計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

TDSシリーズ

読み方:

てぃーでぃーえすしりーず

カテゴリー:

#オシロスコープ

(TDS series)
電気計測器の世界でTDSといえばテクトロニクス社のデジタルオシロスコープ(オシロ)で、世界市場でシェアNo.1だった機種群のこと。1999年に発売されたTDS3000シリーズは、国産計測器メーカとして後発でオシロ市場に参入した横河電機(現横河計測)のDLシリーズ(DL1500/1600/1700など)と国内市場を二分した。TDSシリーズとDLシリーズは設計思想がまったく違い、両社にそれぞれファンがいた。TDS3000は電気・電子技術者に幅広く受け入れられた汎用オシロ(MHz帯域)の王道の標準器(スタンダード)だが、メモリは多くなく、拡張できないことが欠点だった。国内シェアはTDSシリーズがNo.1、DLシリーズがそれを猛追するNo.2と推定される。横河レンタ・リースの計測器有料トレーニングは実機としてTDS(MSO)シリーズとDL(DLM)シリーズを選択できるが、その比率から推測される。
TDS3000シリーズはTDS3000B、TDS3000Cとエンハーンス(モデルチェンジ)してメモリも増えて、DSOやMSOが主流になった時代も延命し、2019年に3シリーズMDOが発売されるまで販売された。TDS3000より安価なローエンドモデルは現在はTBS1000/2000などがあり、TDSシリーズは終焉した。
テクトロニクスのTDSの語源はTektronix Digital Scopeの略という説があるが定かではない。

他に計測の世界では、TDSというと次の2つがある。1)ひずみ測定器メーカの株式会社東京測器研究所のデータロガーの形名(TDS-150/540など)。2)東京電力系のインフラ設備・エンジニアリング企業の東京電設サービス株式会社の略記は「TDS」である。

速納.com