速納.com 新品オシロ・マルチ10%OFFキャンペーン さらに、大好評ノベルティプレゼントの第4弾を開催中!!

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

テストリード

読み方:

てすとりーど

カテゴリー:

#電圧・電流・電力測定器 #回路素子測定器

デジタルマルチメータ(DMM)やLCRメータなどでDUTに接触させて、計測器につなぐ測定用のケーブルのこと。別名:テストケーブル、リード、接続リードなど。DMMではテストリードのDUT側接触部は針のように先端が尖ったピンや、DUTの端子をはさむクリップなど、種類が選べる。計測器(DMM)側の端子は埋め込み型バインディングポストが一般的(テストリード側はバナナプラグの外側にカバーがあり、計測器側のバインディングポストに差し込む)。LCRメータ(やインピーダンスアナライザ、ネットワークアナライザ)では、DUTをつまむクリップの片側が電圧端子(電圧のセンシングを行う接触部)、もう片側が電流端子になっている測定治具をテストリードと呼んでいる場合が多い(4端子法、4端子接続)。測定器の入力端子に直接、測定治具を勘合させるタイプのものをテストフィクスチャと呼び、DUTの端子線を治具に差し込んで接触させる構造になっている。LCRメータのテストリードとテストフィクスチャはDUT形状や測定条件によって使い分けられる。

~就活に役立つ~ オシロスコープ基礎 無料体験セミナー