計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

22

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

冷接点補償器(れいせってんほしょうき)

熱電対の冷接点が常に0℃になるように電気的に補償を行う機器。 別名:ゼロコントローラ。製品としてはコパル電子の0℃基準温度装置(ZERO-CON)、チノーの基準接点温度補償器、エム・システム技研のカップル変換器(冷接点補償精度が良い)などがある。

0.5級(れいてんごきゅう)

アナログ表示の計測器(電圧計、電流計、電力計など)の精度は5つ(0.2級、0.5級、1.0級、1.5級、2.5級)に分類されている(JIS、日本工業規格)。アナログ表示とは指針型のことで、白い板に黒字で目盛りが印刷された上を針が動き、針が止まった数値を読んで測定値とする計測器のこと。0.2級が一番精度が良く標準器に使われている。一般に計測器は0.5級と1.0級が多い(0.5級は精密測定用、携帯用、1.0級は準精密測定用、小型携帯用、と定義されている)。0.5級とは±0.5%の誤差ということ。定格電圧100V(目盛りのフルスケールが100V)のアナログ電圧計で針が指す値が100Vだったら、±0.5Vの誤差がある。フルスケールに対する精度なので、定格電圧に近い(針が目盛りの左側でなく、なるべく右側を示すようにして)値を読まないと誤差は大きくなる。たとえば定格電圧100Vで10Vを測定したら、誤差±0.5Vは保証されずもっと大きくなる。大きいレンジで小さい値を測定すると、測定値に含まれる誤差は大きくなるため、なるべく指針が大きく振れる(なるべく右側まで指す)ようなレンジを選んで測定することが、精度の良い測定値になる。測定結果には「どのレンジで測定したか」は普通は記録しないので、知らずに測定すると精度の悪い結果になる。「アナログ測定器の精度はフルスケールで定義される」ことは計測器の最も初歩の基礎知識の1つである(まことに測定器は素人には使えない、知っている人たちのツウな世界といえる)。0.5級が誤差0.5%というのは、あくまで計測器の誤差で目視による誤差(人為的な誤差)は含んでいない。そのため計測器の真上から指示値を読むことが肝要。0.5級は精密測定用のため、文字盤に鏡が付いたミラー式になっていて、読み取り誤差を防止する機構が備わっていることが多い。横河計測の携帯用直流電流計2011シリーズは、形名2011 33は0.5級で測定レンジは0.1/0.3/1/3mAの4レンジ、2011 32は1.0級で10/30/100/300μAの4レンジ(すべて2020年に製造中止。同社の携帯用指示計器カタログ2019年8月より)。0.5級は「こんまごきゅう」と呼称されることが多い。

冷熱衝撃装置(れいねつしょうげきそうち)

環境試験器(恒温槽)の1種。電子機器の耐熱衝撃を試験する機器。

レイヤ(れいや)

(layer)日本語訳は「階層」。主にプロトコル関連で使われる用語。インターネットなどの通信ネットワークは通信規約を階層ごとに規定している。各ハードウェアやソフトウェアは役割を担う階層(レイヤ)が規定されている。たとえばIPパケットを扱うルータなどの機器と、光伝送を行う伝送装置はレイヤが異なるのが普通である。たとえばケーブルテスタとプロトコルアナライザは評価(測定する)レイヤが違う。

レイヤ1(れいやわん)

通信機能を階層構造に分割した「OSI(Open Systems Interconnection)参照モデル」は第1階層(物理層)〜第7階層(アプリケーション層)の7階層で規定される。第1階層をレイヤ1(ワン)と呼ぶ。「レイヤ1計測器」はケーブルテスタ、OTDR、IDテスタなどで、通信線路(銅線や光ファイバ)の接続状態や物理特性(導通、損失、反射などの物理的な数値)を測定する。第2階層(データリンク層)・第3階層(ネットワーク層)は「プロトコルアナライザ(プロアナ)」、「オンラインモニタ」で評価される。計測器の品名からはレイヤ1テスタかプロアナかは判別しずらい例も多い。たとえば「ケーブルテスタ」という名称で、プロアナの機能があるモデルもある。計測器は品名(名称)からは機種群や機能が特定できず、他社の同等品を探し当てることが素人には難しい。ユーザの仕様に合った計測器の機種を選定する作業は、広範な計測器の知識がある専門職の仕事である。

レーザー(れーざー)

light amplification by stimulated emission of radiationの頭の文字から作った造語がlaser。直訳すると「誘導放出による光増幅放射」。レーザー光は高いコヒーレンス(可干渉性)があり、自然の光ではなくレーザー発振装置によって作られる。赤い光が出るレーザーポインターなどが良く知られているように、すでに一般的な日本語となっている。用途は幅広く、出力の大きいものは金属などを切断する加工装置になる。レーダーのような探査や、望遠鏡にも使われる。大きな出力が可能なことから光通信にも使われている。計測器としてはレーザー光源がある。日本語の表記は「レーザー」と「レーザ」の2つがあり、各企業や団体によってどちらかが使われている。例:一般社団法人 レーザー学会(「レーザ」でなく「レーザー」といっている。)、レーザ協会(こちらは「レーザ」)、日本鍛圧機械工業会(レーザ加工機の規格を策定。「レーザー」でなく「レーザ」といっている。)

レーザー干渉計(れーざーかんしょうけい)

レーザー反射光の干渉を利用して、ミラーやレンズなどの光学部品・精密部品の表面形状誤差(平面度、球面度)を高精度に測定する機器。

レーザー式変位センサ(れーざーしきへんいせんさ)

非接触で対象物の移動距離(変位)を検出するセンサー。

レーザー測長器(れーざーそくちょうき)

レーザーを利用して、工作機械の性能を測定する機器。

レーザードップラ振動計(れーざーどっぷらしんどうけい)

非接触で対象物の振動(速度)を測定する機器。

レーザー変位計(れーざーへんいけい)

非接触で対象物の移動距離(変位)を測定する機器。

レオメータ(れおめーた)

(rheometer)粘弾性測定装置とも呼ばれる。ゴムのような材料は、液体の持つ粘り(粘性)と、固体の持つ弾力(弾性)の特性を持つため「粘弾性」を測定する必要がある。医薬品分野では粘弾性から材料特性を評価している。多機能な粘度計だが、用途が違うため粘度計ではなくレオメータと呼び区別される。

レコーダ(れこーだ)

電圧信号の変化を紙やメモリに記録する測定器。測定器としての原理・構造はオシロスコープと同じだが、アプリケーションと仕様がまったく違っている。オシロと比較すると、長時間記録できるが周波数やサンプリング速度は遅い。また、入力数(チャンネル数)は4(~8)から多チャンネル(128くらい)まであり、入力は絶縁されている。「記録」の名前は紙に書いていた名残で、現在はペーパーレスの機種が圧倒的に多い。ネットワークを介して制御・データ収集するモデルもある。別名:記録計。レコーダ(記録計)とデータロガーの違いは難しく、メーカや書籍によって異なる。当サイトは両者を別のカテゴリにしている。レコーダの老舗メーカは横河電機と三栄測器(現エー・アンド・デイの工業計測機器)で、電磁オシロや工業用記録計がある。横河電機はIA(インダストリーオートメーション)のセンサからの記録用にレコーダをラインアップし、ペーパーレス、遠隔操作、拡張型など、データロガーまで揃えている。三栄測器は(NECの資本参加など紆余曲折はあったが)オムニエースのブランドで、現在の主流であるメモリレコーダを、トップの日置電機、メモリハイコーダと競っている。長時間記録と再生が特長のデータレコーダはティアックとソニーのグループ会社の2社がつくっていたが、現在はティアック1社が続けている。すでにテープは生産終了で記録媒体としてSSDなどを搭載している。データレコーダの需要は海外製のimc社CRONOSやDEWTRONなどのひずみデータロガーに置き換わりつつある。

レコード長(れこーどちょう)

デジタルオシロスコープ(デジタルオシロ)でサンプリングした波形を記録する長さをレコード長(メモリ長)という。レコード長はポイント数もしくはワード数で表現される(例:10kポイント、10kW)。安価なデジタルオシロでは数kポイント程度。内蔵メモリは高価なため、レコード長の大きい(メモリが大きい)モデルは高額になる。高速オシロの増設メモリオプションの価格は概して高額である。長いレコード長を必要とするアプリケーションがいくつかある。最近のデジタルオシロは標準でレコード長の長いものが増えた。「レコード長」といわずに「内蔵メモリ」のような表記をしているメーカカタログもある。「ロングメモリ」という表現もされる。計測器メーカでは、海外のレクロイ、日本の横河計測が「ロングメモリ」のモデルがあることを特長にしてきた。デジタルオシロを名実ともに確立して、長い期間シェアを保ったテクトロニクスのTDS3000シリーズは、標準ではメモリが少なく、ロングメモリには対応していなかった。以前はオシロメーカにこのように特長があったが、最近はテクトロもロングメモリに対応している。テクトロニクスの冊子「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)では「レコード長:信号のレコードを構成する波形ポイントの数」と説明されている。当サイトの記事「基礎と概要」シリーズの「デジタルオシロスコープの基礎と概要(第2回)」に解説がある。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-DigitalOscilloscope-02/

レシーバ(れしーば)

(receiver)有線・無線通信で受信機や受信部品のこと。受信データはRx( Received data 小文字のxはデータの意味)と略記される。レシーバ(受信機)をRxと記述している例もある。

レシオメータ(れしおめーた)

トランスや変圧器の巻線比(レシオ)を測定する機器。

レベル計(れべるけい)

通信回線内の信号の電圧レベルを測定する機器。

レベルジェネレータ(れべるじぇねれーた)

出力レベルを任意に設定できる信号発生器。

レベルセンサ(れべるせんさ)

液体タンクやポンプなど、液体の入ったものの液体の高さ(液面のレベル)を測定する機器のこと。別名レベル計とも呼ばれる(※)。方式により、静電容量式レベル計などがある。広義には気体と液体、気体と粉粒体、など状態の違う2つの境界面をレベルと呼び、その位置を測定するものをレベルセンサやレベル計と呼んでいる。(※)一般に計測器でレベル計というと、通信測定器の内、アナログ伝送路の信号レベル(信号の大きさ、dB)を測定する計測器を指していて、液面をレベルと呼んで高さ測定をする機器のことを指すことは無い。そのため当用語集では「レベル計」をカテゴリ:伝送/交換装置用測定器に分類している。

レベルテストセット(れべるてすとせっと)

安藤電気の電話機用測定器、形名AE-9310の品名。テレフォンユニットテスタAE-9302/9303と併用されることもあった。