PR記事バナー

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

表示カウント数

読み方:

ひょうじかうんとすう

カテゴリー:

#電圧・電流・電力測定器

ハンドヘルド型のデジタルマルチメータ(DMM)の最大表示数のこと。メーカによっては「カウント数」、「カウント」。測定精度を示す指標。主要計測器メーカ11社を調べると1999~50万カウントと、製品によって幅がある(※)。50万カウントは高級器で通常は4000~6000カウントが一番多い。カウントと表示の例を述べる。3000カウントの製品で約4Vを測定すると、たとえば表示は「4.12V」。「4.120V」と表示されないのは3000カウント(3.000Vまでの表示)のため表示桁数が減っている。4000カウントでも表示は「4.12V」で、5000カウントになると(5.000Vまで表示できるので)表示は4桁の「4.123V」になる。安価な可搬型DMMなら3桁表示で十分な時も多く、より精度を求めるならベンチトップという選択肢がある。つまり用途(必要な仕様)によって、性能と価格から適切な製品を選択することである。ベンチトップ型DMMは「表示桁数」という仕様で記載されるが、ハンドヘルド型は「表示カウント数」という別の表現で明記される。ベンチトップ型は「3.5桁(または3 1/2桁)」というと「1999」まで表示できる製品がほとんどだが、ハンドヘルド型は製品によって性能の幅が広く桁数では表現できないため、具体的な最大表示数を「カウント」という表現で仕様にしている。「カウント」と聞くとサンプリングスピードの事と勘違いされる懸念もある。たとえば5000カウントとは5000回/秒のサンプリングとか。冷静に考えれば5000回/秒は0.2ms(0.2ミリ秒)なので、数万円もしない安価な製品がそのような高速サンプリングをするはずがない、と気がつく話ではあるが、計測器の表現は略されることが多いので素人には注意である。余談だが、一般的なハンドヘルド型DMMのサンプリング(表示更新レート)は2~5回/秒程度、つまり200~500msで、約0.5秒ごとに測定(表示)している(機種によっては複数回のサンプリングの平均を表示する製品もあり、表示更新レートは0.5秒より遅い場合もある)。(※)当サイトの「基礎と概要」シリーズのDMMの記事による。URL→https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-DMM02-02/?page=3

速納.com 1周年記念キャンペーン