計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

DCA

読み方:

でぃーしーえー

カテゴリー:

#光測定器

(Digital Communication Analyzer)キーサイト・テクノロジー社のデジタル・コミュニケーション・アナライザの略記。広帯域オシロスコープメインフレーム。製品としては、86100D Infiniium DCA-X広帯域幅オシロスコープメインフレーム(形名は86100A/B/C/Dあり、最後のDタイプも製造中止)や83480A ディジタル・コミュニケーション・アナライザ。実態はサンプリングオシロ。2スロットあり、モジュールを挿入。当時の同社の形名8千や8万代(8xxxや8xxxx)はオシロではなく、ネットワークアナライザ(NA)やスペクトラムアナライザのようなRF/高周波製品と、光製品。代表的な形名では81xx、86xxxは光製品。85xxx、87xxはNA。DCAとは「高速のデジタル通信で使われる光(または電気)通信の波形の解析器」というネーミング。まず高速通信のアイパターン測定に使われた。TDRモジュールを装着するとTDR測定器になった(NAとは違う原理で部品の特性測定ができる)。たくさんの特定通信規格に対応したモジュールがあった(大変高額な専用品)。別名:光オシロ。モジュールのコネクタは電気だけでなく、光コネクタも多い(高速通信は光になる)。同等品はたとえばテクトロニクスのDSA8300型など。2000年代に6GHzの帯域をもつサンプリングタイプでない広帯域オシロをキーサイト・テクノロジーは発売した。それ以降帯域を伸ばす開発競争が続き、20GHz位まで開発された(2019にキーサイトは110GHzモデルを発表。約1億円/台)。このようにリアルタイム・オシロの帯域が向上したため、サンプリングオシロでアイパターンを見る必要がなくなり、DCAの需要は減り、生産中止となった。2000年頃のキーサイト・テクノロジーのショートフォーム・カタログにはオシロのページにサンプリングオシロとして、また光測定器のページに光波形解析器として、2か所に掲載されていた。

速納.com