計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

YEW

読み方:

わいいーだぶりゅ

カテゴリー:

#その他

(Yokogawa Electric Works)
横河電機製作所(現横河電機)の略号。1983年頃まではYEWがCIだった。
現在の横河電機は、1915年に電気計器の研究所として設立し、1920年に株式会社組織として「株式会社横河電機製作所」と称した。1983年に株式会社北辰電機製作所と合併し、横河北辰電機に社名変更、1986年に横河電機株式会社に社名変更し現在に至る(同社HPより)。
1983年以前には「YEW」が企業ロゴとして表記されている製品が多かった。同社の、針が振れるアナログ式の電圧計、電流計、電力計は黒い箱型で弁当箱の愛称があった。最上部には接続端子、その下の約半分くらいが(針が振れる)表示窓で、下半分の何もない黒い箇所に大きく「YEW」と刻印してあった。大学・専門学校などの工学系の学生は黒いYEWを使い実験を行ったので、YEWは電気測定器の代表と広く認識された。
YEWは1963年(昭和38年)9月にHP(ヒューレット・パッカード)との合弁企業、YHP(横河ヒューレット・パッカード株式会社)を設立するなど、日本の計測器のトップブランドであった。ただし1975年に世界初のDCS、分散形制御システム/総合計装制御システム「CENTUM」発表するなど、横河電機はFA/IA/PAメーカ(工業計器の会社)である。1988年にはYHPから資本を引き上げ、高周波測定器(移動体通信など)に参入し、2002年には(NTTに測定器を納入する)大手通信計測器メーカの安藤電気株式会社を100%出資のグループ会社とし、有線通信測定器や半導体テスタをラインアップに加えるなど電気計測分野を拡充したが、現在はそれら全部から撤退している。2010年には測定器ビジネスを分社化し、横河メータ&インスツルメンツ株式会社(現在の横河計測株式会社)に統合するなど、今の横河電機のコアコンピタンスに従来の「電気計測」は感じられない。
現在の横河計測の電気計測器の日本市場シェアは10%以下(推定)。横河計測は大手計測器メーカの1社ではあるが、「横河」は現在ではトップブランドではなくなった。「横河」と聞いて一目置くのは、YEWを知っている高齢の電気技術者だけである。

速納.com