計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

レコーダオシロ

読み方:

れこーだおしろ

カテゴリー:

#オシロスコープ

横河電機の計測器事業部門は1990年代に、多チャンネルの波形測定器AR4000シリーズアナライジングレコーダや、オシログラフィック・レコーダOR/ORPシリーズ(OR100/OR300/OR1400、ORP1200/OPR1300など)チャート式メモリレコーダをつくっていたが、2000年代前半に生産中止となった。後継機種として2002年に1Gワードのメモリを搭載した「データ・レコーダ付きディジタル・オシロスコープ」DL750 ScopeCorder(スコープコーダ)が発売された。以降、スコープコーダはモデルチェンジを続け、DL850、DL950、DL350などが発売されている。名称から明らかなようにこの機種群(スコープコーダ)はレコーダオシロである(オシロScopeとレCorderが合体した命名)。レコーダなのか?オシロなのか?とは愚問である。同社はDL750のプレスリリースで「レコーダの様なオシロ」といっている。なので、当サイトではオシロのカテゴリに「レコーダオシロ」という項目をつくり、同社のオシログラフィック・レコーダやスコープコーダを分類している。
スコープコーダと競合するのはメモリレコーダである。そのため、一般的にはスコープコーダ(現役モデルはDL950、DL350)はオシロではなく日置電機のメモリハイコーダのようなレコーダである。ただし、メーカは発売時に「レコーダ機能があるオシロ」、とオシロであると主張している。形名に同社のオシロと同じ「DL」を付けていることもその主張を裏付けている。
横河電機は1924年に電磁オシログラフを国産化した実績をもち、波形記録装置としての記録計(レコーダ)の老舗である。時代をリードするレコーダを常に発表し、現在も続けている。横河電機の計測器部門は「メモリオシログラフ」や「オシログラフィック・レコーダ」というオシロのような名前のレコーダを作り、1980年代にDLシリーズでデジタルオシロに参入後は、同じ形名のDLを使ったスコープコーダというメモリレコーダを作ったといえる。
スコープコーダはメモリレコーダなので、レコーダに分類するのが妥当だが、メーカの意向を勘案してオシロの中に「レコーダオシロ」なる項目をつくった(2002年当時)。ただし現在の横河計測HPの製品ページでは「データロガー/データ収集(DAQ)」にスコープコーダは掲載されているので、当サイトの計測器情報の機種群(カテゴリ)を改修する際はレコーダオシロという項目は削除されると思われる。

参考用語: スコープコーダ・・横河の2系統のレコーダについて説明。
オシログラフィック・レコーダオムニエースサーマルアレイレコーダ
参考記事:メモリレコーダの基礎と概要 (第1回)・・・冒頭の「歴史的な波形記録装置」の章で、電磁オシログラフが紹介されている。
計測器情報:レコーダオシロの製品例

速納.com