによっても異なる。黒体の放射率は1である。関連用語:実効放射率、 環境温度補正、 反射率補正。(日本アビオニクス株式会社の「赤外線や工業計測器に関する用語」より)

包絡線検波器(ほうらくせんけんぱき)

(Envelope detector) 振幅変調された電気信号の包絡線のみを取り出す検波器をいう。左図が検波器に入力する振幅変調信号(と包絡線)、右図が検波器の出力の包絡線信号。

baud(ぼー)

データ通信で「1秒あたりの変調回数」のこと。ボーレート(bsudrate)とも呼ばれる。アナログの電話回線でモデムを使ってデータ通信していた時代は、ボーはbps(ビット/秒)と同じため、データ通信速度として表記されていた。現在のGbps(ギガビット)通信時代にはボーとbpsは必ずしも同じ値にはならない。

ポータブル(ぽーたぶる)

(portable)計測器の形状(用途)による分類に、ベンチトップ(据え置き型)か可搬型かがある。可搬型はハンドヘルド(片手で持てる、という意味)といわれることが多い。代表例はデジタルマルチメータ(DMM)で、ハンドヘルドは縦型で片手で持ち、もう一方の手で操作する。オシロスコープやスペクトラムアナライザのような波形表示部分がある測定器はベンチトップが主流だが、屋外の現場向きに、縦型で前面上部に表示部、下部に操作部があり、片手で持って使う薄型のハンドヘルド型の機種がある。スペクトラムアナライザは、形状による分類ではベンチトップとポータブルに分類される。ポータブルとは、持ち運べる、場所を移動できる、という意味で、ハンドヘルドも十分にポータブルなので、両社の違いは判然としない。屋外での使用を想定した可搬型のスペクトラムアナライザは、軽量・薄型だが、横長の薄型ディスプレイのような形状のモデルもあり、ポータブルと呼ばれることが多い。DMMを代表に、縦型の機種をハンドヘルドと呼んでいるが、ポータブルとの違いは明確に定義がない。オシロスコープはベンチトップでも軽量で、取っ手を片手で持ては十分持ち運びできる機種もあり、それらはポータブルといっても過言ではない。つまり、ポータブルとは明確な定義はないが、十分に軽量・小型な場合にベンチトップか、ハンドヘルドか、という分類とは別に使われている例があることばである。

ポート(ぽーと)

入力(または出力)端子のこと。例:4ポートタイプのネットワークアナライザ。

ボード線図(ぼーどせんず)

(Bode Diagram)周波数応答関数H(f)のゲイン特性と位相特性の2つを1組とする周波数特性表示をボード線図という。ゲインの縦軸は、20log10(H(f))のデシベル(dB)単位、位相はdegree(またはラジアン)で表す。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より)

ボードテスタ(ぼーどてすた)

プリント基板の検査装置をボードテスタと呼ぶ。ベアボードや半導体パッケージ基板、実装基板のショート・オープン検査を高速に行うなどの機能がある。インサーキットテスタとも呼ばれる。構造は多チャンネルの簡易マルチメータ(またはLCRメータ)といえる。計測器メーカとしては日置電機がラインアップが多い。計測器の1種だが、検査ラインに設備される大型の機器である。近年、IEEEではボードテスタに変わる有効な検査手法としてバウンダリスキャンテストを推奨しているが、日本ではまだ普及率が低い。

ホール効果(ほーるこうか)

(Hall effect)電流の流れているものに対し、電流に垂直に磁場をかけると、電流と磁場の両方に直交する方向に起電力が現れる現象。主に半導体素子で応用される。(フィッシャー・インストルメンツの膜厚測定、素材分析、材料試験、表面特性解析に関する用語集より)

ホール素子(ほーるそし)

導体中に電流を流して、それと直角方向に磁界を加えると、それぞれに直角な方向に電圧を発生する。この現象をホール効果といい、この現象を用いた素子をホール素子という。共立電気計器のAC/DCクランプメータ及びクランプセンサにはこのホール素子が採用されている。(共立電気計器株式会社の用語集より)

ボーレート(ぼーれーと)

(baudrate)ボー(baud)あるいはボーレートは「1秒あたりの変調回数」を示す。よんく(4900ボー)、くんぱち(9800ボー)、くんろく(19,600ボー)など、データ通信にモデムが使われていた時代は、1回の変調が1ビットに等しいことが多かった。そのため転送速度の単位であるbps(ビット/秒)と等しい値になるため、ボー(やボーレート)は転送速度として表現されていた。ただし近年の高速データ通信で使われるPAM4などの変調方式は変調回数と1ビットが同じでないため、計測器の仕様はbpsでなくボーで表記されている例を見かける。たとえばキーサイト・テクノロジーの110G帯域の高速オシロUXRシリーズ(2018年発売)は、変調信号の通信速度を12Gbaud(ギガボー)というようにbpsではなくボーで表現している。参考記事:技術情報・レポート/展示会レポート/「キーサイト・ワールド 2018 /会場:JP TOWER Part1」https://www.techeyesonline.com/seminar/detail/yls00052/

補間(ほかん)

オシロスコープで高速な波形を測定する場合の「ポイントを結ぶ」処理技法で、いくつかのサンプル・ポイントから波形を推定する。直線補間とsin(x)/x補間の2種類がある。(テクトロニクス「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)より)

ポケオシ(ぽけおし)

日本データシステムが販売していたPC接続型のオシロスコープの通称(品名)。他にポケロジ(PC接続型ロジックアナライザ)もあった。同社は1993年設立で、早くからPC接続型測定器を販売したが、現在はPC関連機器で有名なELECOM(エレコム)のグループ会社であるハギワラソリューションズが事業を継承している。