計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

26

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

冷接点補償器(れいせってんほしょうき)

熱電対の冷接点が常に0℃になるように電気的に補償を行う機器。 別名:ゼロコントローラ。製品としてはコパル電子の0℃基準温度装置(ZERO-CON)、チノーの基準接点温度補償器、エム・システム技研のカップル変換器(冷接点補償精度が良い)などがある。

0.5級(れいてんごきゅう)

アナログ表示の計測器(電圧計、電流計、電力計など)の精度は5つ(0.2級、0.5級、1.0級、1.5級、2.5級)に分類されている(JIS、日本産業規格)。アナログ表示とは指針型の指示計器ことで、白い板に黒字で目盛りが印刷された上を針が動き、針が止まった数値を読んで測定値とする計測器のこと。0.2級が一番精度が良く標準器に使われている。一般に計測器は0.5級と1.0級が多い(0.5級は精密測定用、携帯用、1.0級は準精密測定用、小型携帯用、と定義されている)。 0.5級とは±0.5%の誤差ということ。定格電圧100V(目盛りのフルスケールが100V)のアナログ電圧計で針が指す値が100Vだったら、±0.5Vの誤差がある。 フルスケールに対する精度なので、定格電圧に近い(針が目盛りの左側でなく、なるべく右側を示すようにして)値を読まないと誤差は大きくなる。たとえば定格電圧100Vで10Vを測定したら、誤差±0.5Vは保証されずもっと大きくなる。大きいレンジで小さい値を測定すると、測定値に含まれる誤差は大きくなるため、なるべく指針が大きく振れる(なるべく右側まで指す)ようなレンジを選んで測定することが、精度の良い測定値になる。測定結果には「どのレンジで測定したか」は普通は記録しないので、知らずに測定すると精度の悪い結果になる。「アナログ測定器の精度はフルスケールで定義される」ことは計測器の最も初歩の基礎知識の1つである(計測の世界は、素人では正確に使えない、知っている人たちのツウな世界、逆に言えばニッチな村社会)。 0.5級が誤差0.5%というのは、あくまで計測器の誤差で目視による誤差(人為的な誤差)は含んでいない。そのため計測器の真上から指示値を読むことが肝要。0.5級は精密測定用のため、文字盤に鏡が付いたミラー式になっていて、読み取り誤差を防止する機構が備わっていることが多い。 横河電機(現横河計測)の携帯用直流電流計2011シリーズは、形名2011 33は0.5級で測定レンジは0.1/0.3/1/3mAの4レンジ、2011 32は1.0級で10/30/100/300μAの4レンジ(すべて2020年に製造中止。同社の携帯用指示計器カタログ2019年8月発行版より)。計測器の名称(品名)に「0.5級」のような表記はほとんどないので、品名などから0.5級の製品を探すことは難しい。 0.5級は「こんまごきゅう」と呼称されることが多い。 計測器情報:横河計測の指示計器(電圧計、電流計、電力計など)の製品例

冷熱衝撃装置(れいねつしょうげきそうち)

環境試験器(恒温槽)の1種。電子機器の耐熱衝撃を試験する機器。

レイヤ(れいや)

(layer)日本語訳は「階層」。主にプロトコル関連で使われる用語。インターネットなどの通信ネットワークは通信規約を階層ごとに規定している。各ハードウェアやソフトウェアは役割を担う階層(レイヤ)が規定されている。たとえばIPパケットを扱うルータなどの機器と、光伝送を行う伝送装置はレイヤが異なるのが普通である。たとえばケーブルテスタとプロトコルアナライザは評価(測定する)レイヤが違う。

レイヤ1(れいやわん)

通信機能を階層構造に分割した「OSI(Open Systems Interconnection)参照モデル」は第1階層(物理層)〜第7階層(アプリケーション層)の7階層で規定される。第1階層をレイヤ1(ワン)と呼ぶ。「レイヤ1計測器」はケーブルテスタ、OTDR、IDテスタなどで、通信線路(銅線や光ファイバ)の接続状態や物理特性(導通、損失、反射などの物理的な数値)を測定する。第2階層(データリンク層)・第3階層(ネットワーク層)は「プロトコルアナライザ(プロアナ)」、「オンラインモニタ」で評価される。計測器の品名からはレイヤ1テスタかプロアナかは判別しずらい例も多い。たとえば「ケーブルテスタ」という名称で、プロアナの機能があるモデルもある。計測器は品名(名称)からは機種群や機能が特定できず、他社の同等品を探し当てることが素人には難しい。ユーザの仕様に合った計測器の機種を選定する作業は、広範な計測器の知識がある専門職の仕事である。

レーザー(れーざー)

(laser) 「light amplification by stimulated emission of radiation」の頭の文字から作った造語。直訳すると「誘導放出による光増幅放射」。レーザー光は高いコヒーレンス(可干渉性)があり、自然の光ではなくレーザー発振装置によって作られる。赤い光が出るレーザーポインターなどが良く知られているように、すでに一般的な日本語となっている。 用途は幅広く、出力の大きいものは金属などを切断する加工装置になる。レーザー光が人の目に照射すると危険な場合があり、「危険」と書かれた黄色い警告ラベルが貼られている。レーダーのような探査や、望遠鏡にも使われる。公共の基幹通信網である光ファイバ通信システムにも使われている。 計測器としては、光通信測定器の光源の中に、レーザー光源がある。レーザー距離計はレーザーを使った距離の測定器だが、ゴルフ用に距離を知るためのレーザー距離計も販売されている(こちらは計測器というよりゴルフ関連商品である)。 日本語の表記は「レーザー」と「レーザ」の2つがあり、各企業や団体によってどちらかが使われている。例:一般社団法人 レーザー学会(「レーザ」でなく「レーザー」といっている。)、レーザ協会(こちらは「レーザ」)、日本鍛圧機械工業会(レーザ加工機の規格を策定。「レーザー」でなく「レーザ」といっている。) 参考用語:コヒーレント、レーザー干渉計、レーザーダイオード 参考記事:「光スペクトラムアナライザの基礎と概要 (第1回)」・・光ファイバ通信システムの構成図がある。 計測器情報:品名にレーザーが付く製品の例

レーザー干渉計(れーざーかんしょうけい)

レーザー反射光の干渉を利用して、ミラーやレンズなどの光学部品・精密部品の表面形状誤差(平面度、球面度)を高精度に測定する機器。

レーザー式変位センサ(れーざーしきへんいせんさ)

非接触で対象物の移動距離(変位)を検出するセンサー。

レーザー測長器(れーざーそくちょうき)

レーザーを利用して、工作機械の性能を測定する機器。

レーザーダイオード(れーざーだいおーど)

(laser diode) ダイオード(半導体)によってレーザー(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation、誘導放出による光の増幅)の光を出すので、日本語では「半導体レーザー」。略記はLD。電流に比例したレーザー光が出る、光素子。電気を光に変換するのでE/Oコンバータとして使われる。波長や位相の性質が全く同じ光が取り出せるため、干渉性が高い(コヒーレント)光である。レーザーやLDなどの発光素子と、受光素子であるPD(フォトダイオード)によって、基幹通信網の高速・大容量化(光ファイバ通信)が実現された。 計測器としては、光測定器(光通信測定器)の安定化光源に、LD光源とLED光源がある。LD光源はLED光源に比べて高額だが出力は大きいという特徴があり、両者は用途によって使い分けられる。波長可変光源はチューナブルレーザー光源などのLDを使った計測器が2000年代までは各社(キーサイト・テクノロジー、santec、安藤電気、アンリツなど)がつくっていたが、現在はライアップが減っている。 LDと書くと、オーディオ・映像機器のLaserDisc(レーザー・ディスク)の略記でもある。直径30cmの光ディスクに両面で最大2時間の映像を記録できるので、1980年代にはオーディオメーカのパイオニアのLDプレーヤは一世を風靡した(個人宅での映画鑑賞に最適だった)。DVDの普及により現在はLDもLDプレーヤも過去のものとなった。記録媒体の進化によるメディアの変遷は早く、特にオーディオの世界は生産中止になった古い規格による資産が個人宅に山のように眠っている(DAT、ベータ、VHS、MDなどなど)。 参考記事:「光スペクトラムアナライザの基礎と概要 (第1回)」光ファイバ通信システムの構成図がある。 計測器情報:品名に「レーザーダイオード」が付く製品の例

レーザードップラ振動計(れーざーどっぷらしんどうけい)

非接触で対象物の振動(速度)を測定する測定器。非接触式振動センサの代表的な製品。 計測器情報:polytecのレーザドップラ振動計

レーザー変位計(れーざーへんいけい)

非接触で対象物の移動距離(変位)を測定する機器。

レオメータ(れおめーた)

(rheometer)粘弾性測定装置とも呼ばれる。ゴムのような材料は、液体の持つ粘り(粘性)と、固体の持つ弾力(弾性)の特性を持つため「粘弾性」を測定する必要がある。医薬品分野では粘弾性から材料特性を評価している。多機能な粘度計だが、用途が違うため粘度計ではなくレオメータと呼び区別される。

レコーダ(れこーだ)

(recorder) 電圧信号の変化を紙やメモリに記録する測定器。カタログ上の測定項目だけを見ると、電圧の時間変化の波形を観測するオシロスコープ(オシロ)とほぼ同じだが、アプリケーションと仕様(測定範囲)がまったく違う。オシロと比較すると、長時間記録できるが周波数帯域は低く、サンプリングレートは遅い。また、入力数(チャンネル数)は最低4(~8)だが、16chくらいまで増設可能(多チャンネル)で、入力は絶縁されている。「記録」の名前は紙に書いていた名残で、現在はペーパーレスの機種が圧倒的に多い。LANや公衆回線などのネットワークを介して制御・データ収集するモデルもある。別名:記録計。 レコーダ(記録計)とデータロガーの違いは難しく、メーカや書籍によって異なる。当サイトは両者を別のカテゴリー(「レコーダ・記録装置」と「データ集録機器」の2分類)にしている。レコーダの代表的な老舗メーカは横河電機と三栄測器で、電磁オシログラフや工業用記録計(チャートレコーダ)がある。横河電機はIA(インダストリーオートメーション)のセンサからの記録用にレコーダをラインアップし、ペーパーレス、遠隔操作、拡張型など、データロガーまで揃えている。三栄測器は(NECの資本参加など紆余曲折はあったが)オムニエースのブランドで、現在のレコーダの主流であるメモリレコーダで、日置電機のメモリハイコーダと競っている(三栄測器の計測器は現在ではエー・アンド・デイ社の工業計測機器部門となっている)。 長時間記録と再生が特長のデータレコーダはティアックとソニー(グループ会社)の2社がつくっていたが、現在はティアック1社が続けている。記録媒体としてのテープはすでに生産終了しているため、SSDなどを搭載している。データレコーダの需要は海外製のimc社CRONOS(クロノス)やDEWEsof(デューソフト)社などのひずみデータロガーに置き換わりつつあるが、一部の顧客(市場)で熱良い人気がある。ティアックは航空機搭載用記録再生機器もつくっていて、運輸機器やタービンなどの応力測定用途でデータレコーダを納入している。 参考用語:データ集録機器 参考記事: メモリレコーダの基礎と概要 ・・・メモリレコーダのトップメーカである日置電機の製品を例として掲載。 記録計・データロガーの基礎と概要 ・・・レコーダ/データロガーの老舗である横河電機の製品画像を多数掲載(横河計測はメモリレコーダなので掲載していない)。 計測器情報:レコーダ/記録計の製品例

レコーダオシロ(れこーだおしろ)

横河電機の計測器事業部門は1990年代に、多チャンネルの波形測定器AR4000シリーズアナライジングレコーダや、オシログラフィック・レコーダOR/ORPシリーズ(OR100/OR300/OR1400、ORP1200/OPR1300など)チャート式メモリレコーダをつくっていたが、2000年代前半に生産中止となった。後継機種として2002年に1Gワードのメモリを搭載した「データ・レコーダ付きディジタル・オシロスコープ」DL750 ScopeCorder(スコープコーダ)が発売された。以降、スコープコーダはモデルチェンジを続け、DL850、DL950、DL350などが発売されている。名称から明らかなようにこの機種群(スコープコーダ)はレコーダオシロである(オシロScopeとレCorderが合体した命名)。レコーダなのか?オシロなのか?とは愚問である。同社はDL750のプレスリリースで「レコーダの様なオシロ」といっている。なので、当サイトではオシロのカテゴリに「レコーダオシロ」という項目をつくり、同社のオシログラフィック・レコーダやスコープコーダを分類している。スコープコーダと競合するのはメモリレコーダである。そのため、一般的にはスコープコーダ(現役モデルはDL950、DL350)はオシロではなく日置電機のメモリハイコーダのようなレコーダである。ただし、メーカは発売時に「レコーダ機能があるオシロ」、とオシロであると主張している。形名に同社のオシロと同じ「DL」を付けていることもその主張を裏付けている。横河電機は1924年に電磁オシログラフを国産化した実績をもち、波形記録装置としての記録計(レコーダ)の老舗である。時代をリードするレコーダを常に発表し、現在も続けている。横河電機の計測器部門は「メモリオシログラフ」や「オシログラフィック・レコーダ」というオシロのような名前のレコーダを作り、1980年代にDLシリーズでデジタルオシロに参入後は、同じ形名のDLを使ったスコープコーダというメモリレコーダを作ったといえる。 スコープコーダはメモリレコーダなので、レコーダに分類するのが妥当だが、メーカの意向を勘案してオシロの中に「レコーダオシロ」なる項目をつくった(2002年当時)。ただし現在の横河計測HPの製品ページでは「データロガー/データ収集(DAQ)」にスコープコーダは掲載されているので、当サイトの計測器情報の機種群(カテゴリ)を改修する際はレコーダオシロという項目は削除されると思われる。 参考用語: スコープコーダ・・横河の2系統のレコーダについて説明。 オシログラフィック・レコーダ、オムニエース、サーマルアレイレコーダ 参考記事:メモリレコーダの基礎と概要 (第1回)・・・冒頭の「歴史的な波形記録装置」の章で、電磁オシログラフが紹介されている。 計測器情報:レコーダオシロの製品例

レコード長(れこーどちょう)

デジタルオシロスコープ(デジタルオシロ)でサンプリングした波形を記録する長さをレコード長(メモリ長)という。レコード長はポイント数もしくはワード数で表現される(例:10kポイント、10kW)。安価なデジタルオシロでは数kポイント程度。内蔵メモリは高価なため、レコード長の大きい(メモリが大きい)モデルは高額になる。高速オシロの増設メモリオプションの価格は概して高額である。長いレコード長を必要とするアプリケーションがいくつかある。最近のデジタルオシロは標準でレコード長の長いものが増えた。「レコード長」といわずに「内蔵メモリ」のような表記をしているメーカカタログもある。「ロングメモリ」という表現もされる。計測器メーカでは、海外のレクロイ、日本の横河計測が「ロングメモリ」のモデルがあることを特長にしてきた。デジタルオシロを名実ともに確立して、長い期間シェアを保ったテクトロニクスのTDS3000シリーズは、標準ではメモリが少なく、ロングメモリには対応していなかった。以前はオシロメーカにこのように特長があったが、最近はテクトロもロングメモリに対応している。テクトロニクスの冊子「オシロスコープのすべて」(2017年4月発行)では「レコード長:信号のレコードを構成する波形ポイントの数」と説明されている。当サイトの記事「基礎と概要」シリーズの「デジタルオシロスコープの基礎と概要(第2回)」に解説がある。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-DigitalOscilloscope-02/

レシーバ(れしーば)

(receiver)有線・無線通信で受信機や受信部品のこと。受信データはRx( Received data 小文字のxはデータの意味)と略記される。レシーバ(受信機)をRxと記述している例もある。

レシオメータ(れしおめーた)

トランスや変圧器の巻線比(レシオ)を測定する機器。

レジスタ(れじすた)

(register)CPUが処理を実行するために一時的にデータを格納しておく一時保管デバイス。RISC CPUには基本命令しかないので、CISC CPUに比べてレジスタを大量にCPUコア内に持ち複雑なプログラム実行に耐えられるようにしてある。(株式会社Sohwa&Sophia Technologiesの用語集より)

レゾルバ(れぞるば)

角度を検出するセンサの1種。ロータリーエンコーダと同じ角度センサだが、耐環境特性が優れ、自動車、ロボット、工作機械などの厳しい環境で使われる機械に組み込まれる。参考記事:ファンクションジェネレータの基礎と概要 (第3回)・・レゾルバの角度検出回路をファンクションジェネレータを使って評価する方法が図解されている。