計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

15

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

メインフレーム(めいんふれーむ)

(mainframe)計測器の分類の1つに、機器の動作の形態(他の機器との接続状態など)による表現がある。メインフレームは計測器の操作部、表示部などの処理部分で、測定に応じてモジュール型の計測器(測定機能のあるユニット型の計測器)を装着して機能する。メインフレームは単に外側の箱だけのこともあり、その場合は計測器として動作するための電源ユニットや表示部、処理部などがモジュール化されている。スタック式のデータロガーなどがあるが、その場合はメインフレームとよばず、基本ユニットなどの品名になる。IT分野では「大型の汎用コンピュータ」をメインフレームとよび、銀行のシステムなどに採用されているが、計測器では外枠の箱が計測器本体であることをさしてメインフレームとよんでいる。計測器の品名にも使われる。例:34980Aマルチファンクション/スイッチ計測メインフレーム(キーサイト・テクノロジー)、MS-523計測システムメインフレーム(エヌエフ回路設計ブロック)、SW1001スイッチメインフレーム(日置電機)。

メガー(めがー)

電池で動作する絶縁抵抗計。メガオームメータやメガテスタとも呼ばれる。メガオーム(高い抵抗値)を測るためメガーの呼び名がある。 (=電池式絶縁抵抗計)

メガオームメータ(めがおーむめーた)

電池で動作する絶縁抵抗計(=電池式絶縁抵抗計)。絶縁抵抗計は高い抵抗を測定する用途に特化したテスタ(電圧・電流・抵抗の測定器)。可搬型で普通は電池駆動である。「メガテスタ」や「メガー」とも呼ばれる。正式名称は「絶縁抵抗計」で、俗称では「メガー」と呼ばれることが多い。電気機器の絶縁されるべき端子間が正常に絶縁されているか、保守・点検するために使われる。共立電気計器はクランプ、絶縁抵抗計、接地抵抗計の3つを主力とする現場用測定器の専業メーカで、世界中に輸出している。絶縁抵抗計も2016年にBluetooth搭載モデルを発売するなど最先端である。日置電機や鶴賀電機もラインアップが多い。

MS/s(めがさんぷるぱーせっく)

サンプリング(サンプル・レート)の単位。オシロスコープの仕様などで出てくることが多い。1MS/sは1秒あたり100万サンプル(1秒間に100万個のデジタルデータを収集する)ことをさす。

メガテスタ(めがてすた)

電池で動作する絶縁抵抗計(=電池式絶縁抵抗計)。古くは機械式だったが、現在は可搬型で電池駆動モデルが一般的。「メガオームテスタ」や「メガー」とも呼ばれる。正式名称は「絶縁抵抗計」で、俗称では「メガー」と呼ばれることが多い。国内メーカでは共立電気計器、日置電機や鶴賀電機などがラインアップが多い。海外メーカでは本社が英国にあるMerrer(メガー)社が有名。Megger社は保護リレー試験器など電力関連の測定器や機器のメーカである。

メジャリングレシーバ(めじゃりんぐれしーば)

無線信号の伝播特性を評価する測定器。

メタクラ(めたくら)

受変電・配電機器の分野の用語。 メタルクラッドの略。金属製の筐体に機器を収納したもの。受電設備のときは「キュービクル」とよばれることが多い。遮断器や変圧器などが金属製の筐体に入っている配電盤があれば、それもメタクラとよばれる。ウィキペディア(Wikipedia)の解説では、キュービクルは一つの金属箱内に全ての機器を納めたもの、メタルクラッド は各機能別に金属箱が区切られたもの、とあるが、実際の電気工事の現場ではどう使い分けられているかは不明。

メタンガス濃度測定器(めたんがすのうどそくていき)

メタンガスの濃度を測定する機器。「メタンガス検知器」の別名。メタンガスは可燃性もあり危険なため、ガス検知器も多くつくられている。メーカは新コスモス電機がメジャーだが、通販サイトにはたくさんのメーカの機器が掲載されている。

MEMS(めむす)

(Micro Electro Mechanical Systems)小さな電気機械システム。半導体の基板上に電子回路と、センサやアクチュエータなどの機械要素が混在するミクロンサイズのデバイス。

目盛(めもり)

オシロスコープの用語としては、波形を測定するための画面上のグリッド線のこと。(テクトロニクス「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)より)

メモリオシログラフ(めもりおしろぐらふ)

データをメモリに記録し、感熱紙に印字するタイプのレコーダ。現在のレコーダの主流。「メモリレコーダ」とも呼ばれ、こちらの表現が一般的。「オシログラフ」という名称は横河電機(現横河計測)が好んで使用していた(オシログラフィック・レコーダの項目を参照)。印字機能が無い(ペーパーレス)製品が増えている。たとえば日置電機のメモリーハイコーダなど。ただし鉄道分野に強いオムニエース(現エー・アンド・デイ、旧三栄測器/NECアビオニクス)は印字機能を特長にし続けている。電圧の時間変化を測定し、波形表示する機能はデジタルオシロスコープ(オシロ)と同じ。入力数はオシロより多く(8~32ch)、絶縁されている。サンプリング時間はオシロより遅い(100MS/s以下)が、オシロより長時間の記録ができる。測定器の原理はデジタルオシロと同じだが、使用用途・アプリケーションは全く異なる。

メモリ長(めもりちょう)

デジタルオシロスコープでサンプリングしたデータを記録できる数をメモリ長(またはレコード長)という。メモリ長とサンプリング、測定時間の間には、次の関係がある。測定時間(s)=メモリ長(Word)/サンプリング(S/s)。高速サンプリング(密)で測定すると、測定時間は短かくなり、低速サンプリング(粗)ならば長時間測定できる。従来、メモリが高価だったので、デジタルオシロスコープのメモリは標準では大きくない。今でも各メーカはメモリ増設をオプションにして、性能(と価格)を選択できるようにしている。 メモリ長やレコード長という表現でなく「内蔵メモり」や単に「メモリ」と記述している場合もある。元来、オシロスコープは高速の信号を精度良く捕まえることが主眼で、精度とデータ数(サンプリング)はトレードオフである。電子回路の高速信号をオシロで測定してもせいぜい数秒程度でメモリはいっぱいになる。長時間記録が目的ならばオシロスコープでなくレコーダ(記録計)の出番である。

メモリハイコーダ(めもりはいこーだ)

日置電機のメモリレコーダの品名。

メモリレコーダ(めもりれこーだ)

データをメモリに記録し、感熱紙に印字するタイプのレコーダ。 現在の計測用レコーダの主流の機種群の総称。「メモリオシログラフ」という呼び方をするメーカもある。オシロスコープのように、計測器がアナログからデジタルに進化し、技術革新によって半導体メモリが安価になったことで、レコーダ(記録計)もデジタルオシロスコープのように、メモリを備えたデジタル式になった。従来、レコーダはその名の通り「紙に印字して残す(記録する)」ものだが、デジタルオシロスコープ同様にペーパーレス(印字機能が無い)モデルが多くなっている。メモリレコーダのNo1機種であるメモリハイコーダ(日置電機)や、スコープコーダ(横河計測)などは印字機能が無い。オムニエース(エー・アンド・デイ)は印字機能があることが最大の特長といえる。

面粗度計(めんそどけい)

面の粗さを測定する機器。「表面粗さ計」のこと。測定器の品名でなく、学術的な記事で「面粗度計」の表現が使われている。

  • 1