計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

18

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

MER(まー)

(Modulation Error Rate) 変調誤り率。TV関連測定器の測定項目にある。

マイクロLED(まいくろえるいーでー)

R(赤)・G(緑)・B(青)がそれぞれ独立したLED。液晶や有機ELより高精細が実現できる。

マイクロオームメータ(まいくろおーむめーた)

マイクロオーム(μΩ)程度の抵抗を測定する機器。

マイクロスコープ(まいくろすこーぷ)

物体の表面を拡大して見ることが出来る機器。電子顕微鏡の1種。(=モニタースコープ)

マイクロ波(まいくろは)

(Microwave)周波数3×10(8乗~11乗)(つまり数十MHz~数十GHz程度)の電波の総称。文献によっては「周波数300MHzから30GHz(波長1m~1cm)程度の電磁波」と説明される。携帯電話やテレビ放送(地上波デジタル、BS/CS衛星放送)、無線LAN、レーダー(気象や船舶)、電子レンジなど、幅広い用途に使われている。「マイクロ」の由来は不明。マイクロ波の波長はμm(マイクロメータ)ではない。電波は周波数が高くなるほど波長が短くなる。技術の進歩によって従来より高い周波数のマイクロ波が使えるようになると、波長が小さいという意味で「マイクロ」と呼んだのではないかと想像される。さらに高周波の30GHz〜300GHz(波長1cm〜1mm)は波長の長さから、ミリ波と呼ばれる。電波の分類でマイクロ波よりミリ波のほうが波長が短いという命名になっている。波長が短いマイクロ波やミリ波は、もはや電線のような導体を伝搬することができず、導波管という筒状の導体で伝送される。総務省HPの「周波数帯ごとの主な電波の用途と特徴」によれば、マイクロ波は3GHz〜30GHz(10cm〜1cm)で略記はSHF(Super High Frequency)。その下が極超短波(300MHz〜3GHz、1m〜10cm、略記UHF:Ultra High Frequency)で、携帯電話やテレビ放送、電子レンジに使われる、とある。さらに下が超短波(30MHz〜300MHz、10m〜1m、略記VHF:Very High Frequency)で、業務用移動通信(列車無線や防災無線)やラジオのFM放送に使われる。たとえばFM東京は80.0MHzである。

マイクロ波周波数カウンタ(まいくろはしゅうはすうかうんた)

マイクロ波帯の周波数(数十MHz~数十GHz程度)を測定するカウンタ。無線通信分野で使用されることが多い。

マイクロ波信号発生器(まいくろはしんごうはっせいき)

数十GHz程度の高周波信号を発生する測定器。

マイクロ波増幅器(まいくろはぞうふくき)

数十GHzまで対応する増幅器(アンプ)。

マイクロホン(まいくろほん)

音を検出するセンサー。

マイクロメータ(まいくろめーた)

ねじを回転させ、その回転角に比例して移動する距離を精密に測定する機器。

マイナスイオン測定器(まいなすいおんそくていき)

マイナスイオンを測定する機器。マイナスイオン(minus ion)は大気中に存在する負の電荷を帯びた分子のこと。空気清浄器など健康関連の家電製品でこの言葉が有名になった。それらの家電製品の性能をPRするときに、イオン測定器は便利である。可搬型が多く、通販で販売されている。

MIMO(まいも)

( multiple-input and multiple-output)複数のアンテナを送信機と受信機の両方に使い、通信品質を向上させる技術。

膜厚計(まくあつけい)

塗装膜の厚さを測定する機器。測定方式がいくつかある。

マスター/スレーブ・コントロール(ますたーすれーぶこんとろーる)

複数の電源機器を並列動作または直列動作にて出力電流あるいは出力電圧の倍増を行う時、1台の電源(マスタ)で他の電源(スレーブ)をコントロールする方法。定電圧設定や定電流設定などをマスター機に設定することによりスレーブにも反映するため、並列もしくは直列で連結した複数の機器があたかも1台の機器のように操作できる。「ワンコントロール」とも呼んでいる。(株式会社高砂製作所の用語集より)

マノメータ(まのめーた)

気体や液体の圧力を測定する機器。 設置型の圧力計ではなく計測器の圧力計のことを呼ぶ。(=圧力計)

マルチモード(まるちもーど)

光ファイバーの種類の1つ。主にLANなどの中短距離の高速伝送に利用される。材料としてプラスチックを使っている場合が多く、安価で折り曲げにも強く加工しやすい。光ファイバーは伝播するモードの数によってシングルモードとマルチモードの2つがある。

マルテンス硬さ(まるてんすかたさ)

測定対象に、一定の深さの凹みに作るのに要した「荷重」で硬さの度合いを示した指標。(フィッシャー・インストルメンツの膜厚測定、素材分析、材料試験、表面特性解析に関する用語集より)

マンガン乾電池(まんがんかんでんち)

プラス極に二酸化マンガンが使われている電池。休み休み使うと電圧が回復するのが特徴なので、少量の電流を連続して必要な製品や使用時間が短くて長く休ませるような製品に向いている。

  • 1