速納.com

学び情報詳細

光スペクトラムアナライザの基礎と概要 (第2回)

【コラム】日本国内で販売されている光ファイバ通信市場向け光スペクトラムアナライザ、波長計

日本国内では国産メーカ以外に外国メーカの光スペクトラムアナライザも販売されている。

表9. 日本国内で販売されている光スペクトラムアナライザの一覧
企業名 拠点所在地 波長 分光方式 測定器形状 備考
分散方式 干渉方式 ヘテロダイン方式 ベンチトップ(画面付き) ポータブル(画面付き) モジュール(要PC接続)
横河計測 日本 350~5500nm
アンリツ 日本 600~1750 nm
VIAVI Solutions アメリカ 1260~1650nm 日本法人はVIAVIソリューションズ
VeEX Inc アメリカ 1260~1650 nm 国内の取扱店はメインテクノロジー
II-VI Incorporated
(旧:Finisar)
アメリカ 1526.8~1611.7 nm 日本法人はツーシックスジャパン
Luna Innovations
(旧:New Ridge Technologies)
アメリカ 1527〜1568 nm 国内の取扱店はハイテック、アイウェーヴ
Thorlabs アメリカ 350~12000nm 日本法人はソーラボジャパン
Bristol Instruments アメリカ 375nm~12000nm 国内の取扱店は丸文
EXFO(旧:Yenista Optics) カナダ 1250~1700nm 国内の取扱店はオプトサイエンス、カワミツ産業、セブンシックス、丸文
IDPhotonics GmbH ドイツ 1528.5~1567.5nm 国内の取扱店はハイテック、アイウェーヴ、光響、セブンシックス
HighFinesse GmbH ドイツ 192~11000nm 国内の取扱店はハイフィネス・ジャパン、トプティカフォトニクス
APEX Technologies フランス 1044~1630nm 国内の取扱店は光貿易
Aragon Photonics Labs スペイン 1516~1630nm 国内の取扱店はハイテック、サンテック
表10. 日本国内で販売されている波長計の一覧
企業名 拠点所在地 波長 分光方式 測定器形状 備考
マイケルソン干渉計 フィゾー干渉計 ベンチトップ(画面付き) モジュール(要PC接続)
横河計測 日本 900~1700nm
エーディーシー 日本 630~1650nm
Keysight Technologies アメリカ 700~1700nm
Bristol Instruments アメリカ 375nm~12000nm 国内の取扱店は丸文、日本レーザー
HighFinesse GmbH ドイツ 192~11000nm 国内の取扱店はハイフィネス・ジャパン、トプティカフォトニクス

執筆協力:横河計測株式会社 ホームページは こちら

執筆:小島 学 横河計測株式会社 通信ビジネス本部 技術部 2グループ
魚住 智彦 横河レンタ・リース株式会社 事業統括本部

速納.com