速納.com

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

光ファイバ通信

読み方:

ひかりふぁいばつうしん

カテゴリー:

#光測定器

(fiber optic communication)光ファイバとは屈折率の高い物質(コア)を屈折率の低い物質(クラッド)で覆った同心円状の細長い構造で、光(レーザー光)をコアに入射するとコア内に閉じ込められ、長距離に伝わるのが光ファイバ通信。コアやクラッドの材料は石英ガラスやプラスチックなど多数あり、グラスファイバやプラスチックファイバと呼ばれる。光通信以外の用途にも使われる(参考用語:光ファイバ)。光ファイバ通信の理論は西澤潤一氏が特許出願したが却下されている(あまりにも先進的であったため判断ができなかったといわれる)。光ファイバ通信は電気信号をE/O変換器で光に変えて送信し、途中で光ファイバ増幅器で減衰を補う。受信側ではO/E変換器で電気信号に変換する。長距離伝送する区間だけを光ファイバを使っている。全区間を光で通信するAPN(オール・フォトニクス・ネットワーク)はまだ実現されていない。送信側ではLD(レーザーダイオード)、受信側ではPD(フォトダイオード)などの素子が使われる。公衆回線での長距離伝送には伝送損失の少ない石英ファイバで、波長1.31μmや1.55μmが使われる。短距離では安価なプラスチックファイバや波長0.85μmが使われる。光ファイバ通信は携帯電話で使われている無線通信のような高度の変調はできず、信号を複数の波長に割り当てて、1本のファイバで多重化することで、大容量・高速化を実現した(参考用語:WDM、波長分割多重)。電気信号は振幅や周波数を変調して高速化しているのに、光通信は強度を変える方式が主流だったが、2010年代に光デジタルコヒーレント通信技術が進み、位相変調や偏波多重でより高速化された。電気に比べて光の部材(素子やコネクタなどの部品)が高額なため、電気がすべて光に置き換わってはいない。それでも基幹通信網やデータセンターの伝送路に光ファイバ通信が使われるのは低損失、広帯域、小型・軽量、無誘導などの利点による。参考記事:「光スペクトラムアナライザの基礎と概要 (第1回)」の「光ファイバ通信の概要」。https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-OpticalSpectrumAnalyzer-01/