技術情報・レポート

2018/01/23

ぶつからない車と測定器

自動車には、多くの安全技術が使われますが、最近、話題になることが多いのが自動ブレーキです。
衝突防止といえば、車庫入れに役立つバックソナーもあります。 自動ブレーキの障害検知方式は、大きく分けて3種類あります。

  • 画像処理で検知する(カメラ方式)
  • 電波によるレーダー(ミリ波レーダー)
  • 光によるレーダー(赤外線レーザーレーダー)

この3方式を、もう少し詳しくみていきましょう。

□「カメラ」方式
車の前方の様子を映像化して障害物を判断します。走行者や自転車まで判別できます。
雨や逆光の影響を受けやすく、夜間はヘッドライトの照射範囲のみの認識となります。
コストは比較的リーズナブルです。(スバルのアイサイトが有名です)
□「ミリ波レーダー」方式
レーダー波の照射で100m以上の広範囲を探知します。
昼夜天候に左右されず高精度な識別ができます。高速走行時も反射波により障害物を判別します。歩行者や自転車を検知しづらいです。コストは比較的高価です。
□「赤外線レーザーレーダー」方式
赤外線レーザーレーダーの反射で障害物を検知します。
検知範囲は近距離に限られます。低コストでコンパクトです。

最近ではこれらの方式を組み合わせた製品もあります。

組み合わせイメージ

Q. ぶつからない車に使われる測定器とは?

ミリ波レーダー:高周波機器
キーサイト・テクノロジー PNAシリーズ

バックソナーは超音波なので、信号の周波数は低いですが、複数のソナーが使われますので、多CH同時に測定できるレコーダが役立ちます。
日置電機 8860 メモリーハイコーダ

センサからのデータの経路を調べるためには、CAN/LIN解析機能を搭載したオシロスコープが使われます。
横河計測 DL850E スコープコーダ


他の基礎コラムはこちらから

タグ