計測器

モーター・ドライブ・アナライザー

フルーク MDA-550

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
MDA-550 モーター・ドライブ・アナライザー フルーク

商品説明

Fluke MDA-550
モーター・ドライブ・アナライザー、4 チャンネル、500 MHz、モーター・シャフトと高調波対応

Fluke MDA-510 および MDA-550 モーター・ドライブ・アナライザーは、測定にかかる時間を節約し、複雑な測定セットアップの手間を排除するとともに、可変周波数ドライブのトラブルシューティング・プロセスを簡便化します。

テストを選択するだけで、段階を追った測定ガイドにより電圧および電流の接続部分が示され、事前に設定された測定プロファイルに従って、入力から出力、DC バス、モーターそのものまで、重要なモーター・ドライブから必要なデータをすべて獲得できます。
MDA-500 シリーズは、基本的測定から高度な測定まで対応し、内蔵のレポート生成機能により、すばやく簡単に校正前レポートと校正後レポートを確実に生成できます。

MDA-510 および MDA-550 は理想的なポータブル・モーター・ドライブ分析テスト・ツールで、インバーター式モーター・ドライブ・システムによくある問題の箇所を安全に特定し、トラブルシューティングを支援します。

•主なモーター・ドライブ・パラメーターの測定: 電圧、電流、DC バス電圧レベル、AC リップル、電圧および電流の不平衡、高調波 (MDA-550)、電圧変調、モーター・シャフト電圧放電 (MDA-550) などのパラメーターを測定。

•拡大高調波測定の実施: お使いの電源システムの低次および高次高調波の影響を特定。

•ガイドに従った測定実施: モーター・ドライブ入力、DC バス、ドライブ出力、モーター入力およびシャフト測定時に、段階を追って電圧および電流接続部を図示 (MDA-550)。

•測定セットアップの簡便化: 選択したテスト手順に基づき、事前に設定した測定プロファイルを使って自動的にデータ収集。

•すばやく簡単なレポート作成: トラブルシューティングの文書化や他の人との共同作業に最適。

•測定対象の電気パラメーターの増加: 500 MHz のオシロスコープ、メーター、記録機能を備え、産業システムの電気測定と電子測定に幅広く対応。

商品スペック

>>もっと見る

■■測定機能
▼DC 電圧 (V dc)
【10:1 または 100:1 プローブの最大電圧】 1000 V
【10:1 または 100:1 プローブの最大分解能】 1 mV
【フル・スケール読み値】 999 カウント
【4 s ~ 10 µs/div での確度】 ± (3 % + 6 カウント)
▼AC 電圧 (V ac)
【10:1 または 100:1 プローブの最大電圧】 1000 V
【10:1 または 100:1 プローブの最大分解能】 1 mV
【フル・スケール読み値】 999 カウント
【50 Hz】 ± (3 % + 10 カウント) - 0.6 %
【60 Hz】 ± (3 % + 10 カウント) - 0.4 %
【60 Hz~20 kHz】 ± (4 % + 15 カウント)
【20 kHz~1 MHz】 ± (6 % + 20 カウント)
【1 MHz~25 MHz】 ± (10 % + 20 カウント)
▼True-rms 電圧 (V ac + dc)
【10:1 または 100:1 プローブの最大電圧】 1000 V
【10:1 または 100:1 プローブの最大分解能】 1 mV
【フル・スケール読み値】 1100 カウント
【DC ~ 60 Hz】 ± (3 % + 10 カウント)
【60 Hz~20 kHz】 ± (4 % + 15 カウント)
【20 kHz~1 MHz】 ± (6 % + 20 カウント)
【1 MHz~25 MHz】 ± (10 % + 20 カウント)
▼PWM 電圧 (V pwm)
【目的】 モーター・ドライブ・インバーター出力など、パルス幅が変調された信号で測定を実行
【原理】 測定値は基本周波数の周期数全体でのサンプルの平均値に基づいて有効電圧を表示
【精度】 正弦波信号では Vac+dc
▼ピーク電圧 (V ピーク)
【モード】 最大ピーク、最小ピーク、または pk-to-pk
【10:1 または 100:1 プローブの最大電圧】 1000 V
【10:1 または 100:1 プローブの最大分解能】 10 mV
▼精度
【最大ピーク、最小ピーク】 ± 0.2 div
【ピーク・トゥ・ピーク】 ± 0.4 div
【フル・スケール読み値】 800 カウント

■■一般仕様
▼電流 (AMP)(電流クランプ使用)
【レンジ】 V ac、Vac + dc または V ピークと同じ
【スケール係数】 0.1 mV/A、1 mV/A、10 mV/A、20 mV/A、50 mV/A、100 mV/A、200 mV/A、400 mV/A
【精度】 Vac、Vac + dc または V ピークと同じ (電流クランプの確度を追加)
▼周波数 (Hz)
【範囲】 1.000 Hz~500 MHz
【フル・スケール読み値】 999 カウント
【精度】 ± (0.5 % + 2 カウント)
▼電圧/ヘルツ比 (V/Hz)
【目的】 測定した V PWM 値 (V PWM 参照) を可変速 AC モーター・ドライブの基本周波数で割った値を示す
【精度】 % Vrms + % Hz
▼電圧不平衡ドライブ入力
【目的】 位相の 1 つと 3 つの True-rms 電圧の平均との最大差 (パーセンテージ) を示す
【精度】 Vac+dc 値に基づく参考パーセンテージ
▼電圧不平衡ドライブ出力とモーター入力
【目的】 位相の 1 つと 3 つの PWM 電圧の平均との最大差 (パーセンテージ) を示す
【精度】 VPWM 値に基づく参考パーセンテージ
▼電流不平衡ドライブ入力
【目的】 位相の 1 つと 3 つの PWM 電流値の平均との最大差 (パーセンテージ) を示す
【精度】 Aac+dc 値に基づく参考パーセンテージ
▼電流不平衡ドライブ出力とモーター入力
【目的】 位相の 1 つと 3 つの PWM 電流値の平均との最大差 (パーセンテージ) を示す
【精度】 A ac 値に基づく参考パーセンテージ
▼立ち上がりおよび立ち下がり時間
【読み値】 電圧差 (dV)、時間差 (dt)、単位時間あたりの電圧変化 (dV/dt)、オーバーシュート
【精度】 オシロスコープの確度
▼高調波とスペクトル
【高調波】 DC ~ 51 次
【スペクトル範囲】 1 ~ 9 kHz、9 ~ 150 kHz (20 Mhz フィルター・オン)、最大 500 MHz (電圧変調)
▼シャフト電圧
【イベント/秒】 立ち上がりおよび立ち下り時間 (インパルス放電) 測定に基づく参考パーセンテージ
▼レポート用データのキャプチャー
【画面数】 通常 50 枚の画面をレポートに保存可能 (圧縮率により異なる)
【PC に転送】 2 GB USB スティック、mini-USB - USB ケーブル、FlukeView™ 2 for ScopeMeter™ テスト・ツールを使用可能
▼プローブ設定
【電圧プローブ】 1:1、10:1、100:1、1000:1、20:1、200:1
【電流クランプ】 0.1 mV/A、1 mV/A、10 mV/A、20 mV/A、50 mV/A、100 mV/A、200 mV/A、400 mV/A
【シャフト電圧プローブ】 1:1、10:1、100:1

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・JEMIMAと相互リンクの「デジタルオシロスコープの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事