計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

オンチップエミュレータ

読み方:

おんちっぷえみゅれーた

カテゴリー:

#エミュレータ

(on-chip emulator)
CPUチップに内蔵したデバッグ回路を使うエミュレータ(ICE)のこと。従来、ICEはターゲットのCPU実装部にICEをつなぎ、ICE内のデバッグ回路を使うが、ターゲットにCPUを実装した状態(On Chip)で、デバッグ用インタフェースにICEをつなぐ。歴史的には簡易検査用のインタフェースであるJTAG(ジェイタグ)がその走りで、オンチップデバッグ機能やオンチップエミュレータと呼ばれた。2000年以降にこの方式がデバッガ(ICE)の主流になり、従来のICEをフルエミュレータ(オンチップエミュレータでは実現できないフルのICE機能がある、という意味)やフルICEと呼び、区別するようになった。
デバイスメーカによってはJTAGという名称を使っていないなど、統一されていない。現在の主流はJTAG ICEなのは間違いないが、顧客のターゲットのCPUによっては、 JTAG をデバッガのインターフェースとして利用しない製品もある(たとえばDAPなど)。そのためICEメーカのlauterbach(ローターバッハ)は「JTAG ICE」とは記載せずに「デバッガ/トレース」と表現している。あえてインターフェースを記載する場合は「JTAG/DAP デバッガ」のように「どちらのインターフェースにも対応している」ことがわかるような表記にしている。
ICEはマイクロプロセッサという日進月歩の世界の話なので、時代とともに今も変化していて、最先端の現役のICE製品群については、(数少なくなってはいるが)全ICEメーカ、と各デバイスメーカの情報を精査しないと正確な説明は難しい。当サイトのカテゴリー(機種分類)ではJTAGエミュレータという表現はせずオンチップデバッグツールとしている。

速納.com