速納.com 新品オシロ・マルチ10%OFFキャンペーン さらに、大好評ノベルティプレゼントの第4弾を開催中!!

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

光スペクトラムアナライザ

読み方:

ひかりすぺくとらむあならいざ

カテゴリー:

#光測定器

(Optical Spectrum Analyzer)
光通信やDVDなどに使う光信号の、波長ごとのパワースペクトルを測定して表示する測定器。光通信測定器の代表的な基本測定器。オシロスコープ(時間-電圧グラフを表示)、スペクトラムアナライザ(周波数-パワーのグラフを表示)と同じように、光通信では光スペクトラムアナライザが波長-パワーのグラフを表示する。無線通信では周波数特性(f特)が重要な指標なように、光通信では波長特性が重要になる。単に波長のパワーを測定するだけなら光波長計があるが、光スペクトラムアナライザの方が大変良く使われる。
原理(構造)は解析格子(グレーティング)を使ったモデルが多いが、他の方式もある(アドバンテストは以前、ファブリペロー共振器を使ったモデルをつくっていた)。用途やアプリケーションによって複数の種類がある。通信で使う1300~1500nmの波長にフォーカスしたモデルや、Blu-ray Discなどの300~500nm向けなどがある。計測器メーカは横河計測(旧安藤電気)のAQ6000シリーズが有名。海外ではEXFO(エクスフォ)などがラインアップしている。詳しくは以下の記事を参照されたい。

参考記事:「光スペクトラムアナライザの基礎と概要」。計測器を基礎から説明した初心者向けの解説記事。

~就活に役立つ~ オシロスコープ基礎 無料体験セミナー