計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

サンプルレート

読み方:

さんぷるれーと

カテゴリー:

#電圧・電流・電力測定器 #回路素子測定器 #オシロスコープ

測定値をA/D変換回路が1秒間に感知する回数。正式には「サンプリング・レート」が正しいと思われるが、「サンプルレート」と呼ばれることが多い(サンプリングをサンプルと略す由来、経緯は不明)。最近の測定器はほとんどデジタル化されていて、測定した連続値(アナログ)をサンプリング周波数ごとに読んでA/D変換器でデジタル値にし、表示したり、メモリに記録している。測定器のカテゴリーやモデルによってサンプルレートの値は大きく異なる。オシロスコープ(オシロ)ではサンプルレートは周波数帯域と並ぶ2大仕様で、測定器前面の形名の横に「周波数帯域」と「サンプルレート」が並んで表記されている製品もある。オシロではサンプルレートを「S/s」(サンプル・パー・セック、つまり1秒あたりのサンプリング数)の表記をするので、単位は秒(時間)の逆数である周波数となる。そのためオシロでは「サンプルレート」のことを「サンプリング周波数」ともいう。サンプリングの値は速い・遅いと表現するので、「サンプリング・スピード」という記載例もある。オシロのサンプルレートは周波数帯域の1桁以上、上である(例えば周波数帯域:100MHz、サンプルレート:2GS/sなど)。デジタルマルチメータ(DMM)のサンプルレートは数〜10回/秒程度。現場用の可搬型測定器を多くラインアップしている共立電気計器の用語集には「サンプルレートは一般的には2~3回/秒程度」と記載されている。表記は「Sa/s」のときもあるが一般には「S/s」が多い。当サイトの「基礎と概要」シリーズの「オシロスコープの基本仕様の理解」にサンプル・レートの解説がある。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-DigitalOscilloscope-02/

速納.com