計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

形名

読み方:

かためい

カテゴリー:

#その他

メーカが商品を特定するための番号(文字列)。呼び方はメーカによってモデル番号、型名、型番、品番、型式など。PCで「かためい」を漢字変換すると型名になるので、「型名」の方が一般的と思われがちだが両者の頻度はほぼ拮抗している。たとえば代表的な計測器メーカの横河電機や安藤電気は「形名」。型を使うのは「型番」「型式」が多い。形名の命名方法は各メーカ独自だが、大体2通り。1つは番号の羅列で、使う番号が無くなると桁数を増やすやり方。HP(現キーサイト・テクノロジー)が代表で、DMMの34461Aやネットワークアナライザの8753D(末尾には必ず「A」を付け、改良(大きな性能変更を伴うバージョンアップ)があるとB、C・・と形名を更新するのが同社のやり方。一部例外はあるが。)。同社の旧モデルは機種群によって形名に法則性があり番号を見ただけでおおよそどんな製品か解ったが、(番号の枯渇からか)近年は頭にアルファベット1文字を付けている。RF製品はEやN、安価な汎用製品はUやBだが、その命名法則は不透明で形名から機種群を推測できなくなった。2つめはアルファベット2文字(か3文字)と数字4文字(4文字以外も時々ある)のケース(アルファベットと数字の間に「-」やブランクがある場合もある)。アンリツのMS2690Aシグナルアナライザ、日置電機のIR4051絶縁抵抗計、リオンのUV-15振動計など。形名はメーカの自由だが例外として各メーカ共通の法則が、日本の電源と最近のオシロスコープにある。たとえばテクトロニクスのオシロスコープMSO3054の05は500MHz、4は4chを表し、ほとんど世界中のオシロの末尾3文字は周波数帯域と入力チャネルを示す。菊水電子工業のPMC18-3は18V/3A仕様で、数字が電圧/電流レンジを表すのは他の国内電源メーカもほぼ同様。キーサイト・テクノロジーの電源形名がこの法則に従えば日本で売上増する、という笑い話がある。アンリツの形名の頭は計測事業部門の製品はM、旧電話機事業部門の製品はE(例:EF111Aコールシミュレータ)。2文字目は機種群の略でスペアナはS、信号発生器はジェネレータのG。光通信製品は2文字目で区別しないので、形名からは光パワーメータとRFパワーメータは判別できない。

速納.com