計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

64

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

ファイバースコープ(ふぁいばーすこーぷ)

製品の深部や内部の画像をモニターに写し出す機器。(=工業用内視鏡) 以前の内視鏡はファイバーを使い、フィルム式のカメラで撮影していた。そのためファイバースコープと呼ばれたが、現在の工業用内視鏡の主力製品はビデオスコープの名称で、ファイバーは使っていない。ただしファイバースコープの時代が長かったので、今でも工業用内視鏡といえば「ファイバースコープ」といわれることが多い。 内視鏡の世界的トップメーカのオリンパスの工業用内視鏡の主力製品はビデオスコープである。ただし、距離や線径の条件によってビデオスコープでカバーできない範囲はファイバースコープで補っている。

ファイバーレーザー(ふぁいばーれーざー)

光ファイバーを増幅器とした固体レーザ。加工用レーザの主流となりつつある。表記は「ファイバ」と「ファイバー」の2つがあり、各企業によってどちらかを使っている。

5G(ふぁいぶじー)

第5世代移動通信システム。現在商用化されている4Gの次の規格。全世界で導入が計画されている。韓国が一番早く2019年に導入予定。日本は2020年のオリンピックに向けて導入が進んでいる。次世代無線通信システムとも呼ばれる(2019年3月現在)。英語の5th Generationを「5G」と略記している。現在のスマートフォンにつながる小型の携帯電話として、1991年4月にNTTはmova(ムーバ)4機種を発売した。当時はアナログ通信で、NEC、富士通など4社が特徴ある端末を提供した。94年には端末は従来からのレンタル制から買取り制になり、普及が加速した。当時の携帯電話は国により通信方式が違ったため、国際電気通信連合 (ITU) が次世代の世界共通のデジタル通信の規格を勧告し、2001年にNTTドコモが世界に先駆けてこの勧告に準拠するW-CDMAの商用サービスを開始した。これが3G(第3世代移動体通信、スリージー)で、それ以前の方式を2Gといって区別した。現在(2019年)の通信規格はさらに次の4Gである。

FastAcq(ふぁすとあくいじょん)

テクトロニクス独自のアクイジョン手法の名称。オシロスコープは「サンプル・ポイントからどのように波形ポイントを構成するかを決める」アクイジョンモードがある。Acquisitionの意味は「取得」。マーケティング用語では顧客獲得などの意味で使われている。

ファストトランジェントバーストジェネレータ(ふぁすととらんじぇんとばーすとじぇねれーた)

ノイズ研究所のバーストノイズシミュレータの品名。

ファブリペロー共振器(ふぁぶりぺろーきょうしんき)

ファブリペロー干渉計ともいう。反射板・透明板・半透鏡などで構成され、通信、レーザー、光学分野で使われる。電波の共振波長から誘電率などが測定できる。シャルル・ファブリとアルフレッド・ペローから命名された。

ファンクションジェネレータ(ふぁんくしょんじぇねれーた)

サイン波や方形波など様々な波形を発生する汎用的な信号発生器。

VR(ぶいあーる)

(Virtual Reality) 日本語では「仮想現実」、「人工現実感」と訳される。「バーチャルリアリティー」という表現もみかける。

VSIM(ぶいえすあいえむ)

SMUの機能の1つ。電圧を印加して電流を測定する。

VSWR(ぶいえすだぶりゅあーる)

「Voltage Standing Wave Ratio」 の略表記。(=電圧定在波比)

VHSデータレコーダ(ぶいえっちえすでーたれこーだ)

VHSカセットテープにデータを記録するデータレコーダ。現在はほとんど生産されていない。

VoIP(ぶいおーあいぴー)

Voice over Internet Protocol の略。インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを使って音声データを送受信する技術のこと。

VOCモニタ(ぶいおーしーもにた)

揮発性有機化合物(VOC)を測定する機器。(VOC=Volatile Organic Compound の略)

VQT(ぶいきゅーてぃー)

Voice Qolity Tester の略。 (=ボイスクオリティテスタ)

VISAライブラリ(ぶいさらいぶらり)

VISA(Virtual Instrument. Software Architecture)は、米国VXI plug&play Systems Allianceが管理する計測制御用通信ライブラリ仕様のこと。GPIBだけでなく、RS232やUSB、TCP/IP、VXIbusなどに接続された計測器を通信媒体に関係なく同様のプログラミング手法で制御できる仕組み。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

VCOテスタ(ぶいしーおてすた)

VCOという部品を評価する測定器。(VCO=Voltage Controlled Osillator の略)

FIT(ふぃっと)

(Feed-in-tariff)日本語では「固定価格買取制度」と訳されている。太陽光発電の導入を促進する施策として2012年7月1日から施行された。太陽光発電を導入した事業者は電力会社に固定価格で電気を買い取ってもらえる。買取価格は太陽光発電の普及のため大変高い価格で設定された。ただし、運用から年を経過すると価格は安価に改定されていき、現在は魅力的な価格ではなくなっている。それに伴い新規の敷設や運用開始も激減している。導入から10年間は固定価格を原則、保証する。2012年の初期の頃から導入した場合は、2022年までに初期投資を回収して、買取価格が安価でも利益が出るようになることが肝要である。電力会社は営業地域内の電力の安定供給のために、場合によっては太陽光発電からの電力買取を一時停止することができる。九州電力では一時期、そのようなケースが頻発していることもあった。太陽光発電の事故も業界内では多くの数が報告されている。FITによって導入された全国の多くの太陽光発電の今後の行方がどうなるかは誰にもわからない。文献では読み方を「フィット」と記載されているが、慣れないとそのようには読めず、また会話では「エフアイティー」といったほうが伝わりやすいので、そう呼ばれていることを良く耳にする。電力業界、環境関連の用語といえる。

VVVF(ぶいぶいぶいえふ)

(Variable Voltage Variable Frequency) 直訳すると「可変電圧可変周波数」。交流モータ用の電源で、電圧と周波数を自由に変化できる機能がある。モータ用のインバータ(直流を交流に変える装置)ともいえるので、VVVFインバータとも呼ばれる。特に電車の制御に導入されている。電圧と周波数を変えることでモータの回転数(加速や減速)を制御する。そのため、一般にVVVFというと鉄道の装置といえるが、実体はインバータ、電源の1種である。パワーエレクトロニクスの進歩によって現在の鉄道車両(電車)に普及したインバータの1方式ということもできる。

VVVF電源(ぶいぶいぶいえふでんげん)

主にモータ用インバータ電源に用いられる用語で、可変電圧・可変周波数の電源(Variable Voltage Variable Frequency power supply)のこと。「VVVFインバータ」ともいう。厳密にはCVCFの対義語ではない。VVVFはモータ類の回転負荷に合わせて周波数や電圧を最適状態に可変するのが主目的の電源だが、CVCF電源では、特定の電圧・周波数設定時においても電圧、周波数が連続可変(スイープ)中でも負荷変動等に対して影響されず安定して供給することを主眼に置いた電源である。(株式会社高砂製作所の「交流電源」用語解説より)

フィルタ(ふぃるた)

入力された電気信号に対して、特定の周波数領域のみの信号を取り出すための回路素子あるいは電子回路のこと。濾波器ともいう。取り出す周波数領域により、4つに分類され、ローパスフィルタ(LPF: Low-pass filter)、ハイパスフィルタ(HPF: High-pass filter)、バンドパスフィルタ(BPF: Band-pass filter)、バンド阻止フィルタ(BEF:Band-elimination filter)がある。またフィルタを構成する素子によって、パッシブフィルタ・アクティブフィルタなどと分類される。構成素子が受動素子(コイル・コンデンサ・抵抗・トランス等)のみの場合に「パッシブフィルタ」、それにオペアンプ等の能動素子が加わる場合は「アクティブフィルタ」と呼ばれる。上記のようなアナログ素子でフィルタを構成しているものを「アナログフィルタ」、入力信号をA/Dコンバータでディジタル信号に変換し信号処理を施すことによりフィルタ機能を実現しているものを「ディジタルフィルタ」と呼ぶこともある。