計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

DLシリーズ

読み方:

でぃーえるしりーず

カテゴリー:

#オシロスコープ

(DL series)
横河電機(現横河計測)のデジタルオシロスコープ(オシロ)の通称(愛称)。現在のMHz~GHz帯域のオシロの主流がMSOミックスドシグナルオシロスコープ)になったため、現在はDLではなくDLM(MSOタイプのDLという意味)と称している。
1989年発表のDL1200シリーズは縦型、設置面積A4サイズ、小型・軽量なので片手で持ち運べる画期的な製品だった。同社は後発でオシロに参入したが、それまで横型(左が画面、右が操作部)だったのを上に画面、下に操作部という縦型を発明した。周波数帯域は100MHzだったが、その後150MHzのDL1500、200MHzのDL1600、500MHzのDL1700と発表した。200MHz~500MHzのモデルを揃えて、500MHzのミッドクラスユーザから100MHz以下のローエンドユーザまで広くシェアを取った。本体価格は数十万円だが、顧客が確保できた予算内に収まるようにオプション(プリンタやメモリ、解析ソフトなど)を付けて100万円以内の販売価格で横河電機の代理店が販売した。
文教向けの安価なオシロを販売していたケンウッド(現テクシオ・テクノロジー)以外の国産計測器メーカ(日立電子や岩崎通信機、パナソニックなど)はほとんどが撤退することになった。岩崎通信機はアナログオシロ時代はNo.1だったが、デジタルオシロになってからはレクロイのOEMという状態が続き、DLシリーズに対抗できる状態ではなくなった(最近は自社開発で8chモデルDS-8000シリーズを2020年に発売している)。
DLシリーズは操作性が(テクトロやキーサイト、岩通などの)従来のオシロとは異なり、ボタンの数や配置、ファンクションキーによるツリー構造の機能選択など、独自のもので、アナログオシロから脈々と続いてきたオシロの操作性を無視している面があり、通常の電気・電子技術者には取っつきにくいという感想だった。ただし、マイクロプロセッサの普及により、従来のハードウェア設計者ではなく、電気の基礎知識に疎いソフトウェア技術者が増加し、彼らがデバッグで使うには「使いやすいオシロ」として評価されることもあった。ロングメモリにこだわったこともTDSシリーズとの差別化になった。当時はロングメモリはレクロイ(現テレダイン・レクロイ)の特長だった。
DLシリーズはDL1500~DL1700の時代に横河電機の計測器事業部門の稼ぎ頭で、世界No.1オシロメーカであるテクトロニクスのTDSシリーズと日本市場で競った。だが、2000年代に1GHzモデルのDL9000シリーズで躓き、このモデル以降、GHz帯域のモデルを開発していない。DLMとなってからはDLM2000~3000、4000、5000、DLM6000などのモデルを発売したが、2000年代中頃から中国・台湾製の激安オシロが日本に上陸し、オシロの価格破壊が起きたため、DLMは以前のDL1500~1700時代のような販売数・額ではなくなった(推定)。
参考用語:汎用オシロスコープ

速納.com