計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

f特

読み方:

えふとく

カテゴリー:

#その他

(frequency characteristic)
周波数特性」の略称。周波数(frequency)は電気記号では「f」と略記される。ある物理量が周波数によってどのように変化するかを示したもの。グラフは横軸はfで縦軸は各種の物理量になる。利得(電圧や電力をdBで示したもの)が縦軸になることが多い。f特の代表的な計測器がスペクトラムアナライザである。周波数ごとの強度分布を「周波数スペクトル」と呼ぶことも多い。つまりf特と周波数スペクトルは同じ意味である。
工学系の学生は実験で計測したデータを対数グラフ(セミログログ-ログ)にプロットしてf特のグラフを作成する。横軸(周波数)の目盛りは対数(log)のことが多い。f特は電気だけでなく物理量全般に、基本的な指標の1つである。
計測器だけでなくオーディオ機器(アンプやスピーカ)の性能を示す製品カタログにも、ごく普通に(何の説明もなくあたりまえのように)f特のグラフが掲載されている。理系の学生でないと、対数グラフ(目盛りが等間隔ではない、見慣れないヘンテコなグラフ)の意味はさっぱり理解できないと思われる。メーカ側では(オーディオ機器をつくる技術者にとっては)、f特グラフをカタログに記載するのが、仕様を一番適切かつ簡明に表していることである。そのくらい電気技術者にとっては基本的なことであるが、オーディオ機器の(理系ではない)一般のユーザには、製品カタログを見て(読んで)理解するには「f特を理解している」、という高いハードルがあると筆者は思う。電気製品の性能(仕様)を理解するのは大変である。

参考用語:スペクトル

速納.com