計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

18

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

LIB(えるあいびー)

Lithium-Ion Batteryの略。リチウムイオン2次電池。正極と負極の間をリチウムイオンが移動する仕組みの2次電池。従来の電池より小型で大きな電力を出せるので、現在の携帯機器や電気自動車の主力の電池(バッテリ)になっている。略して「リチウムイオン電池」と表現されることも多い。

LED(えるいーでぃ)

Light Emitting Diode の略 (=発光ダイオード)。

LED光源(えるいーでぃこうげん)

発光素子にLEDを使用している安定化光源。LED=Light Emitting Diode の略。

LEDユニット(えるいーでぃゆにっと)

発光素子にLEDを使用している安定化光源。測定器が本体(メインフレーム)と光源ユニットになっている場合は測定器機能はユニット側にある。LED=Light Emitting Diode の略。

LXI(えるえっくすあい)

(LAN eXtensions for Instrumentation) Ethernetを利用した計測機向けに標準化された通信規格。この規格に従った計測器にはLXIのロゴ表示がなされている。規格化は、LXIコンソーシアムという測定器業界の大手企業を中心とした非営利法人によって推進されている。(菊水電子工業の製品総合カタログ・用語集より)

LCRメータ(えるしーあーる めーた)

回路部品のインダクタンス(L)・静電容量(C)・抵抗(R)を測定する測定器。交流を印加し、部品の複素インピーダンスを等価回路で測定できる。おおよそ数百kHzまでをLCRメータといい、MHz以上の周波数になるとインピーダンスアナライザと呼ばれる(メーカによって決まりはない)。

LCD(えるしーでぃー)

(Liquid Crystal Display)液晶ディスプレイ。

LD(えるでぃー)

Laser Diode の略 (=レーザーダイオード)。

LD光源(えるでぃーこうげん)

発光素子にLDを使用している安定化光源。LD=Laser Diode の略。

LDユニット(えるでぃーゆにっと)

発光素子にLDを使用している安定化光源。測定器が本体(メインフレーム)と光源ユニットになっている場合は測定器機能はユニット側にある。LD=Laser Diode の略。

LPWA(えるぴーだぶりゅえー)

(Low Power Wide Area)低消費電力、低コスト、長距離通信が可能(10 km~)、小データサイズ、低スループットという特徴がある。その中で大きく分けるとセルラー系のLTE-M、NB-IoTという規格と、携帯電話事業者でなくても誰でも使えるLoRa(ローラ)という規格の2種類がある。2018年から携帯電話事業者がサービスを開始した。

LiDAR(らいだー)

(Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging )「光検出と測距」または「レーザ画像検出と測距」。光を使ったリモートセンシング技術の一つで、自動運転での導入が有望。

LAN(らん)

Local Area Network の略。より対線・同軸ケーブル・光ファイバ等を使って同じ建物の中にあるコンピュータ同士を接続し、データをやり取りすること。

LANケーブル(らんけーぶる)

LANに使用するケーブル。規格によってカテゴリー番号がある。

LANケーブルメータ(らんけーぶるめーた)

LANに使用するケーブルの性能を試験する機器。(=デジタルケーブルアナライザ)

LANプロトコルアナライザ(らんぷろとこるあならいざ)

LANでデジタル通信を行っている機器間に設置し、プロトコル(機器間で定められた通信方式)の検査や通信障害の解析を行う機器。略称:LANアナライザ。

LISN(りすん)

Line Impedance Stabilization Networks の略。(=擬似電源回路網)

LoRa(ろーら)

(Long Range)少ない消費電力で広いエリアをカバーする無線通信方式のLPWA(Low Power, Wide Area)の1種で、IoT向けの通信に有望視されている。

  • 1