計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

Wireshark

読み方:

わいやーしゃーく

カテゴリー:

#プロトコルアナライザ

イーサネットのパケット収集やプロトコル解析ができるフリーソフトウェア。PC上でオンラインモニタができるため、計測器としてのLANプロトコルアナライザは現在はなくなった(※)。 車載Eherenet(車載イーサネット)もWireshrkでモニタできるため、計測器としてのオンラインモニタは存在しないが、パケットの送信やスクリプトによるテストの自動化、ECU動作の擬似などはできない。そのため、ドイツTechnica Engineering社の解析ソフトウェアANDi(Automotive Network Diagnoser、アンディ)などが販売されている。
Wiresharkはフリーのパケットキャプチャソフトウェアで、汎用PCにインストールしてパケットキャプチャツールとして使用できるので重宝されている。無償のソフトウェアで、汎用PC上で動作するので広く使われている。しかしながら搭載されるPCのOSの制限を受けることもあり、高速・大容量のトラフィックキャプチャに対応することが困難な場合もある。
Sharkは鮫(さめ)なので、Wiresharkは「(通信)線の鮫」という意味。ワイヤに嚙みついて、中を流れるデータをモニタするイメージ。

(※) ただし、高速の規格に対応したLANプロトコルアナライザ(LANプロアナ)の計測器はある(以下の参考記事でギガビットLAN製品を取材)。
LANプロアナは2000年代にすでにソフトウェアが主流で計測器(ハードウェア)ではなくなっている。LANプロアナで有名なsnifferも実態はソフトウェアで、その時代に主流の高機能な可搬型のPCに搭載されて提供されたが、最後はCDなどの媒体になり、ユーザ保有のPCにインストールして使用された。つまり、LANプロアナとは、ハードウェアではなくソフトウェアだったのである。

計測器情報: Technica Engineering社の解析ソフトウェアANDi

参考記事
計測器中古市