計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

8

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

tanδ(たんでるた)

誘電体内の電気エネルギー損失の度合いを表す値。コンデンサの損失を表す。定義がタンジェント・デルタのため“タンデルタ”と呼称される。正式には誘電正接(DissipationFactor/LossTangent)。

Tier1(てぃあわん)

メーカに直接納入する1次サプライヤのこと。Tier1に納品するメーカをTier2と呼ぶ。多くの部品を使う業界のサプライチェーンを示す用語だが、自動車産業で使われることが多い。

T&M(てぃーあんどえむ)

Test & Measurement の略。欧米で計測器を表現するときに使われる。国内計測器メーカはあまり使わない。 欧米では計測器のことをTester(テスター)やTest & Measurementといっている。1990年代に海外の大手計測器メーカが計測器事業部門をTMO(Test&Measurement Organization)と呼称していた。日本の代表的な計測器メーカであった横河電機も計測器部門をT&M事業部といっていた時代がある(現在はT&Mという表現はしていない)。この横河電機の例以外には、当時の国内計測器メーカはT&Mという用語は使っていない。 大手海外計測器メーカのTMOや横河電機のT&Mに触発されて、”「計測」ではなく「T&M」の表現が最先端だ"と解釈したあるレンタル会社上層部は、自社の計測器部門をT&Mと名称変更した。T&M部門の実務者は国内の各計測器メーカと名刺交換すると、かならず「T&Mとは何ですか? P&Gと近いですか?コンシューマ製品を扱い始めたのですか?」と聞かれて大変閉口した、というくらい、当時の国内計測器メーカには馴染みのない表現であった。30年前に大手海外計測器メーカが使い、それと近い関係にあった国内大手計測器メーカがその後で使ったが、この2社以外にこの言い方は国内では普及しなかった。現在では国内計測器メーカが使っている例が少なからずあるが、日本の計測器業界で通用する一般的な用語かは怪しい。ただし、現在でも海外メーカでは普通に使われている単語であるため、まちがいなく計測関連の用語である。

Tx(てぃーえっくす)

Transmission dataの略。有線・無線通信で送信データの略記。 送信機をtransmitterと呼び、送信はTで略される。 小文字のxはデータの意味。

TCXO(てぃーしーえっくすおー)

(Temperature Compensated Xtal Oscillator)温度補償型水晶発振器。外気温を自分でセンシングして、温度によって周波数を調整して出力する。

TDR(てぃーでぃーあーる)

測定対象(DUT)の片端からパルス信号を入力し、DUTの各場所(位置)からの微弱な反射信号を時間軸で測定する手法。和訳:時間軸反射。横軸を時間、縦軸を反射信号のパワーにすると、横軸は距離となり、入射端からのDUTの位置の状態を波形(グラフ)で観測できる。光ファイバアナライザ(光パルス試験器)のOTDRが有名だが、アプリケーションによって以下の2種類がある。応用1. ケーブルの破断点やコネクタなどの接合状態の確認をする。光ファイバの時はOTDR(Optical TDR)という。TDRは電気の場合の品名で、「フォールトロケーター(Fault Locator:欠陥の位置(fault location)を特定するもの)」や「ケーブル位置障害測定器」などの名称がある。応用2. サンプリングオシロスコープの測定ユニット。伝送路の特性インピーダンスの測定・評価には主にネットワークアナライザが使われるが、オシロスコープとTDRユニットの組み合わせで、時間領域から測定する手法もある。

TTL(てぃーてぃーえる)

Transistor-transistor logic(トランジスタ-トランジスタ ロジック)の略。電子回路によるディジタル論理回路の方式の1つで、通常は0Vを0、5Vを1に対応させている。電子機器の省エネ化や伝送速度の高速化によって、より電圧は低くなり、1990年頃までは主流だったが、現在の最先端機器ではあまり使用されていない。低速で、電圧幅を5V確保するような場合(たとえばノイズなどが多い環境)では使用される。コンピュータや通信の分野では「Time to live」の略をTTLと略記する場合があり、現在はそちらのほうがメジャー。

TP-BUS(てぃーぴーばす)

(TwistPair BUS)菊水電子工業の独自インタフェースの略称。国内計測器メーカの安定化電源は制御用のインタフェースを持たない製品が主流だった。これは、計測用電源のアプリケーションは圧倒的にスタンドアロンが多く、自動計測をするユーザが(全体の販売台数から見れば)少ないこと、インタフェースを標準装備すると価格が高くなることなどの理由による。ただし、自動制御したいユーザに応えるために、電源にオプションボードを装着することで対応しようと、菊水電子工業は考えた。パワーサプライコントローラという製品を作り、電源とこの製品の間は独自規格のTP-BUSで繋ぎ、パワーサプライコントローラとPCは標準規格であるGPIBやRS232、USBで接続する。単体の安価な電源を多種類のインタフェースに対応させるために、この仕組み(パワーサプライコントローラとTP-BUS)を考案した。ただし最近の同社の電源は安価なモデルでもインタフェースを標準装備しているものが主流となり、パワーサプライコントローラは旧モデルを使用しているユーザ向けとして販売を継続している。

  • 1