計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

リモートセンシング

読み方:

りもーとせんしんぐ

カテゴリー:

#その他

(remote sensing) 遠隔地にいて離れた場所の状態をセンサを使って検知する(センシングする)ことを指す。ただし分野によっては様々な意味で使われる。計測用電源をラインアップする菊水電子工業の製品総合カタログには「出力端子から電圧検出される点までの出力線による電圧降下分を補償する機能のこと」とある。また、人工衛星で地球表面を観測する意味にも使われる。「リモートセンシングとは:あらゆる物質は電磁波を受けると、それぞれの波長ごとに反射または吸収する性質を持つ。これらの性質を利用して、それぞれの物質の反射ないし放射する電磁波の波長と強さから、その物質が何であるかを推定することができる。この原理を応用して地表付近の大気、土壌などの状態を、人工衛星などに搭載されたセンサによって観測し、様々な分野に利用する技術(あるいは科学)をいう。(日本リモートセンシング学会のHP解説から要約)」。高砂製作所の用語集に以下の解説がある。電源の出力端子において出力電圧安定度が良好でも、負荷までの距離が長くなると、負荷の変動により出力ラインに電圧降下が生じ、負荷端での電圧安定度が悪化する。これを防止するため、出力電圧検出点を任意に移動できるようにしておき、実際の負荷端で出力電圧を検出するようにして、電源と負荷をつないだリード線(配線)の線間電圧降下を補償する。安定化電源の良し悪しの指標の一つにラインレギュレーション(商用電源側からの入力電圧の変動に対する出力安定度)やロードレギュレーション(出力に接続した負荷の変動に対する出力の安定度)などがあるが、せっかく高安定の電源装置を選びながら、その機能を台無しにしている場合がある。そのひとつがこの機能で、電源装置から出力された高安定の電力をできるだけ良い状態で負荷装置まで伝える機能。高砂製作所のほとんどの電源装置に標準装備され、背面などの出力端子やその近くなどでショートバーやジャンパー線などで+S,-Sなど刻印されている端子。出力配線以外にもセンシングの配線が別途必要なため、工場出荷時は封印された状態で出荷される。そのまま封印された状態で使っていたら、大変もったいない機能である。この機能は、電源装置と負荷をつなぐ線材の電圧降下を補償する機能で、負荷装置までの電圧降下は、使用する主線(リード線、導線、電線、線材とも)に依存する。

速納.com