計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

159

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

Rx(あーるえっくす)

Received dataの略。有線・無線通信で受信データの略記。小文字のxはデータの意味。

RF(あーるえふ)

(Radio Frequenc)別名:無線周波数。無線通信などに使われる周波数のこと。「高周波」と表現されることもある。正確に何Hzの周波数範囲を指すかは、文献などによってさまざまで、定義は難しい。無線通信が始まったとき、無線機(ラジオ)で通信できるキャリア(搬送波)の周波数範囲をRFと呼称したと推定されるが、MHz~GHzあたりの周波数を指している。計測器でRFの測定器というと、スペクトラムアナライザを筆頭に信号発生器(SG)や高周波パワーメータ(低周波の「電力のパワーメータ」ではなくRFパワーメータ)などの高周波の基本測定器が相当する。ネットワークアナライザを含める場合もある。同じRFの周波数帯の測定器でも、携帯電話などの特定の通信方式に対応した測定器(ワンボックステスタ、無線機テスタ、シグナリングテスタなどの専用器)は無線/移動体測定器という別カテゴリーに分類される。

RFパワーアンプ(あーるえふぱわーあんぷ)

RF帯で使用される電力増幅器。RFとはRadio Frequencyの略で、無線通信などに使われる周波数のこと。「高周波」と表現されることもある。

RBW(あーるびーだぶりゅ)

(Resolution Band Width)「分解能帯域幅」の略記。スペクトラムアナライザでは良くRBWの表記が使われる。入力信号に含まれる周波数成分を分離するバンドパスフィルタであり、ピークから3dB低下点の帯域幅で規定される。最近では等価雑音帯域幅で規定される製品が多い。当サイトの「スペクトラムアナライザの基礎と概要(基礎と概要シリーズ、2021年3月公開)」を参照されたい。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-SpectrumAnalyzer-01/

IF信号(あいえふしんごう)

(Intermediate Frequency)日本語では「中間周波数」だが、IFという表記の方が良く使われている。無線通信システムの中で、信号の周波数を変換している中間段階の周波数のこと。 IFだとif(もしも)の意味もあるので、本解説のタイトルは「IF信号」にしている。

I/Q信号(あいきゅうしんごう)

(In-Phase/Quadrature-Phase)日本語だと「同相/直交位相」だが、I/QやIQという表記が良く使われている。信号をベクトル表示をする場合、直交座標ではI(同相)とQ(直交位相)の2成分で表現することができる。携帯電話など、現在の無線通信で主流となっているデジタル方式では、IQ信号やIQ変調はもっとも基礎の概念である。 IQだと知能指数(Intelligence Quotient)の意味もあるため、本解説ではタイトルを「I/Q信号」にしている。

アイソレータ(あいそれーた)

高周波電力を1方向にだけ通す電子部品。サーキュレータに終端抵抗を接続したもの。

アクイジション(あくいじしょん)

(Acquisition)Acquisitionを和訳すると「取得、獲得」。計測器ではメモリレコーダやデータロガーなどで「データ・アクイジション(計測器へのデータの取り込み)」やオシロスコープの「アクイジション・モード」というように使われる用語である。データ集録を示す「DAQ(ダック)」は「Data AcQuisition」の略記である。テクトロニクスの冊子「リアルタイム・スペクトラム解析のすべて(2009年9月発行)」ではスペクトラムアナライザの用語として「アクイジション:時間的に連続した整数個のサンプルあるいは信号の取込み」と解説されている。

アクイジション時間(あくいじしょんじかん)

アクイジション(Acquisition)はデータ集録機器(データロガーなど)やオシロスコープで使われる用語だが、テクトロニクスの冊子「リアルタイム・スペクトラム解析のすべて(2009年9月発行)」ではスペクトラムアナライザの用語として「アクイジション時間:1つのアクイジションで表される時間の長さ」と解説されている。

アッテネータ(あってねーた)

(Attenuator) 歪みを発生させることなく、電圧信号を減衰させる機器。和訳は「減衰器」だが、もはや「アッテネータ」は日本語として頻繁に使われている。スペクトラムアナライザ(スペアナ)の用語としては、スペアナがひずみの生じにくい最適な入力レベルで信号観測するために、スペアナ内部の入力ミキサ回路前にある減衰器のことをいう。

アッテネータパッド(あってねーたぱっど)

(Attenuator pad) インピーダンス不整合を改善する目的で使用される減衰量が固定の高周波アッテネータを「アッテネータパッド」と呼ぶ。6dB, 10dB等のアッテネータが使用されることが多い。

アンテナ(あんてな)

無線信号を送受信する機器。アンテナは通信機器であり計測器ではないが、電波関連測定器の一部、またはオプションとして必須のため、計測器の1カテゴリーに分類されている。スペクトラムアナライザ(スペアナ)の中に分類されたり、電界強度測定器やEMC(Electro Magnetic Compatibility、電磁両立性または電磁適合性)測定器に分類されたりと、どのカテゴリーに入れるかは様々である。当サイトは障害・EMI測定器のカテゴリーにほとんどを入れているが、スペアナにも(スペアナのオプションとしての)アンテナが少数、入っている。使い方としては、RF測定器の信号発生器の出力端子やスペアナの入力端子に接続される。

アンテナファクタ(あんてなふぁくた)

(Antenna Factor)アンテナが置かれている位置における電界強度に対して、スペクトラムアナライザの入力端子に生じる出力電圧との比のこと。アンテナ係数とも呼ばれる。測定用アンテナは周波数範囲が決まっていて、校正によってアンテナファクタが定義されている。

アンプ(あんぷ)

小さい電圧信号を大きく(増幅)する機器。和訳は「増幅器」だが、「アンプ」はもはや日本語で広い分野で頻繁に使われている。計測器としては高電圧対応の電力増幅器(パワーアンプ)や高周波対応のプリアンプなどがある。増幅する目的に応じて、それぞれ電圧アンプ・電流アンプ・電力アンプと呼ばれることもある。電力増幅器(パワーアンプ)はバイポーラ電源や交流電源などの電源の1種としてカテゴリーされている。プリアンプはRF測定器の代表であるスペクトラムアナライザの周辺機器の1つである。

ENA/PNA(いーえぬえーぴーえぬえー)

キーサイト・テクノロジーのネットワークアナライザ(ネットアナ)の愛称(通称)。同社のRF製品群は性能によって下からC、E、M、P、U、Vなどの通称(愛称)があり、モデル番号(形名)より通称で呼ばれることが多い。ネットアナはENAとPNAの2シリーズだが、SGは下からEXG、MXG、UXG、VXG、スペクトラムアナライザはCXA、EXA、MXA、PXA、UXAがある(2020/6月現在)。

EVM(いーぶいえむ)

(Error Vector Magnitude)日本語では「変調精度」だが、「エラーベクトル振幅」や「エラーベクトルの大きさ」と表現している場合もある。デジタル信号のEVM(変調精度)を計測することは、デジタル無線においてもっとも基本的な送信特性評価といえる。

位相変調(いそうへんちょう)

(Phase Modulation) 変調方式の一つ。搬送波に対して変調信号の変化に合わせて位相(θ)の大きさを変化させる。位相変調(Phase Modulation) の頭文字をとって "PM"と略表記される。また位相を”φ”と表記することがあり、位相変調を”φM”と表記することもある。

インピーダンス整合(いんぴーだんすせいごう)

(Impedance matching) 回路要素(回路素子あるいは測定機器)から伝送線路(例えば同軸ケーブル)へ、あるいは伝送線路から回路要素へ、あるいは特性インピーダンスが異なる伝送線路へ電気信号を伝達する場合、それぞれの特性インピーダンスが異なるとエネルギーの一部が反射して、電気信号を効率良く伝達できない。そのため境界部に整合回路を挿入してそれぞれの特性インピーダンスを合わせることをインピーダンス整合という。特に高周波回路においてはあらゆる伝送線路やコネクタについて特性インピーダンスを指定して電気信号の反射による効率低下を防ぐようにしている。

ASK(えいえすけー)

(Amplitude Shift Keying)日本語では「振幅偏移変調」だが、ASKという表記の方が良く使われている。「振幅シフトキーイング」とも呼ばれる。搬送波の振幅の変化によって伝送するデータを表現する変調方式。 デジタル変調方式の1つ。アナログ変調のAM(Amplitude Modulation、振幅変調)のデジタル変調版。

ACP(えーしーぴー)

無線通信で、割り当てられたチャネル(帯域)以外に放射してしまう電力を「隣接チャネル漏洩電力」と言い、ACP(Adjacent Channel leakage Power、隣接チャネル漏洩電力、絶対値)やACLR(Adjacent Channel Leakage Ratio、隣接チャネル漏洩電力比、相対値)で規定している。スペクトラムアナライザではACPという表記が良く使われる。