計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

レイヤ1

読み方:

れいやわん

カテゴリー:

#伝送/交換装置用測定器 #光測定器

(layer1)
通信機能を階層構造に分割したOSI参照モデルは第1階層(物理層)〜第7階層(アプリケーション層)の7階層で規定される。第1階層(物理層)をレイヤ1(ワン)と呼ぶ。「レイヤ1計測器」(layer1 tester)はケーブルテスタOTDRIDテスタなどで、通信線路(銅線や光ファイバ)の接続状態や物理特性(導通、損失、反射などの物理的な数値)を測定する。第2階層(データリンク層)、第3階層(ネットワーク層)は「プロトコルアナライザ(プロアナ)」、「オンラインモニタ」で評価される。
つまり、レイヤ1(物理的に正しい接続がされている、損失などの物理量が規定通りであること)が確立された後に、レイヤ2(具体的な通信規約)が確立される、という具合に手順を踏んでレイヤ7(具体的に使用されるアプリケーション)までが行われることで、通信は成り立っている。すべての通信規格は階層モデルに照らし合わせて表現される。レイヤ1をL1と略記することもある。同様にレイヤ2の機能がある通信機器にL2スイッチなどがある。レイヤ1はphysical layer(フィジカルレイヤ、PHYレイヤ※)を翻訳して「物理層」と呼ばれる。レイヤ1試験のことを物理層試験とも呼ぶ。

計測器の品名からはレイヤ1テスタかプロアナかは判別しにくい例も多い。たとえば「ケーブルテスタ」という名称で、プロアナの機能があるモデルもある。計測器は品名(名称)からは機種群や機能が特定できず、他社の同等品を探し当てることが素人には難しい。ユーザの仕様に合った計測器の機種を選定する作業は、広範な計測器の知識がある専門職の仕事である。元来、計測器は素人が取り扱うことは難しいが、近年は計測器の基礎知識がないユーザが増えている(以下の参考記事「アンリツのインタビュー」が詳しい)。

(※) physical(フィジカル)は「物理的な」という意味だが、OSI参照モデルの物理層の意味ではPHY(ファイ)という表記で通信規格になっている。モバイル機器向けの規格である「MIPI(ミピー)には、物理層によって規格が異なるA-PHY(エーファイ)、D-PHY(ディーファイ)などがあり、伝送速度や伝送距離が異なる。それぞれ適した用途(A-PHYは車載ネットワークに使われるカメラやセンサなど、D-PHYはスマートフォンなどのIoT機器)で使われている。

参考用語
参考記事
計測器中古市