PR記事バナー

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

パワースペクトル

読み方:

ぱわーすぺくとる

カテゴリー:

#FFTアナライザ

(Power Spectrum)信号のパワーを一定の周波数帯域毎に分割し、その帯域毎のパワーを周波数の関数として表したもの。単位は振幅の2乗(V2rms)。FFT アナライザは、フーリエ変換によって、時間軸波形(時間関数x(t))から周波数軸波形(周波数関数X(f))を求める。X(f)は複素関数で、時間関数x(t)のフーリエスペクトルとよばれる。またフーリエスペクトルがわかっていれば元の時間軸波形を再生することができる。実際には、有限のサンプル値から数値計算を行うため、離散フーリエ変換(DFT:Discrete Fourier Transform)を行っている。FFT アナライザでは高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform)を用いるが、これはDFTを高速演算する算法である。パワースペクトルの次元は振幅の2乗だが、リニアスケールのときは「√(V2rms)」としている。したがって、その周波数の時間波形の実効値と一致する(計測器のメニューにより「V2rms」の表示も可能)。初期状態では、X軸は周波数、Y軸は1(V2rms)を0(dBVrms)とする対数スケールで表示される。パワースペクトルのリニア/ログ換算は簡便にできるが、計算値は有効桁の関係から真値と完全には一致しない場合がある。(小野測器の「FFT解析に関する基礎用語集」より)

速納.com 1周年記念キャンペーン