計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

平衡

読み方:

へいこう

カテゴリー:

#オシロスコープ #プロトコルアナライザ

(balence)
電気信号の伝送方式には大きく平衡と不平衡(unbalence)がある。信号線が1本で、グランドとの電位差によって信号を伝送しているのが不平衡。2本の信号線を使い、1本には伝送したい信号を、もう1本にはその信号のマイナスの大きさ(逆位相)信号を送ると、信号が平衡関係にあるため、平衡と呼ばれる。データ伝送では「対の信号線を使い、その電位差で信号を表す」伝送方式といわれる。2本の電線はどちらも接地されない(信号がグランドレベルに左右されない)ため、不平衡に比べて平衡は耐ノイズ性能が高く、長距離、高速通信に向いている。具体的にはシリアル通信 のRS-422、RS-485LVDSなどの規格。
プロトコルアナライザなどの有線通信分野では平衡というが、別名、差動とも呼ばれる。オシロスコーププローブなどでは1本伝送を「シングルエンド(single-ended signalling、最後まで1本で伝送する)」、2本の場合を「差動」伝送と呼んでいる。平衡(balance)=差動(differential )で、両方は全く同じことを違う表現をしている。「(2本の線が)平衡(している)」、「(1本なので平衡していない、つまり)不平衡」という表現が、見方を変えると「(2本の)差動」と「シングル(1本で)エンド(最後まで伝送)」という表現になる。平衡、不平衡ならまだわかりやすいが、シングルエンドと差動は素人には理解しにくい。計測の世界は、(原理を知っている)知識のある限られた人々のニッチな世界(ツウな業界)である。
平衡(=差動)は不平衡(=シングルエンド)に比べて2本の電線が必要だが、技術の進歩によって従来より低い電圧での伝送が可能になり、LVDSのような従来より低電圧の差動伝送方式が普及している。

速納.com