計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

分布定数回路

読み方:

ぶんぷじょうすうかいろ

カテゴリー:

#ネットワークアナライザ

(distributed constant circuit)
回路素子の物理的寸法がその回路で対象とする信号の波長に対して無視できず、インダクタ(コイルL)、キャパシタ(静電容量C)、抵抗(R、G)を独立した回路素子として取り扱うことができない回路。分布定数回路では、伝送線路上における基本構成として下図のような等価回路が単位長あたりに存在するとして取り扱う。
集中定数なのか分布定数なのかは、その線路を伝わる信号の変化の速さ(立ち上がり/立ち下がり時間)で決まるので、画一的な数値でその境界線は示しにくい。一般的には高周波になると分布定数で評価している。目安としては、信号の周波数がGHz(おおよそマイクロ波)以上なら分布定数回路で、未満だと集中定数回路の事が多い(あくまで目安)。ネットワークアナライザは高周波でインピーダンスを測定するが、分布定数回路なためSパラメータで回路の特性を規定している。LCRメータインピーダンスアナライザなどの回路素子測定器 は集中定数回路のL、C、Rを測定し、等価回路で表示している。

速納.com