計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート終了
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
E2941A PCI Express用ソフト・タッチ・ミッドバス・プローブ キーサイト・テクノロジー

商品説明

概要 ミッドバス・プローブは、プロトコル・テストのカバレージを広げることによってPCI Express用シリアル・プロトコル・テスタXCの機能を拡張し、時間のかかるセットアップを簡略化します。
ミッドバス・プローブを使用することにより、チップ間などのシステムの部品に対してプロトコル測定を実行できます。
このプローブを使用しないと、スロットやコネクタがなくなりアクセスすることができません。
このプローブでは、スロット/インタポーザ・プローブ・ボードまたはE2941Aミドルバス・プローブを使用した2通りの方法でE2960Aプロトコル・アナライザとPCI Expressを接続できます。
ロジック・アナライザとプロトコル・アナライザの両方で使用できるソフト・タッチ技術を利用したミッドバス・プロービング・ソリューションを提供しているのはKeysightだけです。
Keysight E2941Aミッドバス・プローブではアダプタを使用せずにプローブからプリント基板のターゲットに直接接続できるので、E2960Aプロトコル・アナライザの柔軟性が向上します。
また、この方法により、スペースに制約がある場合でも、信号ルーティングの乱れを最小限に抑えられ、高速ディジタル回路の評価が容易になります。
PCI Express用のE2941Aソフト・タッチ・ミドルバス・プローブは、信号に影響を与えることなく高速PCI Expressチップ間通信を解析することができます。
ソフト・タッチ・プローブはマイクロ・スプリングピン技術を利用することにより、プローブ・パッドを特別に洗浄したり表面仕上げたりしなくても、信号パッドへの信頼性の高い接続が可能です。

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事